--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月19日 (16:32)

初考察:精神(心)の美、その他

1)同一性自己を+i⇒+1と考えたがそれでいいのか。やはり、(+i)*(-i)⇒+1の右辺とした方が適切である。
 思うに、左辺が無意識であり、右辺が意識である。しかし、その境界として、精神的フィルター/media pointがある。
 精神的教養とは、精神的フィルターをなんらか知覚させる文化ではないのか。しかし、近代合理主義文化においては、これが消滅して、単に、右辺の同一性主義文化に帰結するのである。
 そして、この+1が主体+iと他者-iを排除すると言えよう。つまり、同一性自己+1とは、差異的主体+iと差異的他者-iの双方を否定・排除・隠蔽していると言えよう。(ポスト・モダンで主体の解体というようなことが言われたが、それは、実は、その主体とは、同一性自己のことであるが、その結果、差異的主体まで否定してしまったと考えられる。)
 つまり、同一性自己(近代的自我)とは、同一性を実体と見ているのであり、差異である主体、差異である他者をまったく無視しているのであり、それは、妄想的であり、かつ、暴力的である。
 そして、この同一性+1がアンラ・マンユ(アーリマン)である。

追記:以上のように同一性自己を捉えると、うつ病のことがよく理解できるだろう。
 うつ病とは、近代的自我病である。つまり、同一性自己+1に執着して、差異的主体+iと差異的他者-i、つまり、真の自己、即非性(自己認識)を排除しているのである。だから、差異共振から生まれるエネルギー⇒を排除しているので、エネルギーが枯渇して、うつとなると考えられる。即ち、(+i)*(-i)⇒と+1が分裂しているが、前者が排除されているので、そのエネルギー⇒ が同一性自己+1に達しないのであるから、エネルギー枯渇、即ち、鬱状態になると考えられるのである。
 
 
2)ルシファーとは何か。これは後で考察。

3)ツェッペリンの音であるが、それは、差異共振はあるが、それが、調和ではなく、垂直性へ展開していると思われる。
 一般的に叙情性・情感性(リリシズム、センチメント)は、-iが賦活されて喚起されると考えられる。そして、-iを肯定するのである。
 しかし、ツェッペリンの場合、-iの賦活があるが、それを+1に直結させるのである。そして、+1が金属的な響きをもつのである。
 言い換えると、音楽はたいてい、虚軸上の調和をもつが、ツェッペリンの「ヘビメタ」の場合、端的に、精神的フィルターを介して、同一性・物質・身体、それも鉱物的な身体へ通じる様態をもっていると考えられる。
 一種、モダニズムであるが、物質現象的な様態をもち、その点で特異であると言えよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1357-04be6217
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。