--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年10月25日 (12:46)

ポスト・一神教としての聖霊の時代:聖霊資本主義?:聖霊自由共存エコミューンへ向けて

イタリアのフィオーレのヨアキムは、宗教の三時代説を立てて有名である。父の時代、子の時代、そして、聖霊の時代。子の時代とは、キリスト教の時代である。キリスト教の時代とは社会主義の時代ではないか。ならば、新自由主義は一神教であり、父の時代にもどったことになる。しかし、私見では、新自由主義は、過渡期である。父と子とを振り子の両極とすると、新自由主義は子から父へ揺り戻ったことになる。しかし、実はらせん的回帰である。新しい子の時代が始まる。しかし、新しい子とは、聖霊であろう。もはや、イエス・キリストがシンボルではなく、聖霊がシンボルである。聖霊とは何か。それは、共存性ということだろう。差異共存主義ということだろう。差異調和ということであり、イデア界的調和の時代である。思うに、ここにしか、新自由主義の軛から脱する突破口はないのではないだろうか。聖霊自由共存経済である。聖霊の時代。聖霊自由主義である。新新自由主義である。

p.s. ヨアキムに倣えば、新自由主義は、アンチ・キリストである。ブッシュや小泉がアンチ・キリストである。

参照
http://ameblo.jp/renshi/entry-10003700939.html
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/yoakim.htm
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%81%AE%E3%83%A8%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%A0&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&num=30&hl=ja

ヨアキム・デ・フローリス Joachim de Floris 1145ころ‐1202

イタリアの神学者,聖書釈義家,修道会創設者。イタリア名はジョアッキーノ・ダ・フィオレGioacchino da Fiore。コゼンツァに生まれ,シトー会修道士となったが,パレスティナへの旅行後フローリス (フィオレ) に聖ジョバンニ修道院を創設し,フローリス修道会を始めた。これはイタリアにのみ知られ,17 世紀には消滅した。三位一体論と聖書解釈をもとに世界史を 3 期に分け,第 1 期は律法の下に俗人の生きる〈父の国〉の時代,第 2 期はキリストの下に聖職者が霊肉の間を生きる〈子の国〉の時代,第 3 期は自由な精神の下にヌルシアのベネディクトゥス以来の修道士が生きる〈聖霊の国〉の時代とした。この第 3 期 (第三帝国 ) には〈山上の垂訓〉が厳格に守られなければならないとされる。 ヨアキムはさらに,1260 年には《ヨハネの黙示録》14 章 6 節にいう〈永遠の福音〉がなり,教会制は終わって完全な霊的教会が誕生すると預言した。著作に《旧・新約聖書の一致》《ヨハネの黙示録注解》があるが,これらが禁書とならなかったのは,歴史解釈が比喩的であり,教皇を頂点とする教会制そのものの革命を意図してはいなかったからである。 1215 年の第 4 ラテラノ公会議は彼の説を異端としたが,フランシスコ会と厳修派シトー会には迎えられた。

泉 治典
ネットで百科@Home
スポンサーサイト

2005年10月23日 (02:54)

天使とは何か:天使、妖精、スピリットとしての不連続的差異?

西洋の伝統的な文化には、天使、あるいは、天使の階層がある。これは、何だろうか。例えば、受胎告知の大天使ガブリエル。不連続的差異論から見たら何だろうか。力を意味する言葉が、そこにはある。それは、不連続的差異(複数)ではないだろうか。不連続的差異としての天使たちが、人間界に参入するのではないだろうか。これは、可能である。ここで、シルクロードの仏教壁画を想起する。天使のような天女たちの浮遊。
 妖精も不連続的差異ではないだろうか。すると、スピリット(精霊)と呼ばれたものは、不連続的差異ということになるだろう。

参考:
天使の世界
http://www.angel-sphere.com/

妖精美術館
http://www.town.kaneyama.fukushima.jp/yousei3.html

精霊
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E9%9C%8A
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。