--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年02月21日 (18:25)

「聖霊の時代」とMedia Point即非的秩序原理

テーマ:トランス・モダン社会/世界の創造・構築

フィオーレのヨアキムが聖霊の時代の到来をかつて説いた。即ち、父(ヤハウェ)の時代、子(イエス)の時代が終焉した、第3の時代として、聖霊の時代がくるという一種黙示録的歴史観である。
 聖霊とは、ps理論的に言えば、Media Pointである。ここで、虚軸と実軸が交差するのであるが、それは、先に述べたように、二重即非的秩序原理をもつのである。
 トランス・モダンとは、西洋の原理と東洋の原理が一致する時代と考えられる。しかしながら、Media Pointの即非的秩序原理こそが、もっとも精緻正確な哲学・科学的原理なのである。端的に、自然の根本原理である。

参照:以前、ほぼ一年前以下のように述べた。
2009-01-18 第五の福音書・聖霊主義・純粋差異共振主義:PS理論とトランス・モダ 編集 このエントリーを含むブックマーク CommentsAdd Star

第五の福音書 ・聖霊 主義・純粋 差異共振 主義:PS理論 とトランス ・モダン 進化

テーマ :トランス ・モダン 社会 の創造 ・構築

私は現代を「聖霊 」の時代と呼んでいるが、それの意味 するところは既述した(http://ameblo.jp/renshi/entry-10194034665.htm )が、より直観的な説明ができると思った。

 「子」の時代とは、差異共振 主義と同一性主義の分裂の時代であると言った。占星術 的文明 史から言えば、双魚宮の時代である。

 問題は、差異共振 主義と同一性主義とが水と油 で溶け合わないという事態である。近代 資本主義 は本来、前者が基礎であるにもかかわらず、後者 が支配的で、勤労者・民衆、自然 、社会 等を破壊 してきたのである。自然 合理性を同一性主義的資本家 /国家 等は理不尽 に無視してきたのである。その結果、今日 の新世界 恐慌 に帰結したのである。

 本質 は差異共振 性でありながら、同一性主義はその不合理性(端的には、狂気)によって、資本主義 の母体 を破壊 してきたのである。これが、水と油 の相克の事態である。二元 論、二項対立である。

 しかるに、今日 、同一性主義の解体 によって、近代 資本主義 が解体 して、これまで否定・排除されてきた差異共振 性が浮き上がってきたのである。それは、純粋 差異共振 主義として、発現するのである。

 それは、差異と同一性のバランス を目指すのである。そう、近代 主義における、精神 と物質 との対立がここで解決して、終焉するのである。精神 と物質 との調和 が為されるのである。これが、「聖霊 」の時代が直観的に意味 することである。これは、精神 と身体との調和 と言ってもいい。両極・対極の調和 である。これまで、近代 文化は、精神 に傾斜するか(観念 論)、物質 に傾斜するか(唯物論 )で、二元 分裂してきたのである。

 この点を説明すれば、それを超克する試みは多く為されたが、結局、未完成 であった。ポスト ・モダン 哲学 は、キルケゴール /ニーチェ 哲学 、現象学 、構造主義 を引き継いで、差異の哲学 の構築を目指したが、理論 的な不整備により、中途半端 で挫折してしまった。

 不連続的差異 論を継いだプラトニック・シナジー理論 (以下、PS理論 )は、ポスト ・モダン 哲学 の不備を乗り越えて、差異哲学 を完成したと考えられる。

 PS理論 はイデア (精神 )を主、物質 を従とする、差異を包摂した新イデア 論である。これが、上述の精神 と物質 (身体)の調和 を可能にしたと言えるのである。そう、観念 論と唯物論 の超克であり、両者の超越的包摂である。

 即ち、PS理論 が、「聖霊 」の時代の主導理論 となると考えられるのである。近代 資本主義 が終焉し(リーマン・ショック /新世界 恐慌 )、今や、トランス ・モダン 資本主義 の時代に入ったということなのである。

 精神 と物質 の両立を可能とする、精神 主導の新しい時代 、「聖霊 」の時代となったのである。PS理論 は第五の福音 である。

http://d.hatena.ne.jp/antares/20090118

参考:

