--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年10月23日 (10:33)

近代的自我は、同一性を普遍性としているのが、最大の誤りである

同一性(物質)を普遍性とするためには、普遍性がどこかになくてはならない。
 実は、それがMedia Pointである。つまり、近代的自我(近代合理主義)とは、Media Pointを根源としながらも、それを同一性と一致させてしまう大誤謬を犯しているのである。
 言い換えると、差異共振性、ないしは、他者を同一性と一致させているのである。これが連続的同一性である。これは、+i=+1、ないしは、+i=⇒+1である。
 これが起こる原因は、+iが知性であり、言語(「ロゴス」)として、現象を捉えるからだと思われる。
 「脱構築」ないしは脱構造とは、本来、この連続性=等号から脱却することであるが、+iが+1と連続化する傾斜があるので、困難なのである。
 この連続性を切断して、+iと+1が不連続であることを確認するのが、トランス・モダン知性を形成するのに必須である。
 つまり、他者とは、-iであることを体感認識する必要があるのである。そうすれば、+1がいわば幻想、つまり、仮象であることがわかるのである。
 そして、普遍性であるが、それは、+1ではなく、-iとの即非性にあることが了解されるのである。つまり、超越的普遍性である。虚数的普遍性である。
 実数に囚われる+iにとっては、これを把握するのは、実に難しいのである。


参照:

究極の差異対立、差異共振を見据える福島瑞穂氏⇒「総資本対総労働の状況だ」
http://blog.kaisetsu.org/?eid=810156

『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1326-fc0a018c
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。