--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月06日 (23:51)

福島第一原発破局は西洋文明、父権制、物質主義(唯物論)の終焉の烽火だ

テーマ:アイオーン・エポック:母権霊的ルネサンス

父権主義とはそもそも狂気なのである。それは、PS理論の自己認識方程式凸i*凹i⇒凸(+1)に提示されている。
 本来、差異共立(陰陽)であるものが、連続的同一性的転換(精神的フィルターあるいはmedia point transformation)によって、物質化、自我化されるのである。
 この物質化・自我化が父権主義の帰結なのであり、それは、源泉の差異共立(母権)を忘失しているので、錯誤状態に陥っているのである(仏教では無明むみょう)。
 また、単に、錯誤状態だけではなく、凸iに傾斜しているので、他者凹iに対して、意味なく、優越(同時に劣等感)を覚えるのであり、その点で、優越妄想を形成しているのである。
 いったい、凸iの傾斜、自我主義の意味とは何なのか。それは、既述したように、物質世界の形成であり、同時に、『個』の自覚である。
 差異共立が同一性自己=自我(物質的自己)となり、人間は疎外を覚えるのである。
 そう、物質的自己(自我)になることで、本来の差異共立(MP1)が芽生えるのである。
 自我から『個』への覚醒である。そして、この『個』とは、他者にほかならないのである。つまり、『個』において、共同主義が発生するのである。『個』即『他者』である。
 思うに、『個』的共同体であるが、『個』的共一主義と言ってもいいだろう。
 この共一主義とは、D. H. ロレンスの言うコスモス主義である。ここでは、差異共立体としてのコスモスがあるのである。
 それは、人間認識図では、第三象限である。
 今はここで留める。


参照:人間認識図
人間認識図

Japonesian Apocalypse:DAWN OF AEON EPOCH:
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1691-e763b831
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。