--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年09月11日 (22:28)

陰陽未分化から陰陽分極化への力学へ:一から二への分割力学について:等分割原理

画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11923531116.html

陰陽未分化から陰陽分極化への力学へ:一から二への分割力学について:等分割原理

テーマ:PS陰陽論:ガウス平面と陰陽論の統合

やはり、等分割原理があるということではないだろうか。
1は、全体である。そして、1を等分割すると、先ず、二等分割となる。そして、次は、三等分割、四等分割、等々となるのではないだろうか。
 自然数的等分割原理があるということになる。
 つまり、これは、一種、平等分割原理である。
 しかし、何故、自然数なのかという問題がある。
 やはり、太一と太極は区別した方がいいのか。
太一はゼロである。そして、太極は、陰陽未分化である。
 だから、太極において、陰陽力学が先鋭化すると、陰陽分極化となるのではないだろうか。
 未分化の陰陽が、分化すると陰陽対極化となるのではないのか。
 これなら、納得はできるだろう。
 未分化であった陰陽において、その微妙な対立が先鋭化すると、陰陽分極化するということになるだろう。
 つまり、陰陽未分化は、陰∞陽である。しかし、先鋭化すると、陰⇔陽となるだろう。これが、陰陽分極化である。
 陰∞陽も陰⇔陽も、両者、メビウスの帯である。
 しかし、質的に異なるだろう。
 陰∞陽は、分化していないメビウスの帯である。陰⇔陽は、分化したそれである。
 思うに、陰陽分極化とは、陰陽の一種極限化である。陰は極大の陰へ、そして、陽は極大の陽へと志向するのである。
 つまり、陰陽の反発の事態である。これが、陰陽分極化を生じさせるのではないだろうか。
 しかし、陰陽はもともと、一(いつ)、太極であり、それは、二元的絶対分離はしないのである。一における二元化、これが、陰陽分極化ということと考えられる。

追記:陰陽反発が陰陽分極化ならば、次に、陰陽牽引⇒陰陽衝突が起るだろう。それが、垂直に捩れて、実軸、±1を生むということではないだろうか。つまり、陰陽分極化は虚軸化であり、陰陽衝突が実軸化である。
 つまり、陰陽は波のように、振幅しているということである。しかし、最初は、反発で、次に、牽引である。
 ならば、その次は、また、反発である。等々。この陰陽律動(リズム)、陰陽波動、陰陽振幅が生命と死をもたらすと言えるのではないだろうか。

               陽凸i 虚軸
                      |
     Ⅱ:火          |        Ⅰ:風
                      |
                      |
                      |
-1_____MP_____+1 実軸
                      |
                      |
     Ⅲ:地          |        Ⅳ:水
                      |
                      |
                     陰凹i

           陰陽ガウス平面(象限付き)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/2131-14238751
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。