--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年01月03日 (00:53)

言語構造特異性とナルシシズム(鏡像同一性化)の関係について:自己同一性志向性エネルギーの自己陶酔感情負荷化:付録:言語構造形式の視覚と聴覚との相違:デリダのロゴス中心主義批判の試み:聴覚・音楽解放に向けて

『言語構造特異性とナルシシズム(鏡像同一性化)の関係について:自己同一性志向性エネルギーの自己陶酔感情負荷化:付録:言語構造形式の視覚と聴覚との相違:デリダのロゴス中心主義批判の試み:聴覚・音楽解放に向けて』

Media Point における同一性志向性は同一性形態をもつ。それが、言語構造特異性に規制される。
 丁寧に言うと、Media Point における自己同一性志向性が自己同一性形態をもつが、それが、言語構造特異性(以下、言語構造形式)によって規制・制約・規定される。
 言語構造形式とは鏡面ではないだろうか。この鏡面に自己同一性志向性が投影されて、自己同一性鏡像が生まれるのではないのか。言い換えると、自己同一性志向性が言語構造形式=鏡面に同化吸収される、あるいは、「癒着」するということではないか。
 もちろん、ここで問題にしていることは、連続的同一性の形成のことでもある。あるいは、ナルシシズムの事象である。つまり、自己同一性陶酔のことである。この陶酔の力学を明らかにしたいのである。
 ここで思考実験するが、自己同一性志向性が言語構造形式=鏡面に投影されるということは、感覚的快であるということではないか。ウィリアム・ブレイクは、エネルギーは歓喜であると述べているが、自己同一性志向性というエネルギーが言語構造形式=鏡面に投影され、同化吸収されることは感覚的快、ブレイクの認識に沿えば、感覚的歓喜ではないのか。
 この感覚的快/歓喜がナルシシズムの原因ではないだろうか。つまり、言語構造形式に制約された契機における感覚的快/歓喜が原因ではないのか。言語構造形式は既述したように同一性主義の契機であるから、そのように考えられるのである。言い換えると、自己同一性志向性エネルギーが言語構造形式=同一性主義に収斂して、自己陶酔感情に転換するということではないのか。簡約して言えば、自己同一性志向性エネルギーが言語構造形式に「癒着」して、自己陶酔感情に変換するということである。
 ここで、言語構造形式(言語構造特異性)=鏡面の自己同一性投影像は、同一主義化されたものであるが、それは、自己陶酔感情負荷されたものであるということになる。
 この視点から、以前疑問にした、「何故、視覚が同一性主義に強く関係しているのか」という問いに明確に答えることができる。言語構造形式=鏡面に投影される自己同一性像が、同一性主義の原点ないしは起点にあるということが解答である。
 それでは、聴覚はどうなのだろうか。デリダによれば、音声言語は「ロゴス中心主義」=同一性主義と結びついているということであるから、この問題は重要である。
 言語構造形式(超越論的形式)においては、エネルギーは同一性形式に閉ざされて、同一性主義化する。だから、聴覚もここにおいて同一性形式に収斂(収縮)される。しかし、視覚のような鏡面はここにはないのである。思うに、ここに聴覚が視覚とは異なる性質が存すると考えられよう。
 ここでも思考実験するが、思うに、言語構造形式の同一性主義は視覚の場合は厳格に作用するが、聴覚の場合、音声的鏡面というものがありえないために、同一性主義はいわば破綻しているのではないだろうか。つまり、いわば、穴が存しているのではないだろうか。言い換えると、Media Point は視覚のように、閉鎖されていずに、開いているということではないか。自己同一性志向性エネルギーにおいて、差異共鳴性が残響しているということではないだろうか。いわば、天のハーモニーが内包されているのではないだろうか。
 ならば、音声言語には、差異共鳴ロゴス、即ち、Media Point Logosが潜在しうるだろう。しかるに、西洋哲学史においては、音声における差異共鳴ロゴスは視覚による同一性主義の影響を被って、デリダの指摘する「ロゴス中心主義」に陥ったのではないか。
 この思考実験を作業仮説にすれば、デリダの批判は正反対になっていると考えられる。音声言語ではなく、視覚的言語(エクリチュール)が「ロゴス中心主義」を生んだのであり、それが逆に、差異共鳴ロゴスをもつ音声言語を「ロゴス中心主義」化したのであると考えられる。
 思うに、平明に解明すれば、西洋文明ないしは父権文明は視覚(同一性主義)が聴覚(差異共鳴性)を支配しているのであるから、それからの解放とは、最初に聴覚の解放が起こらねばならず、それによって、視覚も解放されて、差異共鳴化するということではないだろうか。
 だから、今日では、音楽のトランス・モダン的解放が必要であると言えよう。ウィリアム・ブレイクは束縛された芸術は束縛された体制を生むと述べていたが、それに倣って、ここでは、束縛された音楽は束縛された体制を生むと言える。日本的音楽を創造する必要があると言えよう。私的には、演歌、浪曲、謡曲、筝曲、声明(しょうみょう)他を知性化して、トランス・モダン・ジャパン・ミュージックを創造すべきではないかと思う。また、クラシック音楽で言うと、ルサンス/バロック音楽に回帰して、トランス・モダン・クラシックを創造すべきである。思えば、ニーチェの『悲劇の誕生』の初版のタイトルは『音楽の精神からの悲劇の誕生』であり、ニーチェの主旨は、音楽(ディオニュソス)から美術(アポロ)が生まれるということでもある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1017-26db78e4
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。