--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年08月31日 (22:02)

問題提起:台風の力学について:PS理論の視点から

これも、PS理論から見ると、+iと-iとの差異共振エネルギーとして説明できないだろうか。台風の場合は、+iと-iは、例えば、南北の位置と関係するのではないだろうか。例えば、北の位置を+i、南の位置を-iとすると、両者の差異共振が台風の原点とならないだろうか。
 両者は対等であるが、Media Point において、低気圧ないしは減圧が生起すると、両者は差異共振エネルギーを形成して、1/4回転して、捩れて、渦巻が生じるのではないのか。
 また、北の位置には大陸的気圧、南の位置には太平洋的気圧を置くことができるだろう。そして、前者が優位だと台風は、東の方向に押し出され、後者が優位だと、西の方向に押し出されるのではないだろうか。
 とまれ、今は問題提起に留める。

<台風11号>房総半島に接近、関東、東北、北海道で大雨

 気象庁によると、台風11号は、31日午後4時には千葉県銚子市の南約90キロの海上にあって、1時間におよそ25キロの速さで北北東へ進んでいる。中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径60キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。台風は、これから31日夜遅くにかけて房総半島に最も近づく見込みで、その後9月1日昼過ぎにかけて東北地方の東海上を北北東に進むとみられる(毎日新聞)
[記事全文]

参考:
台風
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: メニュー , 検索
宇宙から見た台風(平成16年台風第18号 )

台風(たいふう、颱風)は、太平洋 や南シナ海 (赤道 以北、東経180度以西100度以東)で発生する熱帯低気圧 で、最大風速 (10分間平均)が34ノット (17.2m/s)以上のものを指す。

・・・・・
台風の発生と発達 [編集 ]

台風の発生メカニズム [編集 ]

台風やハリケーン・サイクロンなどの熱帯低気圧発生の機構については様々な説が唱えられてきた。熱帯 の強い日射により海面に生じた上昇気流によるという説、熱帯収束帯 (赤道前線)上に発生するという説などが出されたが、どれも不完全であった。

現在では、「偏東風波動 説」が多くの支持を集めている。南北両半球の北緯(南緯)30度付近には、赤道 で上昇して北上(南下)した空気 が上空に滞留して下降し、「亜熱帯高圧帯 」が形成される。北太平洋高気圧 もその例であるが、これらの高気圧から赤道方向に向けて吹き出した風はコリオリの力 を受けて恒常的な東風になる。これが偏東風で、この風の流れの中にうねり(波動)ができると渦度が生じ、熱帯低気圧となるという考えである。なぜ波動が出来るのかはまだはっきりしないが、実際の状況には最もよく合致した説である。

ただし、そうして発生した波動の多くは発達せずにつぶれてしまう。1万メートル以上の上層に高気圧を伴う場合には高気圧の循環による上昇気流の強化により台風に発達すると思われる。また海水の温度が26度以上であることも重要な条件であり、高温の海面から蒸発する水蒸気が放出する潜熱 が原動力になっている。

台風の発達 [編集 ]

台風の発達過程はかなり詳しくわかっている。台風の原動力は凝結に伴って発生する熱である。温暖な空気と寒冷な空気の接触等による有効位置エネルギーが変換された運動エネルギーが発達のエネルギー源になっている温帯低気圧 との大きな違いはここにある。

上昇流に伴って空気中の水蒸気は凝結し、熱(潜熱)を放出する。軽くなった空気は上昇する。すると地上付近では周囲から湿った空気が中心に向かい上昇し、さらに熱を放出しエネルギーを与える。このような条件を満たすときに台風は発達する。このような対流雲の発達の仕方をシスク(CISK、第二種の条件付不安定)という。

