--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年08月15日 (00:54)

秘数2から秘数3への転換の問題:二分割と三分割:陰陽ガウス平面とは何か

画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11910017194.html

秘数2から秘数3への転換の問題:二分割と三分割:陰陽ガウス平面とは何か

テーマ:PS陰陽論:ガウス平面と陰陽論の統合

秘数2から秘数3への転換力学:陰陽ガウス平面からメビウス的三次元空間ないし四次元時空間へ
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11909615336.html

上記の結論は、問題があるので、また、例のスーパーで、ストロング・ゼロ・ドライを飲みながら、思索した。(因みに、そのスーパーは、パワースポットだと思っている。今は、ほとんど感じないが。)
 問題は、ガウス平面の実軸化の意味である。陰陽方程式は、
凸i*凹i⇒±1であるが、右辺の±1が実軸を意味するのである。
 そして、秘数2から秘数3への展開は、二分割、つまり、陰陽対極性・両極性から三相極性への転換を意味するのであるが、それは、三次元空間現象と見るのであるが、陰陽方程式とこの秘数2から秘数3への展開をどう関係するのかが問題なのである。
 そこで考えたのは、陰陽方程式は、結局、二分割の方程式である。つまり、虚軸の二分割、凸iと凹i、そして、実軸の二分割、+1と-1の両方を意味していると見るのである。
 だから、陰陽方程式の右辺の±1は、秘数3=三分割(三等分割)には、関わらないと見るのである。
 そこで、秘数3=三等分割であるが、そこには、四元数(しげんすう:四元数 - Wikipedia )が関わると見るのである。四元数の基礎式は、いわば、

i^2 = j^2 = k^2 = i j k = -1

である。このi, j, kをi1, i2, i3と書き換えるのである。
つまり、本来の虚軸のiは生きているのである。それが、秘数3=三等分割転換によって、三つの虚数i1, i2, i3に分化すると見るのである。
 そして、-1であるが、これは、実軸であり、これは、秘数2=二等分割の事象である。ある意味で、虚数iが三分化された言えるのではないだろうか。
 そして、i1、i2、i3、それぞれ、陰陽を持つのである。先に、ケルト文様を参考にされたい。(以下に参考2にコピーする)
 そして、これが、三次元空間を意味すると見るのである。
 しかし、これは、陰陽ガウス平面に描写することはできない。
 とにかく、原点=MPを起点とする三次元空間、立体空間が現象することになるのである。
 そして、先に述べたように、±1、実軸は、時間に関係するだろう。これは、kaisetsu氏が指摘していたことであるが。
 とまれ、四元数の基礎式を書き換えると、

i1^2=i2^2=i3^2=-(i1)(i2)(i3)=-1

となるだろう。
 そうすると、i1, i2, i3の虚数を何と呼ぶべきであろうか。これは、子虚数と言うのがいいのではにだろうか。iが親虚数である。では、Iという超虚数は何だろうか。いわば、祖虚数と呼べよう。
 とまれ、以上の仮説は、秘数2=二等分割は、単に、陰陽対極性を意味するだけなく、そのπ/2(90度)回転を意味する±1を含むものであるということである。
 そして、秘数3=三等分割は、いわば、三つ巴、三位一体の形成であり、それは、四元数の三つの虚数で記述できるということである。
 そして、虚数は、超虚数I=祖虚数、虚数i=親虚数、虚数i1, i2, i3=子虚数となる。
 また、さらに展開すると、子虚数の三次元空間は、球立体宇宙の形成であり、そこには、佐野千遙氏の説くように、正四面体が立体的基礎であると考えられる。
 また、先に述べたように、秘数から展開する数7、12があり、それぞれ、太陽系、黄道十二宮が形成すると考える。これで、いわば、地球中心の宇宙が形成されるのである。(それなりに、天動説は正しいだろう。)
 そして、これも先に述べたように、秘数3から秘数5への展開において、人体が、太陽系、黄道十二宮の影響を受けて、形成されると見るのである。正に、占星科学である。
 今はここで留める。


参考:

四元数数の単位の積を四次元空間の 90°-回転として視覚的に表現したもの。ij = k, ji = -k, ij = -ji


参考2:
虹の国・アイルランド - フラクタルな風

イメージ 1

イメージ 2

http://blogs.yahoo.co.jp/gabriella12366/folder/615517.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/2104-448d6cfa
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。