--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月06日 (15:03)

+1の光と-1の影の関係について:ルサンチマンと同一性=物質の発生の必然性

+1の光と-1の影の関係について:ルサンチマンと同一性=物質の発生の必然性

テーマ:一神教/多神教

今日は、正に、五月晴れの東京である。新宿副都心の高層ビル群が見える。公園等の新緑の森も灰色のビルの海に島のように見える。

 さて、先に、古代エジプト神話(宗教)から霊的太陽+1と物質的太陽-1を分離させて検討したが、まだ不明瞭、あいまいなところが感じられるので、さらに検討したい。
http://ameblo.jp/renshi/entry-10094204738.html
 端的に言えば、+1と-1との関係である。これまでの言い方だと、霊的太陽と物資的太陽が別々の存在であり、二元論的である。
 今日の五月晴れのような明るい爽やかな空を満たす光は、端的に、物質的太陽と同時に、霊的太陽を感じさせるのである。つまり、一如的な太陽である。
 この問題は、これまで、超越光と光との即非様態で説明してきた。しかしながら、+1の光、-1の影という考え方は、それと少しズレるようであるので、再検討である。結局、光が影を生むことの問題である。そう、光は光であり、超越光を示唆するのである。爽やかな光は、超越光を示唆する光ということである。
 問題は、影、物質的太陽とは何かである。目にする太陽の光とは何か。心地よい、五月晴れの光とは何か。そう、影であると同時に、霊的太陽なのではないだろうか。影であると同時に、光である。-1であると同時に、+1であるということではないだろうか。【p.s.  ここは微妙なところである。おそらく、本来的な人間の視覚においては、+1の太陽と-1の太陽が揺らいでいるのである。しかしながら、今日の近代主義化された人間は、-1の影の太陽しか見えないだろう。もっとも、無意識においては、+1の光の太陽を感知しているだろうが、中心化されているのは、影の太陽である。トランス・モダナイゼーションとは、+1の光の太陽を取り戻すことにもなるのである。】
 問題は端的に、同一性の発生力学の意味である。これまでは、同一性主義の発生として、ルサンチマンに基づくものとして捉えてきたが、純粋に自然においてはどうなのだろうか。自然にもルサンチマンがあるのだろうか。
 同一性=物質として捉えてきたが、そうならば、自然には、同一性力学がなくてはならないだろう。つまり、単に共振力学だけではなく、否定力学がなくてはならないということである。マイナス力学である。
 これは、ある意味で不思議なことである。極性は本来、牽引するのであり、反発はしないからである。+iが-iにどうして反発するのか、である。それは、-iが「苦・悲」化したからである。-iの「苦・悲」化とは何か。
 どうも、同一性=物質という図式を訂正しないといけないのかもしれない。否、視点の転換が必要なようだ。自然は、(+i)*(-i)⇒+1である。太陽の光は端的に、+1である。今日の五月晴れの光は、+1である。
 しかし、それを-1の影、即ち、物質的太陽として捉えるのが、近代的自我・近代合理主義(近代科学)である。(もっとも、核融合とは、物質的ではなく、イデア的である。)つまり、光+1を影-1(同一性=物質)として捉えるのである。
 光を影にしているのは、人間の自我である。近代主義とは、だから、本来、+1である光を-1の影として捉える倒錯性なのだと言えよう。
