--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年03月04日 (02:46)

再度、同一性=物質とは何か:仮象身体と精神身体:Media Point身体と物質仮象身体

先に、同一性=物質とは仮象、マーヤーであると言ったが。そうすると、例えば、生命体の身体の臓器は物質ではないのかという疑問が直截に浮かぶのである。
 これは、キーポイントである。端的に、人間の身体とは何か、である。皮膚に包まれて、神経系、血管系、内臓系、骨格系等がある。それは、物質ではないのか。
 今日に西洋医学では、それらを物質主義的に見ているのし、それはそれなりに成果を上げている。
 しかし、それは、物質身体の視点である。これまで、私は精神身体の根源性を述べてきた。端的に言えば、例えば、肝臓であるが、それを物質身体と見るのは、同一性=物質主義の視点からであり、それは、直近の検討から言えば、仮象・幻像的なのである。それは、そう、表層身体、否、仮象身体に過ぎないのである。
 つまり、肝臓は精神身体と見るのが正しいのである。神経も、血管も、内臓も、骨格等も、精神身体と見るのが正しいのである。
 そう、先の検討から言えば、実軸ゼロ点の反映としての物質身体であり、源泉はMedia Pointの精神身体である。ということで、本件の検討は終った。端的に、身体とは、精神身体なのである。物質身体とは、同一性=物質の視点に基づく、精神身体の抽象化なのである。言い換えると、マーヤーである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1076-94e53342
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。