--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年04月28日 (21:10)

Kaisetsu氏の予測

市場はギリシャ危機拡大を懸念-ポルトガルへの飛び火を受け ウォール・ストリート・ジャーナル日本

テーマ:超世界恐慌:黙示録:最終戦争と最後の 審判

Kaisetsu氏の予測の中で、以下の「EUの没 落、ヨー ロッパの危機の再来」は、2007年当時、ユーロは強く見えたので、あまりに突飛なものに見えた。しかし、リーマン・ショックで、EUが米国以上に金融商 品に依存 しているのが判明して、当然、米国以上に経済が打撃を受けるのは納得できた次第である。私見では、ユーロに統合するのではなく、二重通貨制度にすればよ かったと思う。つまり、ユーロと各国通貨の二重制度である。つまり、多重通貨制度である。ユーロが共同体通貨、各国通貨が国家通貨である。即ち、共同体 資本としてのユーロとなったのではないだろうか。そう、差異共振通貨と言ってもいいのではないだろうか。しかし、ユーロだけにしたので、同一性主義(ポス ト・モダン)通貨となってしまったと言えよう。
 とまれ、Kaisetsu氏のこの予測は正に、真に驚異的なものである。
************************
2007年海舌 予測の的中⇒EUの危機再来⇒EU: 動揺するユーロの信認 欧州株:大幅反落、ギリシャとポルトガルの格下げで
参照:

11月27日の海舌の近未来予測
近未来とは、2年から5年内外
http://blog.kaisetsu.org/?eid=609994

一、世界的に都市部に於いて土地・不動産価格が暴落する。同時に、動産価格の高騰。特に、芸術品の高騰。
二、日本の公定歩合が急激に5%を目指す。
三、株価の暴落と経済の成長の両立が可能⇒急激な円高と内需拡大⇒資産型経済モデル⇒メンテナンス社会⇒フローからストックへ
四、トランス・モダン社会へ⇒media point
五、日本の伝統美の復活
六、広範なアジア的価値の復活、アジアの伝統美の価値高騰
七、EUの没落、ヨーロッパの危機再来
八、米国の覇権拡大
九、日本円のデノミ論
十、金・銀本位制
十一、中選挙区制
『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu 
************************
市 場はギリシャ危機拡大を懸念-ポルトガルへの飛び火を受け
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 - ‎2 時間前‎
欧州の祈りもむなしく、ギリシャ債務危機がポルトガルに飛び火し、世界の主要市場で株価が下落した。欧州連合(EU)に共通通貨ユーロを守る能力があるか どうかが試されている。 スタンダード&プアーズ(S&P)はポルトガルとギリシャの格付けを引き下げた。 ...
ゴールドマン公聴会 空売りで利益、批判集中
読売新聞 - ‎4 時間前‎
【ワシントン=岡田章裕】米議会上院常任調査小委員会は27日、証券詐欺の疑いで提訴された米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)の経営陣を呼び、公 聴会を開催した。 リスクの高い証券化商品を販売して金融危機が拡大した裏側で、市場の崩壊に賭けて高い利益が ...
米議 員、ゴールドマンから悔恨の情は引き出せず
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 - ‎5 時間前‎
【ワシントン】米上院議員は27日の公聴会でゴールドマン・サックス・グループ幹部らから悔恨の情を引き出すつもりであったようだが、結局は落胆して会場 を後にした。 ゴールドマンの住宅ローン事業部門の新旧幹部に対する厳しい追及は終日続いた。上院常設調査小委員会の ...



トランス・モダン化するクラシック音楽演奏:知的構成に情感が宿る
テーマ:クラシック CD/DVD/YouTube
レディー・ガガもそうであるが、知的構成に情感(リリシズム)が宿るのである。これは、Media Pointを捉えているからである。
 もう少 し丁寧に言うと、明晰な知的表現と透明な情感が即非的に共振するのである。

追記:Vector Modeから説明できそうである。

追 記2:レディー・ガガはトランス・モダン・エポックの「出雲の阿国」である。

Wagner - Tristan und Isolde - Thielemann - 1 - Vorspiel


Wagner - Tristan und Isolde - Thielemann - 2 - Liebestod


CHRISTIAN THIELEMANN cond. Wagner's Entrance of the Guests from Tannhauser


Wagner.Tannhäuser.Overture 1.Der Venusberg


Lady Gaga - Poker Face (at Festival 2009) HQ




小沢一郎をどう見るか
テーマ:小沢一郎/民主党と日本の政治
小沢一郎の像はなかなか捉えにくい。
 最初、鳩山がロックフェラー路線で、小沢が「ロックフェラー路線」と考えた。
 田中宇氏が説く隠れ多極主義であるが、それは、モダン/ポスト・モダン路線で、今や錯乱していると思われる。結果が、隠れ多極主義に見えるのではと思 う。
 小沢一郎はどうも、ロックフェラー路線と「ロックフェラー路線」の両方に通じているように思える。だから、鳩山よりに見えたり、鳩山とは別路線にように 見えるのではないだろうか。
 思うに、権謀術数的に使い分けているのかもしれない。とまれ、鳩山政権はもうもたない。新党も胡散臭い。
 政治家がほとんど脳死状態である。とまれ、小沢が「ロックフェラー路線」ならば、オバマ大統領に通じることになる。
 そうすると、日本は中国と米国とのMedia Pointになれる可能性がある。鳩山政権の崩壊と新しい政権を小沢は米国とともに考えているのではないだろうか。

