--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年09月01日 (09:24)

何故、陰陽はπ/2、90度回転するのか?:陰陽の真正面の衝突は垂直に折れ曲がるのでは?

画像は以下見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11918242995.html

何故、陰陽はπ/2、90度回転するのか?:陰陽の真正面の衝突は垂直に折れ曲がるのでは?

テーマ:PS陰陽論:ガウス平面と陰陽論の統合

               陽凸i 虚軸
                      |
     Ⅱ:火          |        Ⅰ:風
                      |
                      |
                      |
-1_____MP_____+1 実軸
                      |
                      |
     Ⅲ:地          |        Ⅳ:水
                      |
                      |
                     陰凹i

             陰陽ガウス平面(象限付き)


新しい陰陽方程式:-1⇦凹i*凸i⇨+1:⇦は陽⇒陰を、⇨は陰⇒陽を意味する
-1⇦凹i*凸i⇨+1
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11918235366.html

以上のように直近で述べたが、考えたら、どうして、陰陽氣はπ/2、90度回転するのか。
 これまで、そうなるのが、当然と考えて、そのメカニズムを考えなかった。
 思うに、陰と陽が衝突することを考えればいいのである。(衝突はkaisetsu氏が述べていたし、D.H.ロレンスも衝突力学を考えていた。)
 そうすると、同じ力の衝突によって、両者は垂直に折れ曲がるとするのが妥当である。
 だから、π/2回転、90度回転するのである。
 しかし、思うに、それは、単に、陰陽ガウス平面の実軸だけでなく、いわば、その平面に直交するような新しい軸の方向にも折れ曲がるだろう。
 否、思うに、陰陽衝突は原点=MPで起るのであり、そこから、現象が生起するのであるから、結局、陰陽衝突は、三つの現象軸へと折れ曲がると見るのが適切であろう。
 つまり、原点=MPから現象三次元空間が出現すると見るのである。
 これは、四元数(しげんすう)ではない。

陰凹i*陽凸i⇒±1x, ±1y, ±1z

である。ただし、1x,1y、1zは、三次元空間の直交する三つの軸、x軸、y軸、z軸の単位である。
 いわば、実軸が三つ生じたようなものである。
 しかし、そうすると、重力と浮力はどうなるのか。三種類の重力、浮力が生じて、不都合である。
 しかしながら、陰陽ガウス平面の実軸に優先性があるのではないだろうか。これが、重力と浮力、天地軸を形成すると見たい。
 つまり、陰陽ガウス平面が前提であり、それにおいて、陰陽衝突による垂直化は、実軸化と見るのが妥当である。
 では、他の二つの軸をどう見るのかである。
 思うに、実軸への折れ曲がりであるが、それは、二重螺旋ではないだろうか。今はそう作業仮説する。
 そして、二重螺旋である実軸の折れ曲がりの現象力は、当然、実軸の天地軸の一次元だけでなく、それに直交する平面をもっていることになる。これは、映画『スライブ』のトーラスの渦巻きに関係づけられそうである。
 しかし、折れ曲がりの実軸の二重螺旋で、充分、三次元空間は説明がつく。
 つまり、陰陽衝突が起る原点=MPからの垂直の折れ曲がりである実軸とは、現象三次元空間を意味するということになる。
 では、時間はどう説明できるのだろうか。
 思うに、+1が光速度になるのではないだろうか。すると、時間は、やはり、実軸に含まれることなろう。だから、やはり四次元時空間である。
 もっとも、以前、時間を虚軸に見たが、それも可能性としてはあるだろう。これは措いておきたい。
 結局、π/2、90度回転とは、陰陽衝突に拠るということになったのである。では、単位円は何を意味するのだろうか。
 これは課題にしておこう。
 とまれ、今はここで留める。

追記:実軸の二重螺旋であるが、それは、DNAのそれのモデルとなるのではないだろうか。そう、後者は水素結合であった。ここにも鍵があるだろう。
 では、弦巻植物の蔓はどうして、一重なのだろうか。これも課題にしておこう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/2128-998385ca
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。