--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年08月18日 (12:43)

三次元空間形成力学:秘数・フィボナッチ数列・等分割(=均衡)原理と次元転換力学を分離する

三次元空間形成力学:秘数・フィボナッチ数列・等分割(=均衡)原理と次元転換力学を分離する

テーマ:PS陰陽論:ガウス平面と陰陽論の統合

フィボナッチ数列=秘数的次元転換:陰陽対極性から三次元空間への転換力学
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11911470994.html

先に以上のように書いたが、まだ腑に落ちない。整合性がないのである。陰陽ガウス平面から三次元空間の形成力学が数学化されていないのである。
 それまでのように四元数を使えば、数学化されるのであるが。
 暫定的、作業仮説的にはそれでいいようにも思われるのである。
 いちばんの問題は秘数・フィボナッチ数列による等分割・次元変換をベースにしていることである。
 等分割はいいにしても、次元変換が整合性がないのである。例えば、先に次のように述べた。


『pre-Aが秘数0段階、太極、太一、神界、神霊界

Aが秘数1段階、霊魂界、超虚数界、祖虚数界、

Bが秘数2段階、陰陽氣界、虚数界、親虚数界、

Cが秘数3段階、子虚数且つ実数界、三次元空間ないし四次元時空間界:四大原理と正三角形(と正四面体:追記)

Dが秘数5段階、太陽系7つの星(惑星と恒星)と黄道十二宮により、人体形成、正五角形、黄金比』


Cまでならば、整合性があるが、Dとなると、そこは五次元でなくてはならないが、そうではないのである。
 だから、フィボナッチ数列・等分割(・均衡原理)と次元転換は分けた方がいいだろう。
 前者だけなら、整合性が生じよう。
 すると、問題は、後者の次元転換力学である。
 先に、次のように書いた。
 
太極両界曼荼羅現象方程式:
0(=∞)⇒凹I*凸I⇒凹i*凸i⇒±ijk=-+1

±ijk=-+1を三次元空間現象と見るのであるが、それでいいのではないだろうか。
 ただ、問題は、先に指摘したように、自然有機体力学が判明ではないことである。
 しかし、 これも先に述べたように、

凹i*凸i⇒±ijk=-+1

を自然有機体力学とすればいいのである。左辺の陰陽両極性から右辺の物質体が生成されると見るのである。ただし、身体自体は、全体である。おそらく、より正確に言えば、⇒が身体であろう。あるいは、氣的身体である。つまり、左辺の凹i*凸iが氣的対極性であり、⇒が氣的身体であり、右辺の±ijk=-+1が物質体である。
 唯物科学とは、右辺しか身体に見ていないと言える。
 また、螺旋有機体であるが、それは、映画『スライブ』のアップルの宇宙像からいちおう指摘できるが、数学化はできていない。
 しかし、フィボナッチ数列から螺旋形態は説明できるだろう。
つまり、自然有機体方程式の

凹i*凸i⇒±ijk=-+1

は、フィボナッチ数列的には、螺旋形状であると見るのである。
 以上でいちおう、それなりの整合性はあると言えよう。
 まだ、完全にはすっきりとした形にはなっていないが、今はここで留める。

追記:エントロピーや逆エントロピー(反エントロピー)についてであるが右辺はエントロピーである。つまり、

(−1)+(+1)=0(ゼロ)

であり、これがエントロピーの終端である。無である。
 そして、左辺が逆エントロピーである。陰陽対極性凹i*凸iは、メビウスの帯であり、無限である。
 この無限の氣エネルギーが自然有機体の原動力である。
 ところで、原子の問題がある。
 思うに、氣的原子と純粋物質的原子があると思う。前者が自然有機体の「原子」であり、後者はエントロピーだけが作用するもので、衰滅すると考えられる。
 そう、前者にもエントロピーが当然はたらくが、逆エントロピー(陰陽対極的エネルギー)の生成力によって、エントロピーを乗り越えていると考えられる。
 この点、新たに検討したい。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/2109-3fc155b2
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。