 では、自我において、光+1はどうなるのか。影-1しか見ていないのか。端的に、自我は、影-1しか見ていないだろう。今日の五月晴れの清爽な光は見えないのである。つまり、光+1が感覚に入ってきても、自我はそれを影-1として知覚するということだろう。(光は暗いという私の言葉は、この意味で取るべきかもしれない。)
 ということである。だから、結局、超越光(+i)*(-i)と光+1と影-1の3種類の「光」(三重光)があることになるだろう。そして、以前、述べた超越光と光との即非性はそのまま肯定されるのである。ジョージ・ハリスンの見た光は正に、超越光・即非・光と言えよう。【p.s.  補足すると、人間だけが、影-1(物質の光)を見ると言えよう。動物はただ超越光・即非・光を見ているのだろう。逆に言うと、この影が人間を創ったと言えよう。悪魔が人間を創造したと言えよう。だから、賛えられるべきは、悪魔であろう。では、どうして、人間において、影が発生するのかということになるだろう。それは、出生する身体が他の動物に比べて、虚弱であることから来るのではないだろうか。馬の子どもは生まれるとすぐ立てるのである。】
 では、補足的に、キリスト教の光とは何か。これは、有体に言えば、光+1と影-1の混淆である。ヤハウェ=自我神の影が、イエス=共一性の光に入っているのである。光の中に闇が入っているのである。この闇が悪魔的破壊主義なのである。【ヤハウェは悪魔=物質神である。もっとも、この「おかげで」、物質科学・技術が生まれたと言えよう。一種、プロメテウスである。同一性ロゴスとしてのヤハウェである。】実際、この二重性はどういうことなのだろうか。
 明らかに、分裂性である。ジキルとハイドである。これが西洋人の精神性であろう。問題はこの分裂様態の力学構造である。
 おそらく、基盤は自我=影である。つまり、-1である。その基盤の上に、イエス教が乗っていると考えられるのである。だから、妙な言い方になるが、自我中心的イエス教がキリスト教である。つまり、イエス教の光が自我教の影によって規制されているのである。この枠組みを抑えておく必要が絶対にあるのである。イエス教が自我教(ヤハウェ教)に規制・制限されているということである。
 この自我の第一義性が、西洋人の「自己中心主義」、「自民族中心主義」、オリエンタリズム等を生んでいるのである。だから、ブッシュや中国人権問題等でわかるように、民主主義の下には、鎧の西洋中心主義がほとんどあらわに存在しているのである。この西洋文明の偽善性の構造を剔抉する必要があるのであり、これは、ニーチェがえぐり出したと言えよう。
 だから、今日の問題は、トランス一神教である。トランス・モダン化である。一神教的性格をもっているグローバリゼーションに対して、トランス・グローバリゼーションである。
 以上のように考えると、逆に、一神教は偉大であるとことがわかる。その悪魔的主導性がなければ、近代科学・技術は生まれなかったであろうし、インターネットもなかったからである。また、キリスト教がなければ、近代民主主義もなかったと言えよう(古代ギリシアのは、周知のように、貴族的民主主義である)。
 結局、脱近代主義である。脱西洋主義である。当然、日本の場合は、脱封建主義・脱父権主義でもある。【ここで一言、神道について言うと、神道の本質は、母権多神教(古代レヴァントの女神宗教と類似すると思われる)だと考えられるが、古事記では、明らかに、父権化の作用が入っている。つまり、聖書に似た作業が入っていると考えられる。記紀神話の「脱構築」・脱父権的解明によって、いわば、原神道(古神道)が明確になるだろう。折口信夫の捉えていた神道は明らかに、原神道(古神道)と考えられる。母権神道である。】 

