--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年10月13日 (05:19)

『トップは非金融民間人で』 郵政新会社

『トップは非金融民間人で』 郵政新会社
官邸の人選に影響も

 郵政民営化関連法案の成立後に最大の焦点となる新会社のトップ人事について、日本経団連の奥田碩会長は十一日の会見で「利権が絡むから(金融機関出身者を充てることは)やらないほうがいい」と述べ、金融業界以外の民間から選ぶのがふさわしいとの考えを示した。奥田会長の発言は、首相官邸を中心に進められている人選に影響を与えそうだ。

 奥田会長はまた、中部国際空港や日本道路公団を例に挙げ「トップは(初めは)民間で、次はプロパーでやっている。郵政でもそういう可能性があると思う」とも指摘した。

 郵政新会社の経営陣の人選は現在、奥田会長ら財界からの協力を受けながら首相官邸主導で進められている。表向きには、来年一月に郵政公社内に発足する「経営委員会」の構成メンバーの人選だが、彼らはそのまま二〇〇七年十月に発足する持ち株会社「日本郵政」と、その傘下の四子会社の社長に移行する段取り。

 小泉純一郎首相は「経営委員会の役割は大きい。民間の仕事は経営者の優劣で大きく違う」として、経営陣は民間出身者を充てる方針を指示し、郵政民営化における「官から民へ」の最後の仕上げにする考え。

 次期経営陣の候補をめぐり、官邸周辺や財界では生田正治郵政公社総裁の続投論も含め、さまざまな民間経営者の名が挙がっている。

 民間銀行の頭取経験者の名も含まれるが、奥田発言で除外される可能性も出ている。

 首相官邸は郵政民営化関連法案の成立後、トップ候補の絞り込み作業に移り、早ければ来月にも顔ぶれを固める見通しだ。 

  (花井勝規)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kei/20051012/mng_____kei_____004.shtml
スポンサーサイト

2005年10月11日 (22:19)

改革ファシズムを止めに行こう - 銀のブログの背に乗って

改革ファシズムを止めに行こう - 銀のブログの背に乗って
テーマ:ニッポン独立宣言
世に倦む日々の著者は、明敏さをもった、戦後民主主義の擁護者であるが、しかし、アンチ・小泉は、選挙後では、負け犬の遠吠えになるだろう。発想を切り替えないといけない。
戦後日本は、利権の共産主義であったろう。これが、今問題になっているのである。もっとも小泉首相に問題がないわけではない。
しかし、この「社会主義」を清算する必要がある。それが、今回の選挙の意味だろう。ここで、アンチ・小泉は反動的になるだろう。
ポスト小泉にならないといけない。
野田聖子は可能性がある。
(その前に、安倍氏が謀反を企てる可能性はあるが。)
私はこれまで、小泉首相をゴミ炭等と呼んできたが、派閥解消という点では評価しないといけない。ここで、非礼を謝りたい。
とまれ、これ以降の問題である。
アンチでは話にならないだろう。




今度の総選挙で与党小泉政権は衆院で三分の二超の議席を占め、さらに野党民主党の翼賛転向を得て、フリーハンドで新自由主義革命を推進する合法的政治権力を得た。小泉首相と竹中平蔵はこの「構造改革の神聖権力」で、新自由主義が目的とする日本国内の二極化をさらに徹底させるべく戦後日本がこれまで達成構築してきた福祉制度の破壊に狂奔している。OECDの昨年末の報告 によれば、日本は一世帯あたりの平均所得(476万円)の半分以下しか所得のない貧困世帯の率、いわゆる貧困率が全体の15%を超えていて、この十年でニ倍近くに膨らんだ。この数字はOECD加盟27カ国中5位の数字であり、先進国の中では日本は米国に次いで二番目に貧困率の高い国となった。英国の11%よりはるかに高い。ドイツは8%だ。信じられない現実である。この恐るべき格差社会はバブル崩壊後の企業のリストラと企業のリストラを扇動した政権の新自由主義政策によって齎されたが、竹中平蔵は15%の貧困率ではまだ不満の様子で、米国に並ぶべく貧困化政策の鞭の手を緩めない。
・・・

http://critic2.exblog.jp/1384130#1384130_1
世に倦む日日

p.s. トラックバックを送ったが削除されてしまったようだ。私が言った点が相当気になるのだろう。正鵠を射ているのだろう。『世に倦む日々』氏は明敏なだけに、反動となるのはもったいないと思う。繰り返すが、アンチではなくて、ポストが問題である。Stop the Koizumiは、はっきり言って、漫画チックである。早晩ぽしゃるだろう。

