--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月04日 (09:37)

マニ教文献リンク

マニ教文献リンク
テーマ:ゾロアスター教とマニ教の「光と闇」の対立
1)

マニ教
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内 , 検索
マニ教(-きょう、 摩尼教、英 : Manichaeism)は、サーサーン朝 ペルシャ のマニ (210年 - 275年 ごろ)を開祖とする宗教 。
ユダヤ教 ・ゾロアスター教 ・キリスト教 ・グノーシス主義 などの流れを汲む。 かつてはスペイン・北アフリカから中国にかけてのユーラシア大陸で広く信仰された世界宗教 だったが、現在では消滅したとされる。マニ教は、過去に興隆したが現在では滅亡した(信者が消滅した)宗教のうちで、代表的なものである。
関連項目 [編集 ]
• マニ
• アウグスティヌス - キリスト教徒となる前はマニ教徒であった。
• グノーシス主義
• カタリ派
• ミトラ教 - マニ教と同じく一定の勢力を持っていたが消滅した宗教
外部リンク [編集 ]
• 国際マニ教学会(英語)
• マニ教 -消えた世界宗教-
• マニ教概説・序説
• 泉州歴史網-摩尼教(明教) 中国語
• 中国におけるマニ教
「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8B%E6%95%99 」より作成
カテゴリ : マニ教 | グノーシス主義 | イランの宗教 | 中国の宗教



2)
 [PAGE ] マニ教概説 Index Page
   [ART ] マニ教概説・序説
   [ART ] マニ教概説

http://www.joy.hi-ho.ne.jp/sophia7/plist.html



3)

正典『マニの基本書』  ――東方ミトラ教の正典 
正典『新約文書より』  使徒たちの教え ――『マニの基本書』の続編です。 

http://homepage2.nifty.com/Mithra/

ミトレーアム・ジャパン(ミトラ教天使七星教会)-ミトラの友のための

4)

~人生って素晴らしい!~
マニ教 についてもっと知りたいと願う貴方の為に。

http://liblib.info/keyword/%E3%83%9E%E3%83%8B%E6%95%99/

5)
マニ教(摩尼教、Manichaeism) ブログ・コミュニティ
http://philosophy.blogmura.com/tb_entry105499.html


6)

奄美のアマミちゃんお気楽ブログ:ミトラ教とマニ教(転載)
http://amamikyo.amamin.jp/e18626.html


7)
10.キリスト教の光と影 - 2. 最大のライバル「マニ教」と「グノーシス主義」 | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授
http://www.ozawa-katsuhiko.com/10christ_hikari/christ_hikari_text/christ_hikari02.html


8)
トゥルファンのマニ教遺跡
馬健 (北京大学考古文博学院博士課程)
http://dsr.nii.ac.jp/narratives/discovery/06/


9)

■ グノーシスの神話


神話10 マニ教の教説

http://gnosticthinking.nobody.jp/gnosismyth010.html


10)
チベットとペルシア 宮本神酒男 訳
第2章 ゾロアスター教と中央アジアのその他の宗教の伝来

2 吐蕃のマニ教信仰
http://nierika.web.infoseek.co.jp/tibetpersia122.htm


11)
【シナの変容】 世界宗教マニ教の東進

http://marco-germany.at.webry.info/200805/article_2.html
• 【シナの変容】 マニ教から明教へ
• (05/02)
【シナの変容】 マニ教と白蓮教
• (04/22)
【シナの変容】 弥勒殿に鎮座まします布袋様
丸幸亭老人のシナにつける薬

12)

