--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月04日 (01:29)

氣と日光:太陽とは何ぞ哉:無双太極と氣と日光

画像付きは以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11667353270.html

氣と日光:太陽とは何ぞ哉:無双太極と氣と日光

テーマ:生命力とは何か:氣と小食と腸内細菌

氣(陰陽)と光:凹i(陰)☯凸i(陽)⇒+1(生命物質体)の⇒が日光ではないのか
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11665630928.html

飯山一郎氏は今年の「大事件」として太陽凝視をあげている。
 私はだいぶ前にやったことがあるのである。そう、まぶしくなく太陽凝視ができるので、不思議に思ったものである。
 しかし、その時は、氣という霊的科学概念を明確にもたなかったので、あきてすぐ止めてしまった。
 さて、今、氣という霊的存在が、私にとっては確実になっている。これは、物質科学的に直接検証することはできないが、結果的には検証できよう。その問題はおいておく。
 今は余裕がないので、予見を記すに留める。
 飯山一郎氏は松果体に秘密があると述べている。
 ここで、粗いが、シュタイナーの霊的生理学を応用して言えば、シュタイナーは松果体(松果腺と言っているが)と脳下垂体の対立を外界と内界の対立と見ている。
 そして、松果体は外界と内界を結びつける作用があると言う。これは、私なりに解釈すると、松果体は意識と無意識を結合するはたらきをもっているのである。
 そして、無意識とは、太極PS陰陽論から言えば、中丹田や下丹田である。つまり、陰陽未分と氣=陰陽である。
 つまり、松果体は外界の光を受容して、それと身体の内部を結ぶのであるが、それは、当然、人体の植物体(氣=陰陽)と根源の無双太極=陰陽未分を賦活すると考えられるのである。
 そう、陽光の本体は少なくとも氣であるから、その氣が、人体の植物体の氣=陰陽や太極と和合するのではないだろうか。
 つまり、陽光は松果体を媒介として、氣(生命力)によって、人体を活性化するのである。
 今はここで留める。

追記:先に、モネの睡蓮の絵を無双太極(陰陽未分化)の表現でだろうと述べたが、また、無双太極から光が生まれるとも述べたし、また、無双太極と光の接点をモネの睡蓮は表現しているとも述べた。
 思う、以上の論からすると、モネは松果体を介して、内界(霊界)と外界を融合させていると思うのである。肚と胸と頭と外界を融合しているのである。

モネの睡蓮の絵画力学について:陰陽未分化の太極(太元霊)の表現ではないか:水と光の未分化融合
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11659956335.html

最近急にモネを絵を見たくなった。
 しっとりとした映像に見入りたいと思うのである。
ずいぶん昔(30年ほど前か?)、モネの絵の美しさに恍惚となったものである。そう、あまり言う人はいないようだが、神秘的なのである。
 陰の心から画面と一体になるのである。
 しかし、その後、モネに興味を失った。なにかピントがずれているように感じたのである。
 そして、今、太極PS理論ができて、根源の太極・太元霊すなわち、太水にたどり着いたのである。水的なものが根源なのである。
 しかし、その水は日を産むのである。(参照:お水取り)
 とまれ、太水は陰と陽の未分化様態である。
 どうも、モネの睡蓮の絵はそれを表現しているように思えるのである。
 今はざっと指摘するに留める。

追記:光の画家ということだが、それは一面である。神秘の画家である。太極の陰陽未分化の太水と光の接点を描いているように思えるのである。
 そう、太水の神秘である。モネは中国的というか、東洋的である。

