--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月30日 (23:59)

食のメカニズムにいて:mp変換:差異共振エネルギー(気エネルギー)と食力学

今都合により十分書けない。
問題は先に述べたように、差異共振エネルギー(気)が、食のエネルギーを取り入れて、生体形成することにある。
 気は精神的ネットワークである。それが食エネルギーと結びつくのである。思うに、多元的な差異共振情報(遺伝子)が賦活されるときに、物質的生命体(細胞)形成の力学が生まれるのである。
 作業仮説すると、気自体が物質的生命体を生み出すが、それを維持するための力学が食メカニズムではないだろうか。気だけでは、物質的生命体を維持できないのである。食力学により、気エネルギーによる物質的生命体への変換を継続させるのではないだろうか。
 言い換えると、食力学とは気エネルギーによる物質的生命体(細胞)化の作用を量的に拡大する、発展させる意義があるということではないだろうか。
 この作業仮説の視点から言えるのは、病気とは本源である気エネルギーと食力学との「共鳴」が作用していない状態と考えられる。端的に言えば、気エネルギー、即ち、差異共振エネルギーが阻害なく作用しなければ、物質的生命体(細胞)に異常が生じると考えられる。
 例えば、癌細胞とは、気エネルギーのなんらかの阻害によって形成される反生命的細胞ではないのか。この点は後で検討したい。
スポンサーサイト
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。