• マニ教の宇宙図が日本にあった 2011-01-24 19:40

マニ教「宇宙図」国内に 世界初確認 - 中日新聞3世紀に誕生し、善悪二元論を教義として世界的な宗教に発展しながらも滅びたマニ教の宇宙観を描いたとみられる絵画が国内に存在することが、京都 大の吉田豊教授(文献言語学)らの調査で分かった。「10層の天と8層の大地からな・・・<br />Japonesian Trans-Apocalypse:Trans-Modern New Platonic Trans-Creation <br /><br /><br />マニ教はPS理論的であり、ゾロアスター教は西洋的二項対立的である<br />テーマ:ゾロアスター教とマニ教の「光と闇」の対立 <br /><br />マニ教は、非常に誤解されてきた「宗教」だと思う。学問的にも、マニ教的善悪二元論と言われるが、それは、ゾロアスター教に相応しい考えである、マニ教本来ではないと考えられる。<br /> マニ教は正に、陰陽的発想をしているのであり、実に、東洋的である。<br /> 後で、ゾロアスター教とマニ教との関係の考察を行ないたい。<br /><br />第二章 ■四■ マニ教と薔薇十字会のクリスティアン・ローゼンクロイツ ③<br /> <br /> (三)シュタイナーが語ったマニ教の本質<br /> <br /> マニの教えは、光神に闇の神が反抗するという経緯を語っており、その意味では先にご紹介したミトラ神話に類似しています。<br /> <br /> しかし、シュタイナーはマニ教ではこの世の起源は光の国の霊が自らの国の一部を取って、闇の物質の国に混ぜたことに起因するとしています。そ して、この光の国の霊が闇の中に光を混ぜたことは、闇の国の悪霊にとっては、光の国を侵略しようとしたことによって生じた「マイナスのカルマを清算する目 的」を兼ねているというのです。<br /> <br /> それによって、闇の世界は、その中に絶えず自分を消耗し、自分を破壊する芽を担うことになり、それに伴って生と死が生じたのだとしています。そして、人類はその闇を克服するために、光の国から善悪が混ぜられた国に送られる存在となったわけです。<br /> <br /> このことからマニ教では、 「光の一部が悪の中に入ることによって、闇の国は光の国によって罰せられるのではなく、むしろ寛大さによって征服されるべきである」 という洞察がなされたのだとシュタイナーは捉えています。つまり、人間においても「善者は悪を追放するのではなく、寛大さによって悪そのものを克服してしまうべきである」ということになります。<br /> <br /> 例えば、シュタイナーは、こうした悪の寛容について次のようにも述べています。<br /> 「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』に目を向けてみましょう。この絵を前にすると、地球の意識を目のあたりにしているようです。この絵にはキリストが描かれています。『最後の晩餐』の意味を理解するために、マタイ福音書の次の言葉を思い出しましょう。<br /><br /> <br /> 『供犠の死を避けて通ろうと思えば、私に全ての天使の長を呼び寄せられないこ とがあろうか。』(第二十六章・五十六)このとき、キリストが受け取ることができたものは断念されたのです。キリスト・イエスは断念を通して、裏切り者ユ ダを自分の領域に入らせました。ユダの中に見ることのできるものをイエスの中に見るとき、私たちは宇宙進化の中で供犠を断念した、断念を本性とする存在の 似姿を見なければなりません。<br /><br /> <br /> ―――神々が太陽紀に断念を通じて敵対者(アーリマン)を生起させたように、 キリストはユダを使徒に加えていなければ避けられた死を、諦念のうちに受け入れるのです。断念という行為が繰り返されるのです。キリストは十二使徒ととも にあり、十二使徒の一人ユダが裏切り者として立ち上がるのです。<br /> <br /> あたかも、宇宙の諸力への反逆者の出現のようにです。人類の進化にとって非常に価値のあるものを導入するために、キリストは自らの敵対者を作る必要があったのです。」 (薔薇十字会の神智学)<br /> <br /> このように、マニの教えは悪に屈するのではなく、キリストがユダの裏切りを断念し受入れたように、悪を寛容し受け入れることによって悪を克服することを意図していたのです。<br /> <br /> では、キリストが敵対者を作り、悪を受入れることによって導入することができる 「人類の進化にとって非常に価値のあるもの」 と は何でしょうか。