--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年07月31日 (12:32)

意識とフラクタル:後で拝読したい:Media Pointの即非性を理解しているだろうか・・・

発言複素平面が意識を作り出す(3) (0)
発言複素平面が意識を作り出す(2) (0)
発言複素平面が意識を作り出す(1) (0)
http://www.c-player.com/ad00178/message
シムダンス「四次元能」

追記:上記の(3)の「脱化石エネルギー消費文明の可能性はあるのでしょうか。それはあります。宇宙は真空で満ちているのですから、真空、即ち、イデアエネルギーをエネルギーに転嫁することが出来れば良いのです。イデアエネルギーは無尽蔵なのですから、エネルギーを保存したことになるでしょう。これなら宇宙エネルギー保存協会から表彰されること請け合いです」は私も以前考えたことがある。

追記2:以下は、PS理論の説明と言えよう。空間的には、四次元となるが、時間を入れると五次元である。問題は時間次元である。これまでの考え方から見ると、時間はエネルギーの単位ではないだろうか。三次元空間を形成する(現象させる)エネルギーを量的な単位にしたがのが、時計の時間であり、エネルギーの質が内的時間、意識の時間ではないだろうか。

[303] 四次元メガネのからくり
From: 生成門
イメージ
四次元メガネのからくり
<補完共振>

複素数は虚数と実数でつくられます。虚数でありながら、電気回路の計算では立派に役立っていますし、先端の科学の量子力学では、複素数なしには話が進まないでしょう。
http://www.c-player.com/ad00178/thread/1100083186369

追記:〈補完共振〉の「補完」という考えはどうだろうか。即非にしないと、連続化するのではないだろうか。
 とまれ、以上の説明を少し見て、+iが根源神ではないだろうか。独神である。これを神話では、処女神として捉えたのではないだろうか。
 そして、1/4回転を繰り返すことで、造化を行ったと考えられる。その点から見ると、-iは、+iの派生となる。
 とまれ、「超越神」を言うならば、+iであろう。ユダヤ教の場合、これが-iを抑圧して、⇒+1ではなく、+1になっていると思う。そして、この帰結がイエス・キリストであろう。(イエスの場合は、Media Pointが半面入るが。)
 思うに、+iの他者-iに対して、鏡面では、-iを+iにしてしまうと言えよう。ここでも、-1が生起するが、それは、⇒+1を+1に変質させると思われる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1243-563379ec
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。