--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年07月08日 (18:25)

他者について:その1:陰・凹iは他者、陽・凸iは自己である

正しい画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11297462986.html


他者について:その1:陰・凹iは他者、陽・凸iは自己である

テーマ:他者とは何か:Otherness

本件については既に何度も検討したが、まだ、すっきりとしないので、新たに考察を行ないたい。なお、これからもさらに検討するだろうことは予想できる。
 すっきりしないのは、他我が陰・凹iであり、不連続化によって、他者となるという点である。
 MP(media point)には、超越界である太極からの霊愛ないしは陰陽均衡作用が存する。
 思うに、MPが陰陽の原点ではないだろうか。つまり、そこから、陰・凹iと陽・凸iの対極が形成されるのではないだろうか。
 つまり、霊愛であるMPは一方では、陰・凹iであり、他方では、陽・凸iであるということになる。
 しかしながら、対極が形成されると、根源のMPが一般には埋没されるように考えられる。つまり、陽・凸iである内界ないしは自我と陰・凹iである外界ないしは他我・対象の二元論化が形成されて、一元であったMPが抑圧されるのではないだろうか。
 そして、人間は自我傾斜があるので、自我のもつ同一性原理を他我の差異・多様性に覆って、同一性世界を形成すると考えられる。これは、言語/物質/貨幣的世界である。
 この覆いは言い換えると、連続的同一性である。では、連続性とは力学的にどういう事象なのか。
 それは、不連続的差異論のときに明らかになったように、陰・凹iに陽・凸iが自己を押し付けて、同一化することである。
 そう、差異・他者である陰・凹iを陽・凸iの自我同一性に一致させることである。
 これは、境界であるMPが排除されて、陰・凹iと陽・凸iが直に接触する事態となり、その接点で、陽・凸iである自我が陰・凹iである他者・差異に自己を強制するのである。
 これは、暴力である。哲学的には、否定である。即ち、

陽・凸i×(-陰・凹i)=-1

となると考えられる。-陰・凹iの-とは、否定の意味である。
 つまり、連続性ないしは連続的同一性とは、-1を帰結するのであり、それは、利己主義と言うこともできる。
 しかしながら、単に、利己主義だけでなく、唯物論的合理主義もそれを意味すると考えられる。物質科学の真理は-1であると考えられる。言い換えると、唯物科学は利己主義と合致するのである。
 さて、以上のように考察すると、本稿の問題の解明がされたと言えよう。「すっきりしないのは、他我が陰・凹iであり、不連続化によって、他者となるとい う点である。」と上述した問題点であるが、結局、陰・凹i自体が他者・差異であるということになる。他我・対象ではないのである。陰・凹iが他我・対象と なるのは、自我的同一性の視点からである。
 また、そうならば、陽・凸iを自我と呼んでいいのかと疑問が生じる。端的に、自己でいいのではないだろうか。それが自我になるのは、MPが抑圧・排除された場合である。つまり、連続性、連続的同一性が生じる場合である。
 また、差異であるが、陰・凹iだけが差異でなく、陽・凸iも差異であるから、他者・差異という表記は間違いである。
 結局、

陰・凹i=他者

陽・凸i=自己

陰・凹iと陽・凸i、両者とも差異(絶対的差異)である。

ということになる。



    <無双PS原理ガウス平面>

  陰・凹i(-i)・光子:「天」:他者:空間形式
              |
              |
              |
              |
              |
-1________MP________+1
無機物          |           有機体・生命体
              |
              |
              |
              |
  陽・凸i(i)・重力子:「地」:自己:時間形式

尚、従来の象限を当てはめると、第一象限が自然・宇宙空間であり、第四象限が自然・宇宙時間であり、第二象限は唯物科学、物質科学の世界であり、第三象限は自我・利己主義・悪魔/悪霊の世界である。
 ところで、シュタイナーは悪魔をアーリマンとルシファーに分けているが、前者は第二象限に、後者は第三象限に存するのではないだろうか。これは検討課題である。

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11291604855.html





超無双PS哲科学から無双PS原理へ

テーマ:無双PS原理

無双原理・易―「マクロビオティック」の原点/サンマーク出版


¥1,680
Amazon.co.jp

桜沢如一(ゆきかず)氏の無双原理を包摂する仮説として、超無双PS哲科学を唱えたが、考えてみると、超無双は無意味である。無双とは、太極、対極一元 論、極性的一元論、「不二(ふに)一元論」等を意味するからで、ただ、無双原理を包摂するものとして、超を付けたが、そうだとしても、超は不要である。故 に、超を取り、無双PS学と変名したい。尚、学は、哲学、科学等を統一する原理として用いる。もちろん、仮説であるが。

追記:学という言葉は座りがわるいので、原理としたい。即ち、無双PS原理となる。


  陰・凹i(-i)・光子:「天」:他我・対象:空間形式
              |
              |
              |
              |
              |
-1________MP________+1
無機物          |           有機体・生命体
              |
              |
              |
              |
  陽・凸i(i)・重力子:「地」:自我:時間形式


        無双PS原理的ガウス平面

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11291604855.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1838-24c0a063
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。