--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年09月12日 (15:29)

連立政権問題:世直しと世壊し:環境利権主義による産業瓦解の可能性が強い:ポスト民主党が真打ちだ

テーマ:鳩山代表と民主党

以下の記事は同感できるものである。選挙で、社民党・国民新党併せて10議席であり、民主党の308議席の約1/30=3.33・・・%である。もちろん、数量主義はいけないが、常識的に見て、そのような少ない議席の政党から大臣が生まれるのは、バランス的に不合理である。
 副大臣程度ならば納得できるのである。あくまで、民主党が主導的であり、他の政党は補完的に過ぎない。
 勘ぐると、どうも、鳩山次期政権の「温室ガス」25%削減政策から見て、国際「エコ=エゴ」利権(環境利権)に染まっているのであり、その関係から社民党の環境相のポスト要求とは既に決まっていたのではないだろうか。
 どうも、鳩山次期政権には、国際的な環境利権(Kaisetsu氏の用語では「環境ファシズム」)の黒幕が背景に圧力的に存するように感じられる。これは、ポスト・モダン的全体主義と言えよう。同一性が強固に残っているために、全体主義へと傾斜するのである。
 政治には、正に、イデア論的批判が必要である。表面は見せかけ、仮象、マーヤーであり、本体・真相・真実は隠れているのである。
 そうすると、鳩山次期政権は、確かに、トランス・モダン的志向があるものの、背後から、ポスト・モダン的環境利権が巣くっているのである。一見、世直し的であるが、環境利権によって、産業が破壊されて、建て直しどころか、瓦解となる可能性が出てきている。
 どうも鳩山氏は白と黒との混淆があるのである。これは、ポスト・モダンとトランス・モダンの混淆である。その意味では、オバマ政権と類似性をもつ。

参考:

09/12]
├社民は雇用から逃げたと海舌も感じた⇒10日の常任幹事会で雇用関係ポストの要求で一致。 but 11日朝になり重野氏は「環境相」を求めた。
http://blog.kaisetsu.org/?eid=802394

『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu


toxandoriaの日記

■米ネオコンが操った小泉・安倍・福田・麻生政権・・・その結果、危うく



国民皆保険の原則を捨てかけた日本



<注記>お手数ですが、当記事の画像は下記URLでご覧ください。



http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20090911

************************

社・国の要求、民主に不満…「鳩山政権」人事

 連立参加が決まった社民、国民新両党も、要求を強めている。

 社民党の重野幹事長は10日、鳩山氏に電話し、福島党首の入閣と、雇用関係の閣僚ポストを希望する考えを伝えた。党内では、厚生労働相や雇用対策相への起用に期待が高まっている。

 福島氏は環境相にも意欲を示しており、記者会見で「部下がいて、役所があって、きちっと腕を振るえるようにしていきたい」と語った。

 亀井代表の入閣が決まった国民新党内でも、郵政民営化の見直し実現に向け、亀井氏の総務相就任を求める声が多い。

 民主党内からは連立相手への不満も漏れている。参院幹部は「『亀井総務相』も『福島厚労相』もあり得ない。逆立ちしても、ない。我が党は衆院で308議席。社民、国民新両党は足して10議席だ。閣僚ポストをもらえるだけでも御の字だと思ってほしい」と語る。

 鳩山氏は、閣僚人事について、「首相指名後に(全閣僚を)決める」(8月31日未明の記者会見)としていたが、方針転換し、16日の特別国会での首相指名選挙前に固める考えだ。

 景気回復が遅れ、政権発足後、ただちに経済政策などにとりかかる必要が出てきたからだ。来年の参院選を視野に、子ども手当や高校の実質無償化などの財源に早くめどを付け、「実績」作りを急ぎたいとの思惑もあるようだ。(政治部 東武雄、田島大志)
(2009年9月11日06時30分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090911-OYT1T00167.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1287-db1e5977
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。