***************************************

検討問題:宇宙・世界・自然を創っているもの:数理世界と哲学世界と芸術世界:複素数イデアの根源界

テーマ:検討問題

イデア、神々(神ではない)、エネルギー、等々の本質とは何か。また、明らかに、数理と結びついている。一体、これらは、何であるのか。
 先に、神々とは超越エネルギーであると言った。それは、正しいだろう。それが、現象化して、自然や人間を創っているのであり、人間の意識、自我・自己もその結果である。
 正しくは、超越意識エネルギーがあると言うべきだろう。意識とは、知性と感性との結合であろう。超越意識エネルギーとは、イデア・エネルギーである。デュナミスでは、イデアである。
 では、それが数理と一体であるとはどういうことなのか。それは、数理とは、超越意識であるということではないだろうか。逆に言えば、超越意識とは数理であるということだろう。だから、文科とは理科であるし、理科とは文科であるということである。
 結局、数理が神々=超越意識エネルギーであるということである。だから、数理的世界は哲学的世界ということであろう。つまり、数理世界を、言語表現したのが、哲学世界であるということになろうし、それを芸術表現したのが、芸術世界であろう。結局、数理哲学世界があるということになるだろう。
 とまれ、後で精察したい。

追記:
ガウス平面、そして、オイラーの公式は、数学の結晶のような数理空間を意味するが、オイラーの公式の角度の意味を検討したいと思う。
 直感で言うと、それは、振動にならないのか。イデア振動によって、角度が変化するのではないのか。そうならば、振動による円運動が考えられないだろうか。

p.s. この問題は意外に簡単ではないだろうか。つまり、エネルギー事象とは、極性から成立っているのである。いわば、エネルギー極性があるのであり、これが、数理的に表現できる(p.s. 正しくは、エネルギー極性が数理的ということであろう)ということではないだろうか。
 では、エネルギー極性と数理との関係は何かとなるだろう。おそらく、数理とは、エネルギー極性の力学の原理を表現しているということではないのか。つまり、自然の力学の基本原理を表現しているのではないのか。自然力学原理の普遍言語ではないだろうか。そう、正に、ユニヴァーサル言語であろう。ここでロゴスの問題が出てくる。
 思うに、差異のロゴスと同一性のロゴスがあるのではないだろうか。デリダのロゴス中心主義批判、ドゥルーズのプラトニズム批判は、後者への批判であり、前者には当てはまらないのではないのか。
 思えば、実軸数理は、同一性ロゴスであり、線型である。しかし、虚軸数理ないしは複素数数理は、差異ロゴスであり、非線形であろう。

p.p.s. もっと徹底して言うことができるだろう。つまり、数理とは、イデアであり、エネルギーを包摂しているということではないか。そう、数理イデアないしは数イデアである。これが根源だろう。数イデアが根源にあり、それが、現象世界を発現しているのだろう。
 数イデアと言っても、ピタゴラス派のようではない。それは有理数を意味していたからである。複素数イデアと言うべきであろう。

***********************************

検討問題:宇宙・世界・自然を創っているもの:数理世界と哲学世界と芸術世界:複素数イデアの根源界

テーマ:検討問題

イデア、神々(神ではない)、エネルギー、等々の本質とは何か。また、明らかに、数理と結びついている。一体、これらは、何であるのか。
 先に、神々とは超越エネルギーであると言った。それは、正しいだろう。それが、現象化して、自然や人間を創っているのであり、人間の意識、自我・自己もその結果である。
 正しくは、超越意識エネルギーがあると言うべきだろう。意識とは、知性と感性との結合であろう。超越意識エネルギーとは、イデア・エネルギーである。デュナミスでは、イデアである。
 では、それが数理と一体であるとはどういうことなのか。それは、数理とは、超越意識であるということではないだろうか。逆に言えば、超越意識とは数理であるということだろう。だから、文科とは理科であるし、理科とは文科であるということである。
 結局、数理が神々=超越意識エネルギーであるということである。だから、数理的世界は哲学的世界ということであろう。つまり、数理世界を、言語表現したのが、哲学世界であるということになろうし、それを芸術表現したのが、芸術世界であろう。結局、数理哲学世界があるということになるだろう。
 とまれ、後で精察したい。

追記:
ガウス平面、そして、オイラーの公式は、数学の結晶のような数理空間を意味するが、オイラーの公式の角度の意味を検討したいと思う。
 直感で言うと、それは、振動にならないのか。イデア振動によって、角度が変化するのではないのか。そうならば、振動による円運動が考えられないだろうか。

p.s. この問題は意外に簡単ではないだろうか。つまり、エネルギー事象とは、極性から成立っているのである。いわば、エネルギー極性があるのであり、これが、数理的に表現できる(p.s. 正しくは、エネルギー極性が数理的ということであろう)ということではないだろうか。
 では、エネルギー極性と数理との関係は何かとなるだろう。おそらく、数理とは、エネルギー極性の力学の原理を表現しているということではないのか。つまり、自然の力学の基本原理を表現しているのではないのか。自然力学原理の普遍言語ではないだろうか。そう、正に、ユニヴァーサル言語であろう。ここでロゴスの問題が出てくる。
 思うに、差異のロゴスと同一性のロゴスがあるのではないだろうか。デリダのロゴス中心主義批判、ドゥルーズのプラトニズム批判は、後者への批判であり、前者には当てはまらないのではないのか。
 思えば、実軸数理は、同一性ロゴスであり、線型である。しかし、虚軸数理ないしは複素数数理は、差異ロゴスであり、非線形であろう。

