--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年07月13日 (06:58)

個とは何か:太極・MP・霊愛的陰陽均衡点に個が存する:個とは他者と自己の陰陽均衡である

正確な画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11301206319.html

テーマ:他者とは何か:Otherness

私はかつて、PS理論の段階では、個とは他者であると述べてきた。即ち、陰・凹iが他者であり、それが個であると直観し、そう述べたのである。
 しかし、今や、ポスト・PS理論である、無双PS原理の視点から見ると、それが誤りであったと考えられるのである。
 もっとも、PS理論と無双PS原理では、陰陽の捉え方が異なるのである。即ち、前者における陰・凹iは、後者における陽・凸iなのである。そう、両者では、陰陽の把握が正反対なのである。
 だから、前者において、個とは他者であるという意味合いは、後者的視点では、違ってくるのである。
 少し説明しよう。前者において、個とは他者であるというテーゼは、不連続化した様態における肚を他者とした上での主張であった。不連続化した肚(そのときは、陰であったが)が、他者であり、それが個であるということであった。それは非自我化された肚=他者=個ということであった。
 これを、無双PS原理の視点から解明すると、PS理論における他者とは、陽・凸i・自己に相当するのである。連続化、ないしは、連続的同一性化された自己、即ち、自我ではない。
 陽・凸i・自己を他者を呼ぶのは、まったく不合理である。無双PS原理(略して、PPPあるいは3P、トリプルP)では、他者は陰・凹iである。
 結局、PS理論において、MPのもつ太極性=一元性を把握していなかったので、そのような不合理な考えになったと言える。
 そのように考えると、新たに、個とは何であるのか的確に理解されるようになるのである。
 即ち、太極=MP=霊愛的陰陽均衡点に立つ、陰・凹i・他者と陽・凸i・自己との均衡・バランスが個であるということである。言い換えると、個とは、他者と自己との陰陽均衡であるということになる。
 これで個を定義できた。
 
参考:
党よりも、組織よりも大事な事がある。 「日本人」の研究! H.24/07/09
■日本人の研究

京野公子衆議院議員の決意!
「党よりも、組織よりも大事な事がある。それは、自分が体を張って受け止めた生活者の声である」


『文殊菩薩(ブログ版)』


< 無双PS原理「逆」ガウス平面>

  陰・凹i(-i)・光子:「天」:他者:空間形式
              |
              |
              |
              |
              |
-1_____太極・MP・母権______+1
無機物          |           有機体・生命体
              |
              |
              |
              |
陽・凸i(i)・重力子:「地」:自己:時間形式:父権
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1842-890741f9
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。