--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年09月03日 (18:29)

検討問題:核融合や生体内原子転換をPS理論で解明する

テーマ:科学研究

生体内原子転換や(常温)核融合についてであるが、直観では、PS理論で解明できると思うのであるが、今は漠然と予見を書く。
 
〔i1*(-i1)〕*〔i2*(-i2)*・・・・・〔in*(-in)〕⇒+1(?)

最も単純化して、

〔i*(-i)〕*〔i*(-i)〕⇒+1

を考えよう。これは以下の参照から陽子-陽子連鎖反応に相当する。
 わかりやすくするため、序数化しよう。

〔i1*(-i1)〕*〔i2*(-i2)〕⇒+1      (A)

そして、変形する。

〔i1*(-i2)〕*〔i2*(-i1)〕⇒+1  (B)       

これは、最初の陽子と二番目の陽子が、+と-で牽引した状態を意味する。つまり、核融合である。そして、A式とB式は異なるということである。
 AからBへの転換において、二つの陽子が重水素になるとき、陽子の固有エネルギーが奪われて、陽電子とニュートリノを放出すると思われる。つまり、陽子の結合エネルギーが核融合で解体されて、陽電子とニュートリノとして放出されたというように考えることができるだろう。
 この核融合であるが、通常、高エネルギー状態でなされるとして、実験されているが、常温核融合や生体内原子転換を考えると、高エネルギー状態は必要ではないということになる。
 PS理論から言えば、media point同士の融合があればいいのである。そう、同一性(物質体)の力を解体する差異共振エネルギーがあればいいというように思われる。
 直観では、なんらかの方法で、二つの陽子を十分接近させれば、同一性力を解体して、差異共振である核融合、ないしは、生体内原子転換はなされると思われるのである。
 今は予備考察のみである。
 
 


参照:
陽子-陽子連鎖反応 [編集 ]

次の、軽水素(陽子、p)どうしが直接反応する水素核融合を、陽子-陽子連鎖反応 、p-pチェインなどと呼ぶ。太陽で主に起こっている核融合反応である。

(1) p + p → 2H + e+ + νe

2つの陽子が融合して、重水素 となり陽電子 とニュートリノ が放出される。

(2) 2H + p → 3He + γ

重水素と陽子が融合してヘリウム3が生成され、ガンマ線 としてエネルギーが放出される

(3) 3He + 3He → 4He + p + p

ヘリウム3とヘリウム3が融合してヘリウム4 が生成され、陽子 が放出される。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E6%A0%B8%E8%9E%8D%E5%90%88

参照2:

原子核融合
原子転換:Biological transmutation

プロ整体師を目指すなら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1729-56820611
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。