p.p.s. もっと徹底して言うことができるだろう。つまり、数理とは、イデアであり、エネルギーを包摂しているということではないか。そう、数理イデアないしは数イデアである。これが根源だろう。数イデアが根源にあり、それが、現象世界を発現しているのだろう。
 数イデアと言っても、ピタゴラス派のようではない。それは有理数を意味していたからである。複素数イデアと言うべきであろう。

***********************************

自己認識方程式の意味:イデア界は宇宙調和音楽=コズミック・ハーモニーの世界だろう:神道ルネサンス

テーマ:自己認識方程式(i)*(-i)⇒+1関係

           |+i
           |
           |
           |
           |
           |
           |
           |
-1__________MP_________+1
           |
           |
           |
           |
           |
           |
           |
           |
           |-i




図式化すると、+iと-iを陰陽とする。+1は、光=心、地=ガイア=身体、母権等であり、-1は影、同一性=物質、父権等である。また、+iは原知性、原自己であり、-iは原感性、原他者である。
 宗教・神話的には、+1がエローヒーム、光のイエス、アフラ・マズダであり、-1がヤハウェ、ゼウス、アンリ・マンユである。
 また、Media Point(MP)は、おそらく、カオスである。神話的には、宇宙卵であろうし、神道的には、天之御中主神であると考えられる。
 また、虚軸世界であるが、それは、超越的差異共振調和音楽が奏でられているのではないだろうか。古代からルネサンスへかけての伝統文化における宇宙音楽、調和音楽はここに存しているのではないだろうか。太陽と月の調和音楽。また、円空の言う「法の御音」もここから発しているだろう。英国詩人のキーツの「聴こえない音楽」もそれから発しているだろうし、モーツァルトのジュピターもここからの霊感を受けていると思う。また、シューベルトのグレートもそうであるし、バッハ音楽は言うまでもない。
 本来の美もここから発しているだろう。セザンヌの静物画のハーモニーもここから発しているだろう。「モダン・アート」と呼ばれたものも本来はここを震源としているだろうが、それを、明確に把握できずに、今、行き詰まっていると思う。つまり、原調和を、同一性に連続化してしまって、差異調和ではなく、同一性秩序化しているのである。例えば、モンドリアンの格子状の絵画である。
 東洋美術はもとより、ここに根差すだろうが、行き詰まりは同様である。もっとも、目覚めの徴候はあるが。
 つまり、差異のハーモニー(コズミック・シンフォニー)が根源にあると考えられるのである。それは、現象界においては、現象形象を借りて表現されることになるだろう。不可視の調和を可視的に表現するのである。

