--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年06月10日 (19:43)

検討問題:シュタイナー批判:彼の説く「イエス・キリスト」は、アフラ・マズダーと言うべきである

今は余裕がないので、引用等できないが、シュタイナーの「精神科学」であるが、私が結局いちばん納得できないのは、宗教において、イエス・キリストを最高のものとしていることである。しかし、イエス・キリストの「霊」とは、アフラ・マズダーと彼は述べているのである。
 ならば、アフラ・マズダーの「神懸かり」としてのイエス・キリストではないだろうか。ならば、イエス・キリストと呼ぶ必要はないのであり、端的に、アフラ・マズダーであり、キリスト教ではなく、ゾロアスター教と呼ぶべきではないのか。
 ユダヤ・キリスト教とは、明らかに、+1に傾斜した宗教であり、悪神的である。しかし、これは、既述したように、物質科学を創る源泉であったのである。結局、ポスト・ユダヤ・キリスト教である。
 一神教は深い闇なのである。ゾロアスター教の視点に立つことで、すべての宗教や文明の謎が解明されるだろう。一神教はゾロアスター教の影に過ぎない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1193-8635fb22
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。