--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月01日 (21:57)

MP1とMP2:前期PS理論は生きている:但し、『海舌』氏の人間認識図は大修正を要する

MP1とMP2:前期PS理論は生きている:但し、『海舌』氏の人間認識図は大修正を要する

テーマ:PS理論:プラトニック・シナジー理論

氣と太陽と現象(生命体を含めて):氣の現象力学(現象科学):氣の哲学ー科学へ向けて
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11715571610.html

先に以上のように述べたが、結局のところ、前期PS理論はほぼ生きているのである。

   『海舌』氏による人間認識図(要大修正)

人間認識図


 今は、MP1とMP2について簡単に触れる。
MP1とは、ガウス平面における虚軸上の陽凸iと陰凹iの共鳴における交点である。
MP2は実軸上における陽凸iと陰凹iの共鳴における交点である。
 先の説明では、MP1に霊的太陽、MP2に現象太陽の、それぞれのコアがあるということである。
 霊的太陽とは氣の太陽と言えるのではないだろうか。
 思うに、MP1からMP2への次元転換があるのであり、それは、二次元から三次元への転換ではないだろうか。円から球への転換であろう。
 とまれ、後で、詳述したい。
 最後に一言。結局、PS理論の問題点は、自己認識方程式凸i*凹i⇒+1の解釈と人間認識図の解釈にあると言えよう。
 両者とも、『海舌』氏の独創である。天才的独創と言えよう。しかしながら、解釈が拙速であったと思う。
 しかし、PS理論は、陰陽論の太極一元論の見方が欠落していたのであり、私はPS理論から離脱して、それを追求したのであった。
 また、『海舌』氏は、四元数を用いて、新たなPS理論を展開して行った。それは、もはや、PS理論ではないように思えるが、一応、後期PS理論と言うことができよう。
 とまれ、結局、私は数学主導を排して、太極一元論を展開して行ったが、結局、前期PS理論に回帰するようにして、それと太極的陰陽論を結びつけて、無双(太極)PS陰陽論とし、今に至ったのである。
 そう、『海舌』氏と2004年9月ブログ上で遭遇して、不連続的差異論が誕生し、その後、(前期)PS理論が誕生した。それらは、哲学と数学の奇蹟的な 融合と言えよう。(前者は哲学主体であり、思うに、私が主導したものである。後者は上述したように『海舌』氏の陰陽論の独創的数学化である。)
 しかし、その後、哲学志向と数学志向で分裂したのである。
 そして、その分裂前の奇跡的な不連続的差異論/(前期)PS理論へと私は、太極的陰陽論をもって回帰したのである。

追記:後で簡略に、修正人間認識図を作図したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/2045-7846b22d
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。