--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年12月18日 (02:25)

エウレカ!:吾、ジョージ・ハリスンのケルト系なることを発見せり!

私は大バッハの音楽に東洋性を深く感じるので、大バッハの祖先が、ハンガリー出身であることを発見したとき、吾見いだせリ!と感動したが、今度も感動、大感動である。
 ビートルズがケルト系であることは既に述べた。ジョン・レノンとポール・マッカートニーが、ケルト系なのである。
 私はジョージ・ハリスンの音楽が、ポップスの最高のものと考えているのである。そう、バッハやモンテヴェルディやジョス・カン・デ・プレと並ぶような至高の美しさをもった音楽であると考えているのである。世評では、All Things Must Passが最高に評価されているが、私にとっては、Living in the Material World
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-DVD%E4%BB%98-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%B3/dp/B000GW87Y8/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=music&qid=1197884098&sr=8-4
しかありえないのである。
 とまれ、彼の声の深い魂の、精神的な響きを聴くと、ケルト的なものと関係があるのではと思っていたのであるが、これまで、家系がよくわからなかったのであるが、英語のWikipediaでアイルランド(ケルト文化圏)と深く関係していることがわかったのである。久しぶりに驚きで満たされたのである。
 彼が、インド音楽やヒンドゥー教に魅かれて、取り入れたのは、このケルト文化が背景だと思うのである。私はこれまで、ケルト文化と日本文化は共通すると述べている。そして、クラシック音楽でも現代、ケルト爆発状態である。
 思うに、ポピュラー音楽は、これまで、音楽家の文化的背景にあまりにもうかつであったのではないだろうか。たとえば、何故、ロック・ミュージックは、イギリスで完成したのか、とか、考えたことがあるだろうか。
 どうして、ビートルズが、クロス・オーヴァーを行なったのか、その理由を突き詰めたことがあるだろうか。私は、これは、ケルト文化から来ていると考えるものである。ケルト文化は、ケルト文様が三つ巴が流動する形象をもっていて、神道と通じるのである。太古の叡知の文化なのである。非常に尊い文化なのである。
 そして、今回、ジョージ・ハリスンのケルト文化の背景が確認できたので、ケルト、日本、インドとのつながりが、明瞭になったといえよう。優れたインド文化、インド精神文化が関係するのである。
 今は、経済で、インドは勃興している。新アジア文明の黎明を迎えているのである。

参聴

Living in The Material World (promo-video 2006)
http://jp.youtube.com/watch?v=OQJCAqBbiV8

George Harrison - Give Me Love (Live in Japan)
http://www.youtube.com/watch?v=3m2Usws5CPI&feature=related
George Harrison - Gopala Krishna
http://tubech.com/test/read.cgi/X7eFQMakhDE/tag/harrison/l50

Inner Light - George Harrison
http://www.youtube.com/watch?v=YhHm-5lKkZ0

George Harrison - What is Life
http://www.youtube.com/watch?v=k_PdIQu5dGY&feature=related

The Police - Spirits in the material world
http://jp.youtube.com/watch?v=Q-Obdx0nnM0&feature=related


George Harrison



From Wikipedia, the free encyclopedia

For other persons named George Harrison, see George Harrison (disambiguation) .
George Harrison
George Harrison visiting the Oval Office in 1974.
George Harrison visiting the Oval Office in 1974.
Background information
Birth name George Harrison
Also known as L'Angelo Misterioso
Nelson/Spike Wilbury
George Harrysong
Carl Harrison
Born 25 February 1943 (1943-02-25)
Liverpool , England
Died 29 November 2001 (aged 58)
Los Angeles , California , U.S.
Genre(s) Rock , Pop
Occupation(s) Musician , Songwriter , Producer
Instrument(s) Guitar , Bass , Organ , Ukelele , Mandolin , Sitar , Tamboura , Piano , Harmonica , Slide guitar
Years active 1958 – 2001
Label(s) Parlophone ,Capitol ,Apple
Vee-Jay ,EMI ,Dark Horse Records
Associated
acts The Beatles
Traveling Wilburys
The Quarrymen
Plastic Ono Band
Website GeorgeHarrison.com
Notable instrument(s)
Rickenbacker 360/12 , Epiphone Casino , Gretsch Duo Jet , Gretsch Country Gentleman, Fender Stratocaster , Fender Telecaster , Gibson SG , Gibson Les Paul

George Harrison, MBE (25 February 1943 – 29 November 2001 )[1] was an influential English rock guitarist , singer , songwriter , author and sitarist best known as the lead guitarist of The Beatles . Following the band's demise, Harrison had a successful career as a solo artist and later as part of the Traveling Wilburys super group where he was known as both Nelson Wilbury and Spike Wilbury. He was also a film producer , with his production company Handmade Films , involving people as diverse as Madonna and the members of Monty Python . From an initial exposure whilst a member of the Beatles, he maintained a high public profile regarding his religious and spiritual life.

Harrison was born in Liverpool , England , on 25 February 1943 [4] [5] to Louise and Harold Harrison, parents of a Roman Catholic family with deep roots in Ireland .[4] His maternal grandparents hailed from Ireland's County Wexford


http://en.wikipedia.org/wiki/George_Harrison

Wexford
From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to: navigation , search
This article is about the Irish town. For other uses, see Wexford (disambiguation) .
Wexford
Loch Garman
Coat of arms of Wexford
'Per Aqua et Ignem'
'Through Water and Fire'
Location
Location of Wexford
centerMap highlighting Wexford
WGS-84 (GPS ) Coordinates:
[show location on an interactive map] 52°20′03″N 6°27′27″W / 52.3342, -6.4575
Irish Grid Reference
T051213
Statistics
Province : Leinster
County : County Wexford
Dáil Éireann : Wexford
European Parliament : East
Dialling Code : 053, +353 53
Elevation : 1 m
Population (2006)
- Town:
- Rural:
8,931
9,659
Website: www.wexfordcorp.ie
George_Harrison_1974.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/773-8997a140
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。