なお、台風が北半球で反時計周りの渦を巻くのは、風が中心に向かって進む際にコリオリの力 を受けるためである。

2個の台風が1,000Km以内にある場合、互いに干渉し合って複雑な経路をたどることがある。これを提唱者の名前をとって藤原の効果 と呼ぶ。

一般に、台風は日本の南海上で発達し日本列島に接近・上陸すると衰える傾向がある。これは、南海上では海水温が高く、上述した台風の発達に必要な要素が整っているためで、日本列島に近づくと海水温が26度未満(真夏~初秋は日本列島付近でも26度以上の場合があり、台風が衰えない場合もある)になることにより台風の発達は収束傾向になり、高緯度からの寒気の影響を受けて台風の雲も渦巻き型が崩れ、温帯低気圧の雲形へと変化する(但し、温帯低気圧に変わってから再発達する場合がある)。さらに上陸すると山脈や地上の建物などによる摩擦によって台風はエネルギーを消費し、急速に勢力が衰えるようになる。これが日本に近づく台風の特徴といえよう。

ただし例外もある。日本列島に上陸せず対馬海峡 を通過し日本海南部に入った場合、または台風が日本列島に一端上陸し、勢力が衰えた後に日本海南部へ出た場合は、暖流である対馬海流 (海水温が26度以上の場合のみ)の暖気が台風へエネルギーを供給し、且つ高緯度から上空に流れる寒気の影響を受けるために、台風は勢力が衰えるどころか再発達し、普段は台風による被害を受けにくい北海道、東北地方に甚大な被害を与える場合もある(日本海北部はリマン海流 (寒流)の影響で海水からのエネルギーが供給できないために台風自体は衰えるが、寒気の影響を受けて台風から温帯低気圧に変わった後に再発達する場合がある)。1954年の洞爺丸台風 (昭和29年台風第15号)や1991年の台風19号 (りんご台風)、2004年の台風18号 などがその例である。

台風の上陸と通過 [編集 ]

日本の気象庁の定義によれば、台風の上陸とは、台風の中心が北海道 、本州 、四国 、九州 の海岸に達することをいう。したがって、台風の中心が上記4島以外の島の海岸に至っても上陸とは言わないため、沖縄県 に台風が上陸することはない。台風の中心が、小さい島や半島を横切って、短時間で再び海上に出ることは、台風の通過と呼ばれる。

日本へのコース [編集 ]

台風が日本本土を襲う経路は様々であり、類型化は難しいが、典型的な台風として、北緯15度付近のマリアナ諸島近海で発生して西寄りに時速20キロメートル程度で進み、次第に北寄りに進路を変えて北緯25度付近、沖縄諸島の東方で転向し、北東に向けて加速しながら日本本土に達するというパターンが考えられる。台風の経路として書籍にもしばしば掲載される型であるが、実際にはこのような典型的な経路を取るものは少なく、まれには南シナ海で発生してそのまま北東進するもの、日本の南東海上から北西進するもの、あるいは狩野川台風 (昭和33年台風第22号)のように明確な転向点がなく北上するものなどもある。さらに、盛夏期で台風を流す上層の気流が弱く方向も定まらないような時期には、複雑な動きをする台風 も見られる。

日本には、平均して、毎年10個前後の台風が接近し、そのうち3個くらいが日本本土に上陸する。2004年 には10個の台風が上陸し、上陸数の記録を更新した(2004年の台風集中上陸 参照)。その一方で2008年 、2000年 、1986年 、1984年 のように台風が全く上陸しなかった年もある。

台風が日本本土に上陸するのは多くが8月から9月であり、年間平均上陸数は8月が最も多く、9月がこれに次ぐ。8月は、太平洋高気圧が日本付近を覆い、台風が接近しにくい状況ではあるが、台風発生数も最も多く、また高気圧の勢力には強弱の周期があるため、弱まって退いた時に台風が日本に接近・上陸することが多い。無論、西に進んでフィリピン・台湾・中国に上陸したり朝鮮半島方面に進むものも少なくない。7月や10月にも数年に1度程度上陸することがある。最も早い例では1956年 4月25日 に台風3号 が鹿児島県に上陸したことがあり、最も遅いものとしては、1990年11月30日に台風28号 が紀伊半島に上陸した例がある。
スポンサーサイト

