--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月23日 (00:20)

結局、近代とは悪魔の時代である:唯物論という悪魔主義 テーマ:ポスト近代合理主義/ポスト・モダン批判 近代とは唯物論の時代と見るのが的確である。  これは精神的現実を否定しているので、結局、自滅するのである。  いったい近代の意味は何か。端的に、物質科学・技術を発展させたことにあるだろう。  思うに、不思議なのは、物質科学・技術を発達させたのは、人間の精神である。精神から生まれたものが、精神を否定するのである。  近代主義とは倒錯以外の何ものでもない。 同一性=物質=自我中心主義からのエクソダスが一切合切である:不可視身体の解放へ テーマ:トランス・モダン社会/世界の創造・構築 父権的一神教的西洋文明がもたらした同一性=物質=自我主義の支配、これを打破することができるか否かが、現代人類の枢要な問題である。  同一性自己=自我中心主義を解体したとき、トランス・モダンの新文明が始まる。  デリダのロゴス中心主義批判とは、これを目指すべきであったが、脱構築主義は、皮相な、表面的な、観念遊戯的、思弁的批判に過ぎなかった。  脱同一性=脱物質主義=脱自我中心主義が本質である。それは、内的身体、不可視身体の解放である。  何故なら、Media Pointという不可視的身体が、同一性主義によって、抑圧されているからである。 追記:また、同一性とは、同一性的身体、物質的身体のことと見るべきである。結局、身体が根源にあるのである。

結局、近代とは悪魔の時代である:唯物論という悪魔主義


テーマ:ポスト近代合理主義/ポスト・モダン批判


近代とは唯物論の時代と見るのが的確である。
 これは精神的現実を否定しているので、結局、自滅するのである。
 いったい近代の意味は何か。端的に、物質科学・技術を発展させたことにあるだろう。
 思うに、不思議なのは、物質科学・技術を発達させたのは、人間の精神である。精神から生まれたものが、精神を否定するのである。
 近代主義とは倒錯以外の何ものでもない。


同一性=物質=自我中心主義からのエクソダスが一切合切である:不可視身体の解放へ


テーマ:トランス・モダン社会/世界の創造・構築


父権的一神教的西洋文明がもたらした同一性=物質=自我主義の支配、これを打破することができるか否かが、現代人類の枢要な問題である。
 同一性自己=自我中心主義を解体したとき、トランス・モダンの新文明が始まる。
 デリダのロゴス中心主義批判とは、これを目指すべきであったが、脱構築主義は、皮相な、表面的な、観念遊戯的、思弁的批判に過ぎなかった。
 脱同一性=脱物質主義=脱自我中心主義が本質である。それは、内的身体、不可視身体の解放である。
 何故なら、Media Pointという不可視的身体が、同一性主義によって、抑圧されているからである。

追記:また、同一性とは、同一性的身体、物質的身体のことと見るべきである。結局、身体が根源にあるのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1561-88300cca
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。