それは、神の光という恩恵を受けながらも、悪によって個我に自由を与えられ、その自由の中で悪に対する寛大さ、つまり「愛」と「赦し」を 学ぶことであるはずです。同時に、悪を克服して「愛」と「赦し」を獲得できるまで人間が無制限に悪に落ち込まないようにするためにカルマの法則があるとい えます。<br /> <br /> シュタイナーは次のようにも述べています。<br /> 「自由がなければ、愛の行為が崇高な在り方を示すことはできません。無条件的に衝動に従 わねばならない存在は、まさにそれに従って生きています。勝手なことを行うことのできる存在にとって、従わねばなぬ衝動はただ愛だけなのです。自由と愛 は、互いに結び合うことのできる両極です。<br /> <br /> 私たちの宇宙の中で愛が成就すべきであるなら、それは自由を通してのみ、すなわちルツィフィル(ルシファー)を通してのみ可能なのです。そして同時にまた、人間の救済者であり、ルツィフィルの克服者でもあるキリストを通してのみ、可能なのです。」 (霊的宇宙論・進化の目標)<br /><br /> そうして、人間は善悪、正邪、美醜、真偽といった多様性を保持しながらも、自らの意志によって善悪を理解するようになり、自分の意志で善を愛し、道徳を重んじるようになり、最終的には善悪を超越した存在としての「大愛」なる神に近づいてゆくのだと捉えることができます。<br /> <br /> それでは、悪とは何なのかと問うならば、シュタイナーは悪に対する認識を次のようにも語っています。<br /> <br /> 「ある時には非常に優れた善であるところのものが、さらに自己を保持し続けるならば、それは硬化したものになり、進歩を妨害することで善に反抗し、疑いもなく悪になってしまいます。<br /> <br /> たとえば、月紀の指導的な諸力が、その活動を排他的に行なうならば、その諸力は、その後の発展にも介入し、そのことによって地球紀の発展の中で、悪を現すことにちがいないのです。<br /> <br /> そのように、悪は神的なるもの以外の何ものでもありません。なぜなら、場違いな時の悪は、かつての時代においては、完全なるもの、神的なるものの表現であったものだからです。」<br /> <br /> ここで「月紀の指導的な諸力が、その活動を排他的に行なうならば……」というのは、月紀において運動霊ディナミスが、天上の戦いによって太陽と月の霊に分裂したことを示しています。<br />(本ブログ:シュタイナーを読みために ・ シュタイナーの哲学体系【B】進化から逸脱したヒエラルキアを参照)。<br /> <br /> これによって、月紀には進化から取り残された霊が出現し、その霊が地球紀のレムリア時代から堕天使ルシファーという悪魔の働きをするようになったのです。同様にアーリマンも、太陽紀において堕天使となった存在なのです。<br /> <br /> 一方、霊界物語十三巻の「モノログ」には、 「仁慈無限なる神様の方より、天 地間の万物を御覧になった時は、一さいの神人禽獣虫魚草木にいたるまで、一として善ならざるはなく、愛ならざるはないのであります。ただ、人間としての行 為の上において、誤解より生ずる諸多の罪悪が不知不識のあいだに発生しそれが邪気となり、天地間を汚濁し曇らせ、みづから神をけがし道を破り、自業自得的に災禍を招くにいたるものであります。」 としています<br /> <br />  そう考えることができるなら、ディナミス(運動霊)以上のヒエラルキアにとっては、こうした悪的存在は人間の個我を成長させ、愛と赦しによって真の自由を獲得させるための存在であり、究極的には至善至愛の神意が秘められているともいえるのです。<br /> <br /> それは、第一章で取り上げた素盞鳴尊の多様性が善であることをも意味しているはずなのです。王仁三郎は、昭和十九年三月に、 「神は偽悪だ。悪に見せて大善をなす。」と語ったといいますが、この言葉もこうした洞察によるものから発せられたのかもしれません。<br /> <br /> 実際、シュタイナーも神と悪の存在について、次のようにも語っているのです。<br /> 「神々が断念していなかったらなら、ルツィフィル(ルシファー)は神々に反逆することができなかったでしょう。――中略――<br /> <br />  悪の原因は悪魔の中にではなく、神の中にあるのです。神が断念を行うことによって初めて、悪を世界にもたらす霊が出現したのです。――中略――<br /> <br /> 神々は悪を斥けませんでした。悪のみが自由を与えることができるのです。神々 が悪を斥けていたなら、世界は単調な、変化に乏しいものになっていたでしょう。自由を賦与するために、神々は世界に悪を出現させねばなりませんでした。そ して、悪を再び善に戻す力を獲得しなければなりませんでした。