2007年10月19日 (16:13)

ポスト・モダン哲学がポシャッタのは、現代科学が、不連続性の問題に取り組んでいるのに対して、脱構築

古い本であるが、吉永良正著『「複雑系」とは何か』
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E8%A4%87%E9%9B%91%E7%B3%BB%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%90%89%E6%B0%B8-%E8%89%AF%E6%AD%A3/dp/4061493280/ref=pd_bbs_2/250-6333814-7220207?ie=UTF8&s=books&qid=1192775898&sr=8-2
は入門書としていいと思う(amazonでの評価が低いのは、哲学的要素が理解できなからではないだろうか)。著者の経歴が本に生きている。京大理学部(数学専攻)および同大文学部哲学科卒業である。
 ポスト・モダン哲学がポシャッタのは、現代科学が、不連続性の問題に取り組んでいるのに対して、脱構築主義に見られるように、決定不能性や同一性主義の解体を形式主義的に、つまり、観念的に、弄んでいたからである。
 思うに、哲学の再生のためには、現代という「カオス」(カオス理論の意味で)に取り組む必要がある。ソーカル事件があったが、それは、ポスト・モダン哲学批判として、それなりの積極的意味はあっただろう。(ただし、ソーカル事件は魔女狩り的要素があるので、それは批判しなくてはならない。)
 もっとも、プラトニック・シナジー理論がすでにポスト・モダン理論を乗り越えてしまったが。

複雑系
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

複雑系(ふくざつけい complex system)とは、多数の因子または未知の因子が関係してシステム 全体(系 全体)の振る舞いが決まるシステムにおいて、それぞれの因子が相互に影響を与えるために一般的な手法(多変量解析 、回帰曲線 等)でシステムの未来の振る舞いを予測することが不可能な系を言う。

代表的な複雑系は、ウイルス の流行状況、天候 、経済 (エントロピー について熱力学第三法則 )、大規模交通(フラックス)、バタフライ効果 などが挙げられている。

これらは狭い範囲かつ短期の予測は経験的要素から不可能ではないが、その予測の裏付けをより基本的な法則 に還元して理解する(還元主義 )のは困難である。代表的なものに、パーコレーション やセル・オートマトン 、素粒子 のランダムウォークなどがある。最近では、系の自己組織化 の様子をコンピュータにプログラミングして、複雑で法則がないように思える目で見えない発達形成過程を視覚化して把握しようと試みられている。


[編集 ] 哲学的背景

複雑系は機械論 的で決定論 的であるにもかかわらず、還元主義 的なアプローチが適用できない意外な系として有名である。そのため現象を単純な法則 や原理 に落とし込むことで理解したとする、今までの科学 がとってきた基本姿勢に対し、複雑系の分野の研究姿勢はその基本的立場に関して若干の違いを持つ。複雑系の分野を貫く基本スタンスとして「複雑な現象を複雑なまま理解しようとする姿勢」を挙げることができるが、こうした立場は哲学 の世界ではホーリズム または全体論などと呼ばれている。ホーリズムとは「全体とは、部分の総和以上のなにかである」というアリストテレス の比喩的な表現に代表される、還元主義に対立する立場である。こうした議論は現在、主に哲学の一分科である科学哲学 の世界を中心に行われている。

[編集 ] 関連項目

* 決定論
* 非線形科学
* ファジィ集合論
* カオス理論
* フラクタル
* 創発
* 階層構造

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E9%9B%91%E7%B3%BB " より作成

カテゴリ : 複雑系 | 科学哲学 | 世界観 | 数学に関する記事



複雑系
molecular_ichiro さんの"リストマニア"リスト

http://www.amazon.co.jp/%E8%A4%87%E9%9B%91%E7%B3%BB/lm/1QE7B3S54GYTK/ref=cm_lmt_dtpa_f_2_rdssss0/250-6333814-7220207