追記2:これは精緻に検討すべきことであるが、一言言うと、太水と陰陽の陰が、いわば、連携するのである。
 この点の力学はどうなっているのか明確にすべきである。
 今、直観で言うと、太極点の太水があるが、それが氣=陰陽極性へと変換する。
 つまり、陰陽未分化から氣=陰陽分極化である。
 前者と後者は不連続なのか、連続なのか。
 今は連続的なように思える。
太水の変化で、陰陽極性ができるのは、連続変化のように思えるのである。
 そうならば、不連続的差異論とは何であったのかということになる。それは、太極と自己同一性との不連続性を説いたものであるからである。
 どうも妙な具合になってきた。
 2つの直観が相矛盾するという感じなのである。
 整理すると、先ず、肚=太元=太極は、氣=陰陽とは不連続である。これが一つの直観である。
 しかし、太極から直観すると、それは、陰と連動するようなのである。すると連続的である。
 思えば、この直観像で、前期PS理論は混迷したと言えよう。
 途中であるが、時間がないので、ここで留める。これは、慎重に丁寧に精密に検討すべき問題である。

 以下、クロード・モネ - Wikipedia から。

Resurrection : ヤポネシア、夜明けと目覚めの光楽:太玄霊氣知行学(太玄霊的生命イデア論)


Resurrection : ヤポネシア、夜明けと目覚めの光楽:太玄霊氣知行学(太玄霊的生命イデア論)



Resurrection : ヤポネシア、夜明けと目覚めの光楽:太玄霊氣知行学(太玄霊的生命イデア論)


Resurrection : ヤポネシア、夜明けと目覚めの光楽:太玄霊氣知行学(太玄霊的生命イデア論)


Resurrection : ヤポネシア、夜明けと目覚めの光楽:太玄霊氣知行学(太玄霊的生命イデア論)

 
参考:

オカルト生理学 (ちくま学芸文庫)/筑摩書房
¥1,155
Amazon.co.jp

S-note103 - Bekkoame
www.bekkoame.ne.jp/~topos/steiner/note/S...-/S-note103.html - キャッシュ
2004年12月29日 ... シュタイナー『オカルト生理学』ちくま学芸文庫/P93-95) ごくごく単純なことで、だれ
でも考えることのできることなのだけれど、 私たちが ... そして松果腺と脳下垂体という二
つの器官の対峙によって、 魂と身体の相互作用が可能になっている。

四次元思考の獲得のために その32 | シュタイナーから読み解く神秘学 ...
plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/201309300001/ - キャッシュ
2013年9月30日 ... つまり、松果体と脳下垂体が、人間の喜怒哀楽を形成している基本であることがわかる。
次に、詳しく、シュタイナーの話から、再度、松果体と脳下垂体の関係に迫ってみたい。
... シュタイナー『オカルト生理学』ちくま学芸文庫/P93-95)

松果腺を使うとちょっと時間が自由になる | Quantum Mind 第三の眼 とは
daisannome.jugem.jp/?eid=9 - キャッシュ - 類似ページ
この二つの器官とは松果腺と脳下垂体のことです。この二つは、魂と身体とが相互に
働き合っていることの可視的な表現なのです。」(オカルト生理学、ちくま学芸文庫、P97-
102)」 シュタイナーに関しては、わたしはつい、そのまま丸呑みしてしまう癖がある。


In Deep: 科学技術と未来
oka-jp.seesaa.net/category/12013650-3.html - キャッシュ
2011年9月8日 ... この研究結果を発表したのが、医学系の単科教育研究機関としては世界で最大であり、
また、ノーベル賞の生理学 .... これまで、松果体などのことについて書いたことがありま
したが、今、私たちは「見る」という行為について、非常に狭い範囲で考えている面は
あります。 .... シュタイナーが言う体内における光合成の件、これは明らかにオカルトに
聞こえますが、薔薇十字の伝統に生きる者は本気でこれを実践します。

日本人研究者が獲得した「暗闇での視覚」: 人類と光と植物


(参考記事) ペアである自分(2) より。

これは、彼ら眼を持たない魚が、視覚で光を見ているわけではないけれど、彼らが見ているものは決して夢や想像だけではなく、「光」という現実を見ていることを示します。


pine-foton.jpg

▲ 人間の松果体の位置。


松果体というのは二つの大脳の間あたりに位置する器官ですが、医学的な意味では、メラトニンというホルモンを作り出すことに関与していること以外の役割はほとんど不明です。ただ、思想ベースでは古くから語られてきたようで、Wikipedia にこうあります(抜粋)。

