--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年03月24日 (01:18)

氣⇒日光(太陽)⇒有機体物質:x軸=実軸=日光軸、y軸=虚軸=陰陽軸、z軸=天地軸=時間軸

氣⇒日光(太陽)⇒有機体物質:x軸=実軸=日光軸、y軸=虚軸=陰陽軸、z軸=天地軸=時間軸

テーマ:無双(太極)PS陰陽論:無双は陰陽未分化

素描:氣の有機体現象への次元転換力学:以前の視点に戻る
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11802798561.html

先に以上のものを書いたものの、氣から有機体変換の力学は不明である。単に、数理的に提示しただけである。
 また考え直した。(どうも、袋小路的状況である。)
 陰陽の90°回転で、±1が生じる。-1を陽子、+1を電子とみるのである。符号的には逆であるが、一応そうしておく。
 これが水素原子を形成すると考える。
 そうすると、+と-は電荷、電極を意味すると言えよう。
 ここで、また、天地軸の視点を使うのである。つまり、ガウス平面に直交する軸である。
 ここで天地軸を時間軸と考えるのである。そうすると、水素原子は、動的に展開するだろう。これで、分子やその他、有機体が形成されるとするのである。
 おそらく、時間軸は物質軸ではないだろうか。あるいは、現象軸である。
 そうすると、+1と-1は、水素原子ではなく、原水素原子であろう。物質化以前である。前物質、前水素原子である。
 それが、時間化されて物質になると思われる。
 しかし、90°回転で、必然的に時間が生まれると思う。
 すると、陰陽⇒前水素原子ー水素原子である。
 ガウス平面をイデア平面とすると、時間軸=物質軸によってもたらされるのは、現象界である。だから、現象とはイデアの時間化のこととなろう。
 イデアが時間化されることで、有機体が現象すると思われる。
あえて言えば、イデアの時間化が物質化である。
 そう、時間軸を考えたとき、それも+1と-1とすれば、四元数を適用できよう。ガウス平面の虚軸をy軸、実軸をx軸、時間軸をz軸とすれば、実軸と時間軸の両者に±1があることになる。
 ならば、実軸と言い方は不適切であるが、暫定的にそう使用する。
 とまれ、以上から、時間が物質化の原因である。
 そうすると、日光はどうなるだろうか。
 思うに、実軸の±1を日光におけないだろうか。日光自体は、質量がない。いわば、前物質である。
 そうならば、日光が時間をもたらすのである。日光が物質形成をするのである。
 ここで少し整理する。



この三次元直交座標で、x軸を実軸、y軸を虚軸、z軸を時間軸とする。x軸とy軸でガウス平面を形成する。
 そして、虚軸=y軸=陰陽軸となる。これが、90°回転して、x軸=実軸の±1を形成する。これが日光である。だから、
x軸=実軸=日光(太陽)軸である。 
 そして、90°回転と同時に、z軸=時間軸が生起する。
 これが、日光を物質化するのである。そう、有機体化である。
結局、z軸=時間軸=有機体軸である。
 結局、ガウス平面とは、氣平面であり、実軸において、太陽となり、視覚化されるのである。
 これで、日光の本体が氣であるということが証明されたと言えよう。
 結局、z軸=時間軸=有機体軸は、x軸=実軸=日光(太陽)軸と同時展開である。そして、xyz軸以外に、空間三次元が発現するということになると考えられる。(ここで、四元数が適用できよう。)
 とまれ、以上のように考えると、氣が根源であるものの、日光(太陽)が有機体の基因であると考えられる。
 初めに、太陽ありき、である。
 いわば、光から物質が生まれるのである。
そして、光は氣から生まれるのである。即ち、

氣⇒日光(太陽)⇒有機体物質

である。
 暫定的ではあれ、以上から氣から有機体の発生が以前より、明快になったと言えよう。ポイントは、日光が媒体であるということである。
 後でさらに検討したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/2082-48664a3a
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。