複雑系理論を学びたい
seed&inspire
(TOP 100 REVIEWER) さんの"リストマニア"リスト


http://www.amazon.co.jp/%E8%A4%87%E9%9B%91%E7%B3%BB%E7%90%86%E8%AB%96%E3%82%92%E5%AD%A6%E3%81%B3%E3%81%9F%E3%81%84/lm/2ZZKW7QOG836Q/ref=cm_lmt_dtpa_f_1_rdssss0/250-6333814-7220207


複雑系 散逸構造 自己組織化
"koba-masa" さんの"リストマニア"リスト

http://www.amazon.co.jp/%E8%A4%87%E9%9B%91%E7%B3%BB-%E6%95%A3%E9%80%B8%E6%A7%8B%E9%80%A0-%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%8C%96/lm/1B04746PJDKM8/ref=cm_lmt_dtpa_f_1_rdssss0/250-6333814-7220207

2007年10月15日 (20:52)

非線形科学とプラトニック・シナジー理論:カオスとMedia Point共振相:MPカオス

蔵本由紀(よしき)氏の『非線形科学』(集英社新書)を読んだが、amazonの評価で言えば、★3であろう。3.5くらいでもいいが。
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/news/20070930ddm015070148000c.html
 内容は濃いのであるが、説明の仕方が不親切であり、やたらに専門用語を使って、難しくしているのである。専門用語の内容が充分把握できないままに、次から次へと、別の専門用語は登場するのである。
 確かに、刺激的であったが、読後の心象は、混沌としている。専門家が、他者である一般の読者を理解しないまま、書いてしまった感じである。そう、著書が誰をターゲットにしているのか、あいまいなまま書いてしまったのだろう。残念である。とまれ、色々な発想に触れられたことは感謝したい。
 混沌とした印象のまま、刺激は確かに受けたので、『「複雑系」とは何か』(吉永良正著 講談社現代新書)の未読部分を読んでみたら、明快でいい。第5章「コンピュータの中の遍歴」から読み出した( 10ページほどしか読んでいないが)が、「カオス的遍歴」という考え方が興味深かった。
 金子邦彦らの研究を提示している。「結合マップ格子Coupled Map Lattice」(CML)、そして、「大域結合マップGlobally Coupled Map」(GCM)を提唱したと述べている。後者から以下の(ほぼ)四つのクラスが判明したという。

1)コヒーレント相
2)カオス的な乱れた相
3)秩序相
4)部分秩序相

四番目の部分秩序相が興味深い。少し引用しよう。

《ホメオカオスと開放型(オープン)カオス

 しかし、部分秩序相で生成される秩序は、自己組織化という言葉から誤ってイメージされるような、静的な安定性ではない。多数の自由度をもつ弱いカオス的振動が、完全にそろうわけでもなく、かといって完全にばらばらになるわけでもなく、お互いに影響し合い、依存し合いながら、つまり多様性を保持しながらーーあるいは多様性をもつがゆえにーー大筋ではあたかも基準となる状態があって、そこから逸脱しないかのようなふるまいをする、動的な安定状態である。
 金子らはこの多様性を維持した安定性機構を「ホメオカオス homeochaos」と呼んでいる。いわゆるホメオスタシスが、理想的な静的安定性を想定し、そこから生じたゆらぎに対するゆり戻しのフィードバック機構と考えられたのに対し、ホメオカオスはそのような理想状態を仮想しなくてもいいことを教えてくれている。》p. 169