デカルトはこの世界には物質と精神という根本的に異なる二つの実体があるとし、その両者が松果体を通じて相互作用するとした。デカルトは松果体の研究に時間を費やし、そこを「魂のありか」と呼んだ。

松果体は眠っている器官であり、目覚めるとテレパシーが使えるようになると信じる人もいる。ニューエイジ運動の初期の指導者であるアリス・ベイリーのような作家は、精神的な世界観において「松果体の目」を重要な要素としている。






このメキシコの魚たちも、目は使っていないとはいえ、実際には松果体で「光」を見ているということになり、「やはり光は重要なんだ、光だ、光だ」と幼き我々は叫ぶわけですが(誰だよ)、しかし、そこに立ちはだかったのが、上の3番目のニュースの大阪大学の栗栖教授たちの研究「植物や藻類の中で葉緑素が緑色になる反応のしくみを解明」なんです。

裸子植物、つまり、マツやスギやソテツたちの仲間。
あれらは光も要らないのです。

ついに、「光を否定した生命」が出てきた。

論文は下のようなものです。
これは論文そのものではなく、プレスリリースから。

ダイズを暗いところで芽生えさせると緑にならないで黄色い"もやし"になってしまいます。これはダイズなどの植物では、緑色のもとになる葉緑素を作るための最終段階ではたらく酵素が光を使ってはたらくためです。これに対して、クロマツやドイツトウヒなどの裸子植物の芽生えは暗いところでも葉緑素を作り緑色になることができます。また、多くの藻類やラン藻、光合成細菌も暗所でも緑になる能力をもっています。



「お前たちは光もなしで光合成をやっちゃうのかよ・・・」と私は驚き、興奮しました。
うちには観葉植物としてのソテツもあるのですが、そのソテツと向かい合って、酒を飲んだりしたものでした(キチガ・・)。

ちなみに、ソテツはソテツ(生きた化石) によりますと、

 > ソテツの化石は古生代のペルム紀初期の約2億8000万年前にさかのぼることができます。

と、非常に歴史のある生命のひとつです。
3億年の地球の歴史の中にはかなり苛酷な時代もあったと思われます。

低温、高温、そして超巨大火山の噴火などでの日照不足や、大洪水、大干ばつ、いろいろとあったでしょうが、ソテツは生き残っています。

滅んでいった恐竜や、あらゆる小型生物、大型生物そして、やはり生き残れなかった大多数の植物を横目に生き残り、今では観葉植物店で売っていたり、あるいは、たとえば私の部屋にあったりします。

今もこれを書きながら、「ソテツよ・・・お前のことを書いている」と話かけたりしていますが(キ・・・まあいいや)、人類あたりと比べると大変な歴史を持つ生命のひとつであることは確かです。

sotetu3-2.jpg

▲ ソテツ。うちのはデカいです。


「先人の知恵」というような言葉がありますが、マツやソテツが生き残ることができた方法を体得すれば、他の生命も追随できる可能性はあると考えます。

どうしてこんなに植物のことにこだわっているかというと、「人間が植物を目指すことは理想的なことかもしれない」という考えを知ってからのことです。



「原植物」を目指す人類

昔、ブログに西洋オカルトの中心的思想のひとつである「薔薇十字」の修行をしている方がコメントを書かれていたことがあり、その人が書いていたコメントを転載させていただきたいと思います。

私は中世のオカルトの知識がゼロですので、私自身が理解しているかというと、それはわからないですが、概念として興味深く、今でも好きなもののひとつです。

ここから転載です。
改行だけさせていただいています。



部屋とウイルスと私 コメント欄より。
--

シュタイナーが言う体内における光合成の件、これは明らかにオカルトに聞こえますが、薔薇十字の伝統に生きる者は本気でこれを実践します。狂気の沙汰と言われようと、呼吸による身体内の炭素の把握はぼくらの最重要の関心事です。

