--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月02日 (20:45)

世の人の極め付けの愚かさは自分が生まれる以前、死んだ以降のことを考えないことだ:この世主義者

テーマ:マニ教とPS理論:光と闇の陰陽双極子

世人は、自分が生まれる前は何であったか、考えたことがあるのだろうか。あるいは、死んだ以降どうなるのかということを。
 もし、自己がこの世だけの存在ならば、いったい、誕生前は何であったのか自問すべきである。
 無から有、そして、有から無?
物質界に染まった人間は、物質界を越える視野をもたない。
 明らかに、精神は超越界、光の世界に所属する。それが、物質界という闇に包まれているのだ。
 この闇の支配が近代文明を生んだと言える。悪魔アーリマンの仕業である。
 物質界に支配されているので、「死」を恐れるのである。しかし、本体は、精神界=光の国(ウルトラマンみたいだ。光の王国と言うべきである。)に属するのである。
 そう、「わたし」は精神界=光の国から生まれ、そして、そこへと帰還するのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1688-f96db637
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。