--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年07月23日 (11:48)

太陰は太差であり、太一ではない:太コスモスと現コスモス:太陰と陽と物質の関係

テーマ:太陰イデア論:太陰プラトニズム

これまでの検討で、大根源である太陰が一(いつ)の世界ではなく、差異の世界であることがわかったことは大きい。
 それ以前、太陰に当たるものを太一と呼んだが、それは、大根源に一の世界を見るものであり、一神教的である。
 それは、間違いであると考える。だから、太陰は太差(太差異)の世界と言えるのである。
 そう、今、プラトンの『ティマイオス』の宇宙論を想起したが、コーラと呼ばれるものは太陰・太差に関係するだろう。思うに、原コーラがあり、それが太陰・太差だと思う。コーラは、同一性が生じてから、後ろ向きしたとき、現われる視点だと思う。
 とまれ、プラトンの同一性は、太陰イデア論(太差イデア論とも呼べる)では、陽に当たるものである。(思うに、陽理という言葉を造語してもいいかもしれない。)
 さて、私は今、陽(陽理)を問題にしたい。
 陽は同一性体(個体・個物・同一性・球)である。思うに、内部に気がある。問題は、表面、外面である。あるいは、外部である。
 明快にするために、陽を生命球と呼ぼう。
 この生命球の内部には、気、太陰・太差がある。内在超越界(内越界と造語しよう)である。
 生命球の球面が陽である。ここには、同一性原理が働いている。物質三次元の原理が働いているし、また、それに合う時間原理もはたらいている。
 つまり、現象界原理がはたらいているということである。
 さて、生命球であるが、外殻はいわゆる物質体であると思われる。本来、生命球ないし生命球体における外殻であり、生命球の一部・部分としての外殻物質である。
 そして、先に触れたように、生命球の内部・内在の生命知エネルギー=太陰エネルギーが消滅して、外殻物質が残存して、純粋物質、今日、物質と呼ばれるものが生起すると考えるのである。
 思うに、生命知エネルギー(気)は、陽化、陽理化して、同一性物質体を形成するしか言えないだろう。簡単に言えば、陽化・陽理化=同一性化=物質化である。もっとも、生命物質体化である。そして、内部には、生命知エネルギー=気が存しているということである。
 そして、陽化=物質化であるが、それは、いわゆる、極性化であると思われる。思うに、初期は、単極磁石のようなものなのだろう。
 しかし、直観に即せば、陽化=物質化=極性化によって、なんらかのプラスマイナスが生起するように思えるのである。
 私は初期力として、電気のイメージが強いが、磁気の方が有力なようである。
 直観として、磁気の方はイメージしやすいだろう。
 問題は、生命球は生命知エネルギーを内在した生命物質エネルギー体であることであり、単なる物質ではないということである。
 単なる物質、純粋物質ならば、磁気や電気や電磁波等が問題になるのであり、生命形態形成は問題にならない。生命情報が欠けるということである。
 ここで、用語の問題を出そう。エネルギーを活能としよう。すると、生命知エネルギーは生命知活能(生命活能でいいのかもしれない)となる。
 思うに、生命知活能において、先に述べた、平面と天地軸の三次元が問題になるのだろう。螺旋生命物質体の問題である。
 ここで、3本の軸の一つが特化されて、天地軸になると思われるのである。それは同時に時間軸ではないだろうか。
 とまれ、天地軸は磁性化されるのではないだろうか。
 生命知活能が磁性化されるのではないだろうか。あるいは極性化されるのではないだろうか。(ここでは、単極磁石の問題はおいておく。)
 つまり、生命球化は極性化であり、いわゆる、陰陽極性(プラスとマイナス、NとS:正確に言えば、物質極性である)が生じるのではないのか。
 思うに、量子とは、生命球における根本の太陰ー陽の力学と陽化における物質極性との関係における事象のことであるように思える。
 つまり、内越的な太陰ー陽と外部的な生命物質体との関係における事象を扱う為の仮説のように思えるのである。
 しかし、内越的な太陰ー陽の活能(気、気活能)を認めていないので、真の統一原理が得られていないと思われるのである。
 簡単に言えば、内越事象と外部事象の境界事象を扱っているのであるが、前者を否定しているので、フィクション的になっているのが、量子概念だと思う。
 太陰イデア論から見れば、明らかに、内越事象と外面事象は不連続である。ここには質的な不連続な飛躍があると考えられるのである。
 気、シュタイナーのエーテル体を想定すれば、量子力学は飛躍、進化すると考えられる。それは、超量子論、超物理学、超自然科学となるだろう。
 さて、以上で生命球の極性化と言ったが、そこで、いわゆる、原子が誕生するのである。問題は、単極磁石の問題である。単極磁石と極性物質の関係については稿を改めて論じたい。