フィオーレのヨアキム

 フィオーレのヨアキムは、1135年南イタリアのカンブリアで公証人の息子として生まれた。幼い頃から、幻視の才能があったというが、これは後世の創作の可能性が強い。ヴィイルヘルム2世のもとで官僚として働いた後、エルサレムへ巡礼し、この時に神より啓示を受けたと言う。後にシトー修道会に入会(この時は既に中年に達していた)。さらに、その学識の深さなどが認められ、修道院長に選ばれる。
 しかし、1180年から体験した一連の幻視から独自の歴史神学を構築するようになり、シトー会を脱会。生まれ故郷のカラブリアの人里離れたフィオーレの山中に、彼自身の厳しい修道会を設立した。
 そこで約20年間ほどの年月をかけ、著述活動を行った。
 主な著書は「旧約と新約の調和の書」、「十弦の琴」、「ヨハネ黙示録注釈」などである。
 1202年に没。「有徳の誉れ」を受けながら没したものの、著作の一部は異端として断罪された。

 さて、ヨアキムの思想とは、どのようなものだったのだろうか?
 まず重要なのは、聖書の「黙示録」に代表される象徴や寓意を、過去から現在にいたる具体的な出来事と結びつける傾向が非常に強かったことだ。
 もう一つは、これがさらに重要なのだが、後続の「千年王国思想」に大きな影響を与えたということである。
 ヨアキムは、「楽園」が、この地上に到来すると考えた、天国ではなく。それに加えて、この「楽園」が地上に出現した時、既成の権力構造、教会組織は消滅すると考えた。
 そう、これは一種の「革命思想」の根幹を造ったのである。

 ヨアキムは、人類の歴史を、「三位一体」にあてはめ、以下の3つの「段階」に分けた。

・第一段階
 三位一体の「父」の時代であり、旧約聖書の時代である。 これは「正義」の治世と呼ばれる。戒律の強調、それに立法者として、および人間への絶対的権威としての神の役割が強調される時代である。同時に、血なまぐさい旧約聖書の記述が語る通りの恐怖と隷属の時代でもある。文字通りの「神の下僕」の時代である。

・第二段階
 「子」の時代である。新約聖書の時代であり、キリストから、ヨアキムら自分達が生きている時代が、ここに相当すると考えた。これは、「法」の治世と呼ばれ、神の恩恵の時代であり、福音によって指針がもたらされ、信仰と教養の時代である。神との仲介者として、教会が重要な役割を果たす時代である。

・第三段階
 「聖霊」の時代である。来るべき未来の世界だ。「自由」の治世である。全ての人間に、神より直接、霊知がもたらされ、全人類の全てが修道士のような生活を送る。既成の権力、教会といった体制が消滅し、愛と歓喜と自由の世界になるだろう。

 ヨアキムは、このれらの「段階」を、さらに7つの「時代」に分けている。第一段階は、ユダヤ人7つの迫害によって、分けている。
 一方、第二段階は、キリスト教の7つの迫害によって分割する。この7つの迫害は、7人のアンチ・キリストによって、行われた。ヨアキムは、これらの7人を「黙示録」に出てくる獣の7つの頭に当たると解釈している。それは、すなわち、ヘロデ、ネロ、コンスタンティウス、マホメッド、ハインリヒ4世、サラディンであり、第二段階の終わりに「最大のアンチ・キリスト」が出現するという。

 ヨアキムは、この第二段階が、1200年をちょっと過ぎた辺りで終わると考えた(第一段階がアブラハムからキリストまで42世代続いたわけであるから、第二段階も同じく42世代続くと考えた)。
 この時代に「最大のアンチ・キリスト」が出現する。それは、教会の高位聖職者の中から現れ、ローマ教皇となるかもしれない(!)。そして、この最大のアンチ・キリストが打倒された後、第三段階の地上の楽園の時代が始まるのである。
 しかし、「最大のアンチ・キリスト」は、「最後の」アンチ・キリストではない。最後のアンチ・キリストは、いわゆる黙示録に出てくるマゴクの大君ゴグであり、獣の尾にあたる。
 これが、大破壊でもって悪魔の最後の抵抗を試みた後、滅ぼされる。

