--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年08月23日 (12:30)

原光+iの力(陽)と原闇-iの力(陰)の均衡点としてのMedia Point(太極点):思考実験としての⇒-1の解釈:現象闇とスプンタ・マンユ

原光+iとは「自己」・知であり、原闇-iとは「他者」・「識」(?)である。問題は、実軸領域にある。既述のように、近代合理主義(近代的自我)は、+1の同一性=物質に主体を没入させたのである。即ち、原光+iが同一性=物質+1へと没入し、原闇-iを抑圧したのである。
 思うに、原闇-iの反動がロマン主義や神秘主義(オカルト主義)だと考えられる。(ポスト・モダンもほぼこの延長上である。特にドゥルーズがそうである。)
 わかりやすくするために、原光を「光」、原闇を「闇」としよう。すると、精神・心において、この二つの「力」、「光」と「闇」が対極として拮抗しているのである。
 しかしながら、これをゾロアスター教(ないしはマニ教)的な善悪二元論と見るのは誤謬である。何故なら、そこでの善(アフラ・マズダー)とは、Media Point (太極)における超光であり、悪(アンラ・マンユ)とは+1であると考えられるからである。(因みに、善神のスプンタ・マンユは⇒-1であろう。)
 さて、近代合理主義は、数学的には虚数(虚軸)と実数(実軸)の混同による誤謬であるが、その「闇」の抑圧であるが、それは「光」の傾斜、「光」の近代合理性への傾斜によってもたらされる。即ち、同一性=物質+1に没入した「光」は、Media Point(太極点)にある「闇」を把捉できないため、抑圧するのである。没入した「光」の盲目さに拠るのである。
 そして、被抑圧の「闇」であるが、それは端的に「影」(シャドー)になると言えよう。これは「無意識」である。そして、盲目の「光」に対して、本来のMedia Point(太極点)の「力」の復権への志向性が生起するのである。(この事態が19世紀後半から20世紀初期にかけての諸理論の動機であり、また、ポスト・モダンのそれであると言えよう。)
 この「力」(太極力=差異共振力)は、同一性的「光」の支配下においては、反発となるのである。それは、本来、超越的、絶対的差異的な「力」であるために、同一性的「光」にはまったく不可解・不可知のものである。異質、不可思議なものとなるのである。
 思うに、この「力」の、いわば、「感識」(造語)があるだろう。それは、本来的には、理性や知性というよりは、直感(直観)力である。イマジネーションやヴィジョンもここから派生するだろう。あるいは、「気」「感識」である。
 ということで、近代合理主義の盲目の「光」の支配下において、「闇」ないしは「影」が無意識的に反発し、それを破壊しようとするのである。言わば、アポロ主義に対するディオニュソス主義である(ニーチェ)。
 しかしながら、反発の本来の意味はMedia Point の回復にあるのである。即ち、同一性とは不連続である「闇」の確認と「光」と「闇」の共振であるMedia Point の復権である。イデア論の復権である。
 さて、最後に用語を整理する必要がある。これまで、⇒+1を光、⇒-1を闇と述べたので、「光」(原光)と「闇」(原闇)と混乱する恐れが強いからである。そこで、⇒+1の光を現象光、⇒-1を、矛盾する言い方だが、現象闇と呼び、+iと-iこれまで通り、それぞれ、原光と原闇とし、この共振によって生起するエネルギーを超越光と呼ぼう。
 一番わかりにくいのは、⇒-1の現象闇である。それは端的に何か。それは、いわば、現象光の裏面である。メダルの表裏のように、現象の裏面にあるものである。一種、ルイス・キャロルの「鏡の国」である。Media Point において、超越光が発生し、それが、現象光となり、また、現象闇となるのである。同時生起である。
 とまれ、より具体的に言うと何なのであろうか。思うに、これは、D.H.ロレンスが述べた「暗い太陽、黒い太陽」dark sunに相当するのではないだろうか。これは、通常の「明るい太陽」light sunと対になるものであるが、役割は、思うに、先の発言と異なるが、身体的なもの、重力的なもの、大地的なものではないだろうか。ギリシア神話で言うと、ティターン神族や巨人族ではないだろうか。(「明るい太陽」は当然、オリンポスの神々となる。)そう作業仮説すると、⇒+1が「天」であり、⇒-1が「地」となる。もっとも、これは現象的にである。
 ここでゾロアスター教に返ると、⇒+1の「天」の帰結として、同一性=物質の+1が生起するが、これが、悪神アンラ・マンユであり、そして、⇒-1の「地」の帰結が善神スプンタ・マンユではないだろうか。だから、「地」の善神が「天」の悪神を否定して、原点のMedia Point (太極点)であるアフラマ・マズダーを喚起するということではないのだろうか。今はここで留める。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1264-098a02bc
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。