追記:つまり、鳩山政権は官僚に操られている。だから、旧自民党政権と基本的には同じであるが、欺瞞的であるために、ばらまきが途方もなく放漫になってい るのである。結局、鳩山は何も知恵がない、無能無知の人間である。空っぽ人間である。
「先生信じる」「裁判で白黒を」 起訴相当に困惑・非難
朝日新聞 - ‎54 分前‎
検察審査会の議決を受け、小沢氏の地元、岩手県の関係者は戸惑いを隠せなかった。 小沢一郎胆沢後援会の石川勘一会長は「心配といえば心配だが、まだ起訴と決まったわけではないし……」と言葉少なに語った。 後援会水沢連合会の小野寺伝会長は「小沢先生は『何ら法に触れる ...

「何もやましいことない」 小沢幹事長会見要旨
朝日新聞 - ‎1 時間前‎
民主党の小沢一郎幹事長が27日、検察審査会の議決について、党本部で記者団に語った主な内容は次の通り。 意外な結果で驚いておるところだ。昨年の3月から1年にわたって検察当局の捜査の対象になり、その結果、不正な献金はなかった、脱税とか実質的な犯罪もな かった ...

首相「党が判断も」、枝野氏「検審判断重い」
読売新聞 - ‎34 分前‎
鳩山首相は27日夕、首相官邸で記者団に、「検察審査会の判断に関してコメントすることは差し控えなければいけない。コメントすると、検察の判断に影響を 与えかねない」と審査会の議決への評価を避けた。 一方で、「党の立場からは何らかの判断がなされる可能性はある」 ...

「地元は盤石だ」…小沢氏「起訴相当」
読売新聞 - ‎18 分前‎
民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会が「起訴相当」と議決したことは、東京地検特捜部の不起訴 (嫌疑不十分)とした判断に事実上、「ノー」を突きつける形となった。 政界の最高実力者として君臨する小沢氏が今後 ...

小沢氏は開口一番「意外な結果で驚いている」
読売新聞 - ‎2 時間前‎
「意外な結果で驚いている」。27日午後7時10分から東京・永田町の民主党本部で報道陣に囲まれた小沢氏は開口一番、そう切り出すと、「不正な金は受け 取っていない」「犯罪行為があったわけではない」と繰り返し、約7分間にわたって改めて自身の「潔白」を強調した。 ...

【小沢氏「起訴相当」】批判再燃…“沈黙”守る元秘書、小沢ガールズ
MSN産経ニュース - ‎35 分前‎
「きちんと国民に説明してほしい」。民主党の小沢一郎幹事長を「起訴相当」とした検察審査会の議決を受け、街頭では小沢氏の説明責任を求める声が再燃し た。一方で、かたくなに沈黙を守る小沢氏の秘書経験者。「コメントできません」。昨夏の衆院選で民主躍進の立役者と ...

【小沢氏「起訴相当」】視点 検察は積極的な再捜査を
MSN産経ニュース - ‎41 分前‎
検察審査会が導き出した結論は「起訴相当」だった。11人の審査員の全員一致による強い意見表明で、議決には「市民目線からは許し難い」と怒りの文言が書 かれていた。 議決から数日後に公表されることが多い議決文が、議決当日に公表された点にも、決定に対する審査員ら ...

「小沢氏、議員辞職を」 議決支持相次ぐ
中国新聞 - ‎44 分前‎
小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の収支報告書虚偽記入事件で、検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決した27日、中国地方の街頭では、議決を支持す る有権者の声が相次いだ。再捜査による決着と小沢氏の議員辞職を求める声が目立った。 広島市安佐南区の大学生今井 ...

【小沢氏「起訴相当」】石川氏供述や状況証拠から“関与認定”
MSN産経ニュース - ‎1 時間前‎
民主党の小沢一郎幹事長(67)の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件。東京第5検察審査会の議決は、小沢氏と元会計事務担 当で衆院議員の石川知裕被告(36)らとの共謀を認める「起訴相当」だった。国民から選ばれた審査員は「直接証拠」 ...