 このヨアキムの思想は、考え方によっては、教会にとっては大変な危険思想である。
 理想の国である「楽園」は、地上に出現する。そして、その時、教会を始めとした既成の体制は、ことごとく消滅する。さらに打倒されるべき人類の敵アンチ・キリストは、教会の中から現れる!!
 文字通りの「革命」思想である。
 事実、これは「千年王国」運動の理論的根拠に盛んに利用されることになる。
 「千年王国」運動には、様々な種類があるが、どれも「既存の教会は堕落しており、真のメシア(救世主)を迎えて、これを改革、あるいは打倒しなければならない」という点で、ほぼ一致している。
 ゆえに、このヨアキムの思想が、盛んに「千年王国」思想を唱える者達に、影響を与え、引用されたのも当然の結果ともいえる。これは、フランシスコ会の「小さき兄弟」派や、ペキン修道運動、自由心霊派などにも、つながってゆくのである。

 しかし、ここで強調しなければならないのは、ヨアキムは断じて、反教会の思想は持っていなかったことである。
 反教会を掲げる運動家達は、あきらかにヨアキムの思想を歪めていた。
 そもそも、ヨアキムは1200年の第二段階の終わりに、破壊的な大変動は起こらないと主張した。「最大のアンチ・キリスト」は、静かに現れ、虚偽と欺瞞を通して秘密裏に活動し、先に述べた尾に該当する「最後のアンチ・キリスト」の襲撃を通して、やっと公然と技を行う、という。
 さらに、ヨアキムは、第二段階の危機的状況の打開に大きな役割を果たす「真の聖なる教皇」の存在を強調していることも忘れてはならない。彼は神の加護のもと、最終の敵に対抗するための重要な説教を行うという。

 ヨアキムは、こうした「黙示録」の解釈を通じて、象徴、すなわちシンボリズムの解釈においても、大きな影響を残している。彼は、こうした象徴の解釈のため、広い視野でもって研究を実施した。「シビュラの予言書」をはじめ、占星術的な知識にまで及んだ。これらの成果をまとめた著書として「図像の書」などが、有名である。
 彼のこうした仕事は、天使の階級論や「聖四文字の名」にまで及んでいる。

 ともあれ、後世の彼の評価は、複雑だ。あの聖フランチェスコも、ヨアキムからは少なからぬ影響を受け、ロジャー・ベーコンを含めた、いわゆるフランチェスコ会学派の神学者達もヨアキムを盛んに引用する。だいぶ時代が下がったダンテの「神曲」でも、ヨアキムは天国の住人として描かれている。
 同時に教会にとって、やっかい者とされることの多かった「千年王国」運動の理論武装にも盛んに使われたわけで、教会にとっては、ある意味難しい存在でもあった。


「フィオーレのヨアキム」 バーナード・マッキン 平凡社
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/yoakim.htm
オ カ ル ト の 部 屋

ヨアキム主義
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

ヨアキム主義(ヨアキムしゅぎ)は12 世紀 のカトリック 教会に興った予言的・終末論 的な歴史思想である。シトー会 の修道院長フィオーレのヨアキム (ジョアキーノとも)が唱えた。

フィオーレのヨアキムは三位一体的構造を世界史 に当てはめ、全歴史 は三つの時代からなるとした。第一の時代は「父の時代」で、地上においては祭司と預言者 の時代であり、旧約 の時代にあたる。第二の時代は「子の時代」であり、教会の時代で、キリスト以後現在まで続いているとした。これは過渡的な時代であって、第三の時代である「聖霊の時代」によってやがて克服される。第三の時代において、世界は完成し、地上においては修道士の時代が出来する。ヨアキムの考えでは、第三の時代において現在ある教会秩序や国家などの支配関係に基づく地上的秩序は廃され、兄弟的連帯において修道士が支配する時代が来るとされる。

ヨアキムの思想は問題視され、ローマ教皇庁 からたびたび警告されたが、ヨアキムは撤回せず、ついに異端 と宣言されるに至った。ヨアキム主義は13世紀の西方異端思想に大きく影響を与えた。

ミルチア・エリアーデ は『世界宗教史』において、レッシング の『啓蒙の世紀』やシェリング、ヘーゲルなどの絶対者の三段階からなる展開などの近世ドイツ思想における精神史観にヨアキム主義の影響を指摘している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1430-878bd4a8
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。