ティマイオス - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/ティマイオス - キャッシュ - 類似ページ
ティマイオス』(希: Τίμαιος、羅: Timaeus)は、古代ギリシアの哲学者プラトンの後期
対話篇の1つであり、また、そこに登場する人物の名称。 ... プラトンは、『ティマイオス』と
未完の『クリティアス』、未筆の『ヘルモクラテス』を三部作として構想していたという。

1.
負の質量数十gの単極磁石=霊魂が離脱する死の瞬間、体重はその分 ...
ameblo.jp/allahakbar231/entry-11554741989.html - キャッシュ
2013年6月18日 ... フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター
佐野千遥教授-Ameba ロシアの ... 佐野千遙は従来から、単なる物理的物体と違って
生命体は負の質量の単極磁石を生命として持っている為に、必要に ...
2.
地磁気はN極、S極別々の単極磁石!ロシア科学アカデミー・スミルノフ ...
ameblo.jp/allahakbar231/entry-11232715281.html - キャッシュ
地磁気はN極、S極別々の単極磁石!ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派:ドクター
佐野千遥教授. 2012-04-25 00:58:06 テーマ:ブログ. ロシア科学アカデミー・スミルノフ
物理学派論文審査員:フリーエージェント大学総長・ドクター佐野千遥教授. 2012年3 ...
3.
佐野千遥博士による「ソマチット=物理的生命体=単極磁石」は科学 ...
ameblo.jp/allahakbar231/entry-11429135900.html - キャッシュ
2012年12月17日 ... フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター
佐野千遥教授-Ameba ロシアの ... これに対し佐野千遥の提唱する「宇宙唯一の素粒子
=単極磁石」なる素粒子論は全物理学(更には全科学)の構造と ...
4.
当初単一な巨大な太陽だった宇宙のフラクタル分割説の厳密科学的根拠 ...
ameblo.jp/allahakbar231/entry-11384771107.html - キャッシュ
2012年10月21日 ... フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター
佐野千遥教授-Ameba ロシアの有名人・佐野 ... 当初単一な巨大な太陽だった宇宙の
フラクタル分割説の厳密科学的根拠、単極磁石存在証明:Dr佐野千遥.
5.
地球不滅亡。然るに次元上昇=佐野千遥反エントロピー負質量単極磁石 ...
ameblo.jp/allahakbar231/entry-11431120352.html - キャッシュ
2012年12月20日 ... フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター
佐野千遥教授-Ameba ロシアの ... 3)「正統派」現代物理学全体系の体系的誤りを透視
して体系的に批判し尽し、負の質量を持つ単極磁石=唯一素粒子論 ...
6.
大量の未使用脳細胞は単極磁石群として既作動中!ロシア科学 ...
ameblo.jp/allahakbar231/entry-11410033541.html - キャッシュ
2012年11月21日 ... フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター
佐野千遥教授-Ameba ロシアの ... 実際ロシアのシャクパロノフの実験では、双極永久
磁石と違って単極永久磁石を作るにはキューリー温度まで上げての ...
7.
知られざる磁気の厳密科学 (2)!ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派 ...
ameblo.jp/allahakbar231/entry-11282539367.html - キャッシュ
2012年6月20日 ... フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター
佐野千遥教授-Ameba ロシアの ... 単極磁石論が封印されていたために電磁気
エネルギーはその座を従来、化石燃料や危険極まりない原子力にゆずってき ...
8.
TweetBuzz - 佐野千遥博士による「ソマチット=物理的生命体=単極磁石 ...
mb.tweetbuzz.jp/entry/516704352903959 - キャッシュ
○佐野千遥博士による「ソマチット=物理的生命体=単極磁石」は科学における世界史的
大発見!!|フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター
佐野千遥教授. 1tweets ameblo.jp^allahakbar231. ソマチット=物理的生命体=単極
磁石 ...
9.
飄(つむじ風): 「いま知って欲しいこと」 井出治
hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/11/post_9bf4.html - キャッシュ
2012年11月11日 ... 要するに、磁石による磁気力がエネルギー根底だ。それが宇宙には充満している。それ
を引き込めば良いだけだというのが、フリーエネルギーの存在理由である。 真空は、S極
単極磁石とN極単極磁石で充満した空間だ。SとNが対となって、 ...
10.
飄(つむじ風): フリーエネルギー - 飄(つむじ風) - Blogzine ブログ人
hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/cat12206385/ - キャッシュ
単極磁石がその根底だという、佐野千遙博士の見解は実に面白い。 単極 ... と言うこと
は、フリーでエージェント(代理業)出来る時代が出現している。誰でも志 ... 【転載開始】
フリーエージェント・ビジネスを説く与沢翼氏はベンチャー企業間の物々交換を主張する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/1988-27a99158
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。