小沢氏「起訴相当」と今後の民主党について
ケンミレ株式情報 - ‎51 分前‎
27日の大引け後に、検察審査会が民主党の小沢氏に「起訴相当」を議決したとのニュースが流れました。混乱する政局の最新ニュースのレポートを、『森田の 四路五動』と連動して『今日の視点』にも急遽追加いたしました。先に更新しております「本格化する3月決算」の ...
「起訴相 当」民主に危機感、くすぶる辞任論
 民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会が27日、「起訴相当」の議決をしたことについて、党 執行部は危機感を強めている。(読売新聞)
[記 事全 文]

・ <小沢幹事 長>「起訴相当」議決…民主、参院選へ動揺 - 毎日新聞(4月27日)
・ 「起訴相 当」小沢氏は説明責任を…野党攻勢 - 読売新聞(4月27日)

◇検察審査会が「起訴相当」
・ <陸山会 事件>小沢幹事長「起訴相当」の議決 検察審査会 - 毎日新聞(4月27日)
・ 小沢氏 「起訴相当」を議決=再議決なら強制起訴-陸山会規正法違反事件・検察審 - 時事通信(4月27日)
・ [動画ニュース]民 主・小沢幹事長に「起訴相当」 民主党内では「さらなる打撃になる」と衝撃走る - フジテレビ(4月27日)

◇民主党内の反応
・ 鳩山首相、 コメントせず=平野官房長官は説明促す-小沢氏「起訴相当」で - 時事通信(4月27日)
・ 渡部恒三氏 「民の声は天の声」 小沢氏「起訴相当」に苦言 - 産経新聞(4月27日)
・ 生方民主副 幹事長は「幹事長辞任」を要求 「辞めるのが第一歩」 - 産経新聞(4月27日)
・ 小沢氏周辺 が強調「幹事長の進退はない」 - 産経新聞(4月27日)

(04/28)昨年の「検察 審議会」権限強化は小沢一郎「人民裁判」が目的?
(04/27)みんなの党と 自民党が「合同街頭演説」をおこなった
(04/27)【小沢一郎人 民裁判】ネットでは「検察審査会」への恨み節が炸裂
(04/27)【小沢一郎人 民裁判】「検察審査員」経験者の証言
(04/27)ホンネ論陣 「普天間問題などどうでもいい」「基地問題より明日のメシ」
(04/27)ファルー ジャ(イラク)の住人が高遠菜穂子氏と共に沖縄を訪問した
低気温のエクスタシーbyはなゆー

スポンサーサイト

2010年01月18日 (18:56)

トランス・モダン・ジャパンへの相転移

野口悠紀雄氏の説明はそれだけをとれば明快であるが、個・差異を考えていないと思う。日本という国の経済の個・差異があるのであり、それを無視して、一律に欧米の産業構造と比較して論ずるのは、誤りである。

 野口氏は、日本では、製造業の利益の落ち込みが大きいことを指摘して、その原因として産業構造の転換が遅れたことを述べている。

 思うに、これからは、日本の産業の技術を新興国に「売る」べきなのである。産業の知識や技能の商品化や現地に技術者や製造者の出張である。

 また、国内では、食糧自給のために、農業と技術との融合を展開して、有機的農業、還元的農業を進展すべきである。

 地域都市・農業(農林水産業)共同体(地域複合共同体)を形成すべきである。都市と自然の融合こそ、目指すべきである。そのためには、資本家は地域共同体に投資や贈与をすべきである。

 思うに、地域複合共同体法を作り、税制を変革して、資金が地域共同体へ還元するようにするべきである。自然都市的地域共同体資本主義の道である。


***********************


野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む
経済危機の回復から取り残される日本、 最大の原因は製造業‥
経済危機の回復から取り残される日本、
最大の原因は製造業が抱える深刻な後遺症

 前回 、日本の製造業の利益の落ち込みが激しいことを述べた。経済危機による利益の落ち込みは全産業で見られた現象であるが、製造業がとくに大きな影響を受けたのである。

 法人企業統計 の速報値を用いて、四半期の経常利益(季節調整済み)を見ると、【図表1】のとおりだ。非製造業は、2007年頃に8兆円程度だったものが6兆円程度に落ち込んだに過ぎないのに対して、製造業は7兆円程度であったものが、1兆円程度にまで減少している。

 ところで、四半期の売上高(季節調整済み)を見ると、【図表2】に示すように、非製造業も製造業も、07年頃に比べて2割程度減少しており、大きな違いはない。「売上高は製造業も非製造業も同じような率で落ちたにもかかわらず、利益の落ち込みは製造業がはるかに激しい」というのが、重要な点である。非製造業では売上の減少にほぼ比例して利益が落ちたのに対して、製造業では売上の減少率に比べて利益の減少率が大きいのだ。

なぜ製造業の利益の落ち込みが激しいのか?

 以上で見たのは利益の額であるが、粗利益と営業利益の売上高に対する比率について、製造業と非製造業を比較してみよう(【図表3】参照)。

 非製造業においては、粗利益の売上に対する比率は、経済危機のなかでむしろ上昇しているのである。これに対して、製造業においては、粗利益の売上に対する比率は、経済危機によって急激に下落している。前回 述べたように、これが営業利益率を低下させた主要な要因だ。つまり、非製造業は、売上減に対して売上原価を比較的容易に調整できるのに対して、製造業はそうした調整が難しいということだ。

http://diamond.jp/series/noguchi_economy/10054/

http://diamond.jp/series/noguchi_economy/10054/
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。