この力は断念によってのみ得られるです。」 (薔薇十字会の神智学)<br /> <br /> そして、シュタイナーは、黙示録の講義の中で、マニについて次のように語っています。<br /> 「いつか偉大な教育の課題を解決するために、このような教えによって魂の準備をされた者たちが、マニ教という精神の方向の弟子たちです。<br /> <br /> マニ教は普通は誤って理解されています。マニ教について聞いたり、読んだりすると、紋切り型の話しを聞くことになります。マニ教徒たちは世界の初めから善と悪という二つの原理があったと信じていた、というのです。そうではありません。<br /> <br /> マニ教は未来において、悪を善に変えるためのものであり、マニ教の弟子たち は、将来の受肉において、その課題をなしとげることができるのです。マニはくりかえし地上に受肉する高次の人物であり、悪を改心させるために存在する人々 の指導者なのです。人類の偉大な導師たちのことを語るとき、悪の改心という課題を担ったこの人物のことも考えねばなりません。<br /> <br /> 現在では、霊的なことがわずかしか理解されていないので、マニの原則は背後に引っ込んでいますが、精神生活に対する理解が深まれば、この偉大なマニ教原則は多くの弟子たちを獲得していくでしょう。」 (黙示録の秘密)<br /> <br /> この講義では、後アトランティス時代から、次の第六根幹人類期に移行するまでの間、霊的に善人が道徳性に貫かれ、悪人が内面的悪を外的な容貌として露呈させる時代が到来するとも語られています。<br /> <br /> さらに、マニとその弟子たちに代表される者たちは、この時代に「悪を善に改心させるための準備」をしている存在であるとしているのです。こう したシュタイナーのマニに関する洞察は、霊界物語の中で善と悪が繰り広げる一連のストーリーを連想させます。実際、霊界物語では神の教えを人々に伝える宣 伝使の言葉は、悪を善に変えるために改心を即すのです。<br /> http://blogs.yahoo.co.jp/sakimorikeikan/63365673.html<br />地球の救い方・・・R.シュタイナーの人智学に学ぶ <br /><br />シュタイナーのマニ教解説が興味深い:光を悪に混ぜて、寛大さによって悪を克服する<br />テーマ:ゾロアスター教とマニ教の「光と闇」の対立 <br />主権者国民と利権複合体の死闘が続く <br />私たちはいま、主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘のさなかにある。    2009年8月の総選挙で大勝利を獲得し、日本の歴史上初めて民衆の力による民衆のための政権が樹立された。    しかし、既得権益を維持しようとする利権複合体=悪徳ペンタゴンの抵抗はすさまじく、民主党に入り込んだ悪徳ペンタゴン勢力は昨年6月2日に反動クーデ ターを挙行し、主権者国民政権を破壊し、対米隷属の悪徳ペンタゴン政権を再樹立してしまった。    ウィキリークスが暴露したキャンベル米国務次官補による昨年2月3日のワシントンへの報告は、米国が小沢-鳩山ラインを切り捨て、菅-岡田ラインに乗り 換えるというもので、日本の政変の黒幕が米国であることを裏付けた。    小沢一郎氏を攻撃するための政治謀略が挙行され、まさ... <br />» 続きを読む <br />植草一秀の『知られざる真実』 <br /><br /><br />第二章 ■四■ マニ教と薔薇十字会のクリスティアン・ローゼンクロイツ ③ <br />このことからマニ教では、 「光の一部が悪の中に入ることによって、闇の国は光の国によって罰せられるのではなく、むしろ寛大さによって征服されるべきである」 という洞察がなされたのだとシュタイナーは捉えています。つまり、人間においても「善者は悪を追放するのではなく、寛大さによって悪そのものを克服してしまうべきである」ということになります。 <br /><br /><br />http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/http://blogs.yahoo.co.jp/sakimorikeikan/63365673.html <br /><br />地球の救い方・・・R.シュタイナーの人智学に学ぶ <br /><br /><div class=
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1663-9780f18d
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。