これは呼吸の行とよばれます。

ぼくら薔薇十字の徒は人間の本来のバランスを取り戻そうとします。呼吸の行というのは人間である自分と植物との共生の問題です。人間は生きているだけで大気中に二酸化炭素をばら撒きます。そして「どれだけ二酸化炭素を排出しないか」という冗談みたいなことが、ぼくら薔薇十字の修行者にとっては真面目な課題です。

古神道の大国隆正という人の『本学挙要』という本の中に人と稲が逆さに並べて描かれている図があります。これはフトマニの区象といって、人間は逆さまになった植物であり、互いに共生しているという旨を説明するものです。西洋でも東洋でも霊学ではこれは一般的な認識です。

薔薇十字でもおなじです。

植物というのは、体内に緑色の血が流れ、太陽に向かって真っすぐに成長する地上の存在としてはピュアなあり方のお手本みたいなものです。

ゲーテには「原植物」という理想的な植物の概念があります。つまりあれが人間として目指すべき理想であり、最高の元型です。鉱物の中にも例えば水晶のように炭素が純化された存在として理想的な存在たちが居ます。植物や鉱物というのは本来の意味において頭上の天体運動の鏡像みたいなものです。薔薇十字の理想は、赤い血の情熱を保ちつつ植物のように上へと向かうことです。そして太陽に向かうことです。これが重要な点です。

天体のなかで西洋神秘学でロゴス(言語)と呼ばれるものの象徴が「太陽」です。

でも現在の宇宙で頭上に輝く太陽が人間にとっての「言語」の象徴に過ぎないとすれば、物理的に把握されるただの象徴である太陽より、植物のほうが先に創造されるというのは自然ですよね?

その前に「言語」は既に存在している、というより、むしろこの宇宙の原初には「言語」が先にあったのですから。それ自体は植物の誕生よりずっと昔だというわけです。「言語」という表現がいけませんね。ロゴスとは「秩序」のことです。

人間によって認識される物理的な宇宙が誕生したのは、つい最近のことです。

それを観察する科学が人間中心であるのは当然といえば、当然かも知れません。ロジックによって把握する対象として宇宙が存在を開始したのは、ロジックを駆使するようになった人間の大脳の誕生と密接に関わりがあります。人間はそれ以前に存在していた "見えない" ロジックの宇宙を "見える" ロジックとして観察することが出来るようになりました。

これは物理的な脳が誕生したおかげです。人間のロジックは宇宙のそれの模倣に過ぎませんが、でもこの模倣を可能にする大脳という精密な器官を作り上げるために、宇宙はとてつもない長い時間と労力を費やして来ました。だからある意味、科学的な認識手法というのはこの宇宙の最大の成果であると言えます。

それ以前の宇宙は、光があっても太陽がないようなものでした。内的な光で認識されただけです。

しかし実際、太陽が出現し、またこれによって眼という器官が形成され、そして脳が作り出されました。人類がこの能力をどう利用したかは別として、人間における理知的な行為を可能にする完成された脳神経系は、どう見積もっても神の最高傑作であるに違いありません。

そして人間に与えられたこの認識力の限り、ロゴスの象徴である太陽のなかに根源的な神性を知ることこそ、霊的な伝統のいずれの系譜においても追求されてきた共通の課題でした。

気の遠くなるような昔から過去の賢人たちはそのために気の遠くなるような努力によってその道を準備して来ました。宗教とは、そのようなものの大成です。

太陽へと向かう植物のようにしかも自由への衝動を内に担いながら上へと成長しようとする、地上では類をみない神聖な存在として人間存在が語られ、そしてその正しい道が古今東西どの流派に限るとなく実践されて来ました、、、、、と、このようなことを信じる、信じないは別として、いずれにせよこれが宇宙と人間の歴史に対する薔薇十字の伝統の解釈です。



