--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月05日 (09:53)

オバマ・トランス・モダン政権:差異共振共同体的自由市場経済(自由共同体エコノミー)へ向けて

テーマ:自由共同体主義:自由主義*共同体主義

既述したように、オバマ政権はトランス・モダン政権であり、米国の伝統的な「民主主義」に回帰している。
 それは、共同体的な自由主義、自由主義的な共同体主義である。(参考:Kaisetsu氏のLiberal Communism)
 一見、大きな政府に見えるがそうではなくて、国家が共同体志向となり、アンチ共同体的同一性主義的資本主義(同一性主義的金融資本主義)を制御するのである(思うに、「規制」という用語は不適切である。制御、コントロールが正しい。)。
 だから、国家は基本的には小さくなるのである。それは、自由共同体経済(トランス・モダン・エコノミー)を形成するための管制塔になるのである。即ち、自由共同体経済の法的原理として国家が機能するようになると思われるのである。とまれ、国家共同体となり、多様な自由共同体経済が勃興するものと考えられるのである。
 
************************
米財務長官「大手金融機関への特別税、市場安定を促進」
【ワシントン=岩本昌子】ガイトナー米財務長官は4日、米上院財政委員会の公聴会に出席した。ホワイトハウスが1月に提案した資産規模500億ドル以上の大手金融機関から徴収する特別税について「金融機関がデリバティブ(金融派生商品)などのリスクの高い取引に走る傾向を抑制し、金融市場の安定を促進する」と、上院での法案可決を呼びかけた。

 特別税が導入されれば、今後10年で約900億ドルが徴収され、金融危機の際に企業救済に使った公的資金の穴埋めにあてる。対象となるのは全金融機関の1%以下のため、同長官は「地方銀行への影響はほぼない。かえって、中小金融機関の競争力を高める効果がある」と語った。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959CE2E7E2E2938DE2E7E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL

米財務長官、金融危機責任料徴収で議会の理解求める
ロイター - ‎1 時間前‎
[ワシントン 4日 ロイター] ガイトナー米財務長官は4日、上院財政委員会で証言し、大手金融機関から金融危機責任料を徴収する計画について、金融機関の行動がより慎重になるとして理解を求めた。 金融危機責任料は10年間にわたって大手金融機関に課金し、不良資産 ...
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1483-2f46531a
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。