私はここを読んで、ホメオカオスが、PS理論では、Media Point共振相ないしはMedia Point共振カオスとして表現されるのではと思った。思うに、Media Point差異共振相が、敷延すると、カオスと言えるのではのではないだろうか。カオスという用語を使えば、Media Point Chaos(メディア・ポイント・カオス)ないしは、Media Chaos(メディア・カオス)となるだろう。(p.s. Mediochaosメディオカオスでもいいだろう。)
 さらに読み進めて、後でまとめて考察したい。

参考:
複雑系とは
http://www6.plala.or.jp/genky/complexity/
複雑系って何?
http://www001.upp.so-net.ne.jp/suzudo/complex.html
複雑系&数論の世界
http://www.geocities.jp/hiruhiru05/indexB.html

複雑系
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

複雑系(ふくざつけい complex system)とは、多数の因子または未知の因子が関係してシステム 全体(系 全体)の振る舞いが決まるシステムにおいて、それぞれの因子が相互に影響を与えるために一般的な手法(多変量解析 、回帰曲線 等)でシステムの未来の振る舞いを予測することが不可能な系を言う。

代表的な複雑系は、ウイルス の流行状況、天候 、経済 (エントロピー について熱力学第三法則 )、大規模交通(フラックス)、バタフライ効果 などが挙げられている。

これらは狭い範囲かつ短期の予測は経験的要素から不可能ではないが、その予測の裏付けをより基本的な法則 に還元して理解する(還元主義 )のは困難である。代表的なものに、パーコレーション やセル・オートマトン 、素粒子 のランダムウォークなどがある。最近では、系の自己組織化 の様子をコンピュータにプログラミングして、複雑で法則がないように思える目で見えない発達形成過程を視覚化して把握しようと試みられている。


[編集 ] 哲学的背景

複雑系は機械論 的で決定論 的であるにもかかわらず、還元主義 的なアプローチが適用できない意外な系として有名である。そのため現象を単純な法則 や原理 に落とし込むことで理解したとする、今までの科学 がとってきた基本姿勢に対し、複雑系の分野の研究姿勢はその基本的立場に関して若干の違いを持つ。複雑系の分野を貫く基本スタンスとして「複雑な現象を複雑なまま理解しようとする姿勢」を挙げることができるが、こうした立場は哲学 の世界ではホーリズム または全体論などと呼ばれている。ホーリズムとは「全体とは、部分の総和以上のなにかである」というアリストテレス の比喩的な表現に代表される、還元主義に対立する立場である。こうした議論は現在、主に哲学の一分科である科学哲学 の世界を中心に行われている。

[編集 ] 関連項目

* 決定論
* 非線形科学
* ファジィ集合論
* カオス理論
* フラクタル
* 創発
* 階層構造

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E9%9B%91%E7%B3%BB " より作成

カテゴリ : 複雑系 | 科学哲学 | 世界観 | 数学に関する記事

Complex system
From Wikipedia, the free encyclopedia
• Learn more about using Wikipedia for research •
Jump to: navigation , search

This article describes complex system as a type of system. For other meanings, see complex systems .

Complex system is a system comprised of interconnected simple parts, that together exhibit a high degree of complexity from which emerges a higher order behavior. Examples of complex systems include ant-hills , ants themselves, human economies , climate , nervous systems , cells and living things, including human beings, as well as modern energy or telecommunication infrastructures.

http://en.wikipedia.org/wiki/Complex_system


Complex systems
From Wikipedia, the free encyclopedia
• Ten things you may not know about images on Wikipedia •
Jump to: navigation , search

This article describes complex system as field of science . For other meanings, see complex system .

Complex systems is a subfield of a systems science or systemics , which studies the common properties of systems considered complex in the nature , society and science . It is also called complex systems theory, complexity science, study of complex systems and/or sciences of complexity. The key problems of such systems are difficulties with their formal modeling and simulation . From such perspective, in different research contexts complex systems are defined on the base of their different attributes. At present, the consensus related to one universal definition of complex system does not exist yet.

http://en.wikipedia.org/wiki/Complex_systems
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。