--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月06日 (01:50)

キリストの愛とプラトンのエロース:美と他者

テーマ:無双陰陽原理/トランス・サイエンス

プラトンのエロース(恋慕)とキリストの愛:無双陰陽原理の気的身体理性:プラトン・ネオルネサンス
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11505093121.html

先に以上で、キリストの愛を批判し、プラトンのエロースを肯定した。
 短絡的な判断だと今思う。キリストの愛は他者の問題が全面にあると思う。それに対して、プラトンのエロースは美が全面にある。
 他者は無双陰陽原理では、陰である。プラトンのエロースは、他者の美、陰の美を問題にするのであり、他者自体ではない。もっとも、究極的には他者の肯定へと帰結するのであるが。
 キリストの愛は当然ながら、エロースではない。返って、アンチ・エロースである。つまり、表面的には、キリストの愛とプラトンのエロースは齟齬を来すのである。
 二つの「愛」の衝突があるのである。これは、人生の矛盾である。
 しかし、今ふと思ったが、キリストの愛の上に、プラトンのエロースを載せることはできるのではないか。
 他者肯定的エロースである。キリスト的エロースである。
 今はここで留める。

追記:詩人ヘルダーリンが、キリストとパン神の融合を詩で述べていたと思う。これは、キリスト的エロースになるのではないだろうか。問題は、キリストをベースにすることである。
 ところで、聖霊の問題であるが、それは、根源のイデアと一致するのではないだろうか。しかしながら、問題は微妙である。エロースとイデアと一致させることはできるのか。できないだろうか。後で検討したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1943-57a436c2
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。