--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月22日 (01:02)

新国富論:豊かに貧しくなるではなく、貧しく豊かになる時代

テーマ:トランス・モダン社会/世界の創造・構築

私の実家の田舎の周辺は、農村地帯であるが、道路は交通の少ないところまで鋪装されているし、また、新しい鋪装道路もいつの間にか造られている。
 また、市役所は高級ホテルのような立派な建物であるが、駅周辺にはシャッター通りがある。市議会議員の削減案は市議会で潰されたそうである。
 結局、公共投資、行政的資本主義が、役人を肥やし、民を貧しくしたのである。
 資本主義は本来、個が単位であるが、日本においては、行政主導となってしまっているのである。端的に、国家資本主義、社会主義的資本主義である。結局、これが、超大な財政赤字を生んだのである。
 そこで、発想を逆転させて、貧しくなることの勧めを説きたいのである。貧しくなることで、国富が豊かになることを説きたいのである。
 これまでは、豊かになるために、国富を貧しくしてきたのである。これは亡国路線である。
 道路建設、ダム建設、原発建設等を無くすことで、民の貧しさはほぼ同じであり、国富が豊かになるのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1494-8f261d72
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。