転載ここまで。
http://oka-jp.seesaa.net/category/12013650-3.html

In Deep

人類の進化の可能性(2):裸子植物が行う暗黒での光合成: クレアな ...
tok2.seesaa.net/article/151375315.html - キャッシュ
2010年5月28日 ... 松果体の役割の発見のことなど .... 植物の種類によって芽生えが緑化する能力に違い
があることは、一世紀以上前にドイツの植物生理学者によって報告されていましたが、
それがどの ... シュタイナーが言う体内における光合成の件、これは明らかにオカルトに
聞こえますが、薔薇十字の伝統に生きる者は本気でこれを実践します。

始源流原始占い - Yahoo!ブログ
blogs.yahoo.co.jp/mizuguchiaiko/archive/2012/5/2 - キャッシュ
2012年5月2日 ... オカルトでいえば、負のエネルギーとは、精神世界のことで、霊界になる。 ... 今回は、
この緊張(均衡)を暗示するだけだが、以後の考察で更に詳しく述べていく松果腺と、
粘液腺の2つの器官に集中する ... シュタイナーはこのような文化状況の中で,人々の
想像力の方向性を危うんでいたのである。 ... うとしたり、人間の血を生理学的に
沸き立たせ、無我夢中にさせようとしたりするものすべてに働いている力のことである」.

INNOVATION OF PHILOSOPHY: Discontinuous Difference ...
protophilosophy.noblog.net/blog/2010/08/ - キャッシュ
2010年8月30日 ... もっとも、シュタイナーによれば、松果体が接点である。つまり、Media Pointになる ..... 【
シュタイナーの『オカルト生理学』から言えば、脳=脳髄神経系が前者であり、交感神経
系(自律神経系)が後者にあたるだろう。】 つまり、絵画鑑賞には、凹i ...

Nikon|光と人の物語|第3の眼の進化 - ニコン
www.nikon.co.jp/channel/light/chap05/sec02/index.htm - キャッシュ - 類似ページ
その痕跡は今も私たちの脳の中で光を感じ、一日のリズムを調整する役割を果たして
いる。 1. 第3の眼; 2. 脳の中の「眼 ... その器官、「松果体」は脳の中にありながら、細胞
レベルでは驚くほど眼、特に網膜の細胞と構造が似ている。松果体になる細胞がごく
若い ...

『 光輝と質量 』 19978‐1998へ - UEDA Nobutaka Formal Site
uedanobutaka.info/jpopsisphysis.html - キャッシュ
そのシュタイナーの色彩論は、当然ながらゲーテの表現を踏み越えるものだった。
ゲーテにとって、色彩は、光と闇が織り成す自然現象と人間の目との間で起こる。
シュタイナーにとって、色彩は、精神と魂の映像だった(図版4)。そのような色彩が、重要
だったので ...

13 - 「人間原理の探求」渡辺久義
www.dcsociety.org/id/ningen_genri/013.html - キャッシュ
光は霊的なものである、とルドルフ・シュタイナー(「シュタイナー教育」で有名な哲学者、
霊能者)が言っていたことを思い出す。我々は物理学の一部門としての光学というような
ものに慣らされているためにそういう感覚を持てなくなっているが、デントンのなしたよう ...

生命に合わせて調整されている自然法則? - 始源流原始占い - Yahoo ...
blogs.yahoo.co.jp/mizuguchiaiko/9983287.html - キャッシュ
2013年10月17日 ... ゲーテが言うように光があったから目ができたのであって、目が光を作ったわけではない
! 目が光を見ることができるのは、目が光によって作られたからだ. ゲーテ 小杉英了「
シュタイナー入門」. 若いときのショーペンハウアーとういう哲学者が ...
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/2031-9cf216ab
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。