--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年09月17日 (20:12)

二一性:二つの意識の極性的一性:トランス・モダン認識とトランス・モダン社会創造

自己認識方程式は本来、二一的自己認識を意味するだろう。(あるいは、三一性)
 とまれ、二つの異質な意識が自己意識にはあることを明確にしたい。それは、+iの意識と-iの意識である。原光・「光」の意識と原闇・「闇」の意識である。
 近代合理主義ないしは近代的自我は一重の意識であり、単一的である。深層心理学等が無意識を探究したのは、必然的である。(深層心理学の失敗については既述したので、ここでは述べない。)
 端的に、「光」の意識とは、日常の意識である。しかし、「闇」の意識とは、端的に、他者の意識であると思う。これがポイントである。言い換えると、絶対的他者、超越的他者の意識である。
 「光」の意識に対して、もう一つの意識は絶対的他者・超越的他者の意識なので、「光」の意識は、それを正確に認識することがほとんど不可能に近いのである。
 しかしながら、トランス・モダン的自己にとって、この他者の認識が決定的に重要である。思うに、現代の鬱病等の蔓延の内因はここに求めることができよう。即ち、時代精神から、絶対的他者、超越的他者のエネルギーが活性化していて、「光」の意識へと「侵入」せんとしているのであるが、「光」の意識をその他者知のエネルギーを把握することができないのである。「光」には、「闇」を理解できないのである。なぜなら、両者は互いに絶対的差異であるからである。
 近代合理主義・近代的自我は、強固に自我同一性に偏執しているので(パラノイア的)、それ以外の差異、即ち、絶対的差異、絶対的他者、超越的他者を想像することすらできないのである。
 東洋的知性はこの問題への解決を少なくとも、二千年以上前から提示してきた。
 とまれ、戦後日本は、近代合理主義を金科玉条としたので、他者意識を忘却しているのである。
 思うに、二一性とは、もっとも分かりやすい例は陰陽である。陰の意識と陽の意識があることをそれを示唆しているのである。
 では、端的に、絶対的他者の意識へとアクセスするには、どうすればいいのかと考えると、有り体に言えば、身体的他者意識を肯定することである。
 比喩的に言えば、異星人を身体内に認めることである。これは、容易にできることではない。同一性自我が否定していたものが、自己における他者であるとは認めたくはないからである。
 思うに、神話において、双子や兄弟がよく出てくるが、これは、この二重意識を象徴しているものと思われる。
 しかし、双子や兄弟はあくまで比喩であり、不正確である。なぜなら、二つの意識は絶対的差異であり、不連続であるからである。切断されているのである。(ちなみに、占星術のシンボルで言えば、連続性は双魚宮が、差異共振は宝瓶宮 - 宝瓶宮)が表すだろう。)
 ということで、ある意味で二重人格性は正しいのである。しかしながら、絶対的差異としての二重人格を見なくてはならない。
 最後に鬱病問題に返ると、それは、政治経済問題であると同時に、認識的問題である。同一性近代資本主義が鬱病の外因となり、また、それと一体の近代合理主義が支配的である限り、それが内因となるのである。
 今日、トランス・モダンへの転移期において、絶対的他者を認めることが、政治経済的且つ社会文化的に絶対的に必要である。何故なら、絶対的他者を認めることが、政治経済的に、近代資本主義を乗り越える新しいトランス・モダン資本主義に導くのであり、また、社会文化的に、トランス・モダン的社会知性をもたらすからである。

参考:ニーチェに強い影響を受けた天才D. H. ロレンス独特のゾロアスター教的二元論である。「光の波」とは+iないしは⇒+1であり、「暗闇」とは、-i ないしは⇒-1である。この「暗闇」とは、実は、超越光に通じるものと考えられる。

There is the wave of light in me which seeks the darkness, which has for its goal the Source and the Beginning, for its God the Almighty Creator to Whom is all power and glory. Thither the light of the seed of man struggles and aspires into the infinite darkness, the womb of all creation.

The Phoenix 2 p. 377
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1297-5a7838d1
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。