--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年08月06日 (08:40)

There is the Unseen World inside the Seen World.

今日は東京に用のあった日だった。
 仕事の帰り、午後7時前頃、交差点で見た空に神秘を感じた。最近は神秘を特に感じない生活をしたが。
 とまれ、西空に神秘を感じたし、また、全体に神秘を。
 途中。

追記:後で説明したいが、簡単に言うと、目に見える世界(現象界)以外に、the unseen, dark worldがあるということを直感したということである。
 その不可視の世界こそが本当であり、可視世界は単なる仮象に過ぎない。物質的仮象世界に過ぎない。

追記2:以前述べたが、言うならば、ガウス立体を構想したくなる。即ち、垂直の軸が平面を貫くものである。
 z軸が直交軸で、x軸とy軸による平面を貫くのである。z軸は精神軸(霊軸)であり、xy平面は物質平面(現象平面、仮象平面)である。

凸i*凹i⇒(x^2+y^2)^1/2⇒+1

後で検討。

追記3:二次元空間と三次元空間の問題:以前、三次元とは二次元に時間ないしエネルギーが加わったものではないかと述べことがあるだろう。
 つまり、立体とは平面の時間的展開ということになる。ならば、現象界とは平面の時間的展開空間となる。
 しかしながら、現象界、可視界において、虚軸界が不可視である。あるいは、media pointが。さらにはマイナスの世界が。⇒+1の⇒の先端と+1の世界が現象界で、光に拠る可視界である。
 しかし、⇒の起点、media point、-1は不可視界である。D. H. ロレンス的に言えば、dark God, dark sun、darkness, the unseenの世界である。当然、近代はこの世界を排除したのである。超感覚的世界。
 また、ロレンスはコスモスを「暗い」薔薇と喩えていた。それは、⇒と言えよう。それが不可視の薔薇宇宙なのだろう。
 結局、近代は+1を知るのみで、⇒+1を理解しなかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1719-9095851a
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。