2005年08月17日 (12:08)

〈不況の原因〉現在の不況は人為的なものである

「資料です。

私の直観では、小泉は、竹中を盲信しているのであり、ここに最大の問題点があると思う。以下、小野寺氏が述べていることは正しいと思う。もっとも、一番の問題は、マスコミが、きちんとした分析をせずに、大政翼賛会になったことだろう。政官財メディアの癒着が、日本をだめにしていると思う。アメリカ真理教に洗脳された、マインドコントロール国家となってしまっている。この呪縛を越えないといけない。
 それにしても、個人的には、竹中が一番ワルだと思っている。慶応大卒で、ハーヴァード大研究員の経歴、完全なエリートお坊ちゃんである。彼には民衆は、存在していない。ただ、洗脳され埋め込まれた、日本売国・亡国計画をあるだけである。また、平気で嘘をつく人格である。これが、恐ろしい。嘘は泥棒の始まりとはよくいったものだ。不誠実な、虚偽的な性格の持ち主。小泉は、能天気なお馬鹿なだけであるが、竹中は、きわめて邪悪であると思う。魂を悪魔に売った人物である。私は、彼の人生に何があったのかと思う。彼の人生を分析したい気がある。最高度のいかがわしさを感じるのである。また、あの表情、風貌も、というか、に、なにかがある。アメリカ金融の外交官である。そう、日本人ではないと思う。彼の空虚さは、彼の存在が日本にいないことから来ているように思う。つまり、傀儡、操り人形である。ウォール街真理教の前線隊長である。まだ、肝心なことを言っていないと感じる。精神病理を感じる。「精神分裂症」である。スーパー・マインドコントロール合衆国経済省日本担当大臣である。

p.s. そう、肝心なこととは、裏社会、裏組織のことである。国際金融「暴力団」が支配しているのだ。国際金融の暗黒集団。おそらく、それに脅されているのだ。恐怖の国際金融悪魔集団に睨まれているのだ。それで、亡魂なのだろう。

p.p.s. 悪魔とは、自我主義者のことである。それは、これまで、考察したように、反感から来ている。反感が発生する心の闇がある。その心の闇とは、一種の弱さ、おそらく、男性のもっている弱さから来ていると思う。メディア界の虚弱さである。他者に耐える強さが欠落している男性の弱さから来ている。フロイトはマザーコンプレクスを見たが、マザーコンプレクスは原因ではなく、結果である。この男性の本性的劣弱さについては、別に検討したい。

「竹中平蔵というガッツ石松金融大臣

<不況の原因>
○ 今現在不況なのは、小泉が、日本の企業を外資に乗っ取らせることを促進す
る法 案整備、
今まで景気回復のために役立ってきた道路公団、郵便貯金を「景気回復させな
い」た めに外資に売却してしまうからである。

○ つまり中小企業や、多くの大企業も含めて、この不況が人為的な不況である
こと
を理解していない。原因追及の番組の特番を作ればよい。
(参考 日本経済生か死かの選択・リチャードクー これを読めばわかりやす
い)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198614296/qid=1111088388/sr=8-3/ref=
sr_8_xs_ap_i3_xgl14/249-9536616-6021159

<竹中平蔵
○ たとえば、竹中平蔵氏がいる。彼は、もともと日本からハーバード大学に留
学し
ていった。米国では世界各国から来るエリートを選び、その人物に、洗脳教育を
施し
ていると聞く。つまり、「国際金融資本に、すべて任せることがよい」という洗
脳で
ある。

○ 竹中の推し進めてきた政策を振り返るとあることに気づく。それは、すべて日本
の企業を倒産させて、米国の企業に買い取らせるという結果になっている政策ばかり
であり、
しかも竹中はこれを「すばらしい」と表現している。

○ここでハーバードまで留学して、結局、「すべて国際金融資本に任せるべきだ」と
いう思想を植えつけられているとする。

<竹中の破壊の歴史>
・・・」

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/106318761?page=1#106318761
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。