p.s. 神話を複雑にするのは、差異共振性が垂直から水平へと転化することにあるのではないだろうか。例えば、イシス・オシリス神話であるが、それは、共一性+1であろう。そして、ホルスは-1ではないだろうか。
 そして、共一性の根源の差異共振性は、ハトホルということになるのだろうか。とまれ、イシス・オシリスが共一性で光+1を意味するならば、それは、また、オシリスである。つまり、イシス・オシリスの共一性=光=ホルス=霊的太陽ということではないだろうか。しかし、このホルスはオシリスと同一ではないだろか。どうもそう思えるのである。
 では、セトとは何か。それは、オシリスを殺害するのであり、そのバラバラにされた遺体をイシスが集めて、復活させるのである。霊的太陽を破壊するとは、セトが-1であることだろう。そして、これは物質的太陽ということではないのか。
 そうすると、問題はオシリス=ホルス(+1=霊的太陽)とセト(-1=物質的太陽)との関係である。肉眼で見る太陽は、当然、後者である。しかしながら、古代エジプト人は、それを以外に、霊的太陽を見ていたと考えられるのである。これはどういう風に説明できるだろうか。
 それは、古代エジプト人が、霊的太陽と物質的太陽の二つの太陽を視覚していて、後者が前者を覆うが、再び、前者は復活するということを意味していたのではないだろうか。【これは、ゾロアスター教で言えば、前者がアフラマズダであり、後者がアンリマンユであろう。】
 さらに問題は王制である。ファラオー支配のことである。ファラオーは本来、オシリス=ホルスを象徴するものであったろう。一種、神人であろう。しかし、ファラオーの意味するものは、オシリス=ホルスであり、人間としてのファラオーではなかった。(これは、天皇制とも関係するだろう。)とまれ、ここには、まだ一神教は存在しない。
 一神教が発生するには、つまり、唯一神が発生するには、排他性が必要である。多神教を排除する原理が必要である。イシス・オシリス神話がある限りはそうならない。
 考えられるのは、父権神話が必要であることである。父権神話があれば、女神を否定し、父権神が発生する。バビロニア神話では、女神のティアマトを英雄マルクトが退治して、(ティアマトの?)心臓を太陽神シャマシュに捧げる。
 このマルクト/シャマシュが父権制の原点を意味しよう。これに倣えば、イシスを否定する英雄が必要である。しかし、古代エジプトではそれはなかったであろう。
 問題は、-1の父権神である。それは、物質的神となるだろう。しかし、超越性はどこから発生するのだろうか。やはり、Media Pointからではないだろうか。そこにおいて、他者=差異否定が発生して、-1となるのだろう。即ち、(+i)*-(-i)⇒-1である。この左辺が超越性であろう。考えるに、正確にヤハウェを表記すれば、⇒-1であろう。また、エローヒームは⇒+1となるだろう。
 結局、西洋文明は、⇒-1(父=ヤハウェ)の支配下の下に、⇒+1(子=イエス)を従えていると言えよう。神道は⇒+1であり、⇒-1の文明に従属していることになる。
 何が問題なのか。神道は、本質的に、⇒-1を知らないのである。一神教を知らないのである。それは他者である。問題は、やはり、明治維新の近代化にある。
 そこで、多神教としての神道は、歪んでしまったと思われるのである。何故なら、⇒+1の宗教とは、他者=差異との共一性を意味するからであり、ナショナリズムとはそぐわないからである。
 結局、神道は、一神教化してしまったと言えよう。それが、国家神道の意味であろう。変質してしまったのである。キリスト教の強みは、一神教ではあっても、⇒+1を従えていることである。つまり、イエスによって、多神教要素を内在している点である。それに対して、国家神道は、多神教の本質を喪失して、一神教となってしまったのだと思う。これが、近代日本の不幸である。
 そして、戦後、神道全体が否定されることになったのである。日本は、二度死んだのである。多神教の復活が必要である。今日に日本は、一神教である。キリスト教以下である。近代主義的一神教である。
 日本トランス・モダンが必須である。差異共振性・共一性を取り戻すことである。神道ルネサンスである。
 

参考:
ホピ族
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索
ホピ族の住居。(ステレオグラム)1900年。
ホピ族の住居。(ステレオグラム )1900年 。

ホピ族(Hopi)は、アメリカ・インディアン の部族の一。ネイティブ・アメリカン と呼ぶこともある。主にアリゾナ州 北部の6,000km�のインディアン居留区 に住んでいる。居留区はナバホ族 の居留区で周囲を囲まれている。僅かなホピ族は、アリゾナ州西部、コロラド川 沿いの居留区に生活している。同地区のホピ族は、メサ と呼ばれる3つのテーブルマウンテンに居留している。なお、小惑星(2938)のホピ は、ホピ族の名を取り命名されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%94%E6%97%8F


もしも、人類の多くが浄化されることになるであろう「大いなる清めの日」の到来が避けられないとするならば、それはマヤの長期暦の1サイクルが終わる13バクトゥンの日(13.0.0.0)、つまり西暦紀元後2012年12月23日ということになるのであろうか。マヤ文明の後を継いだアステカ文明が残した「大陽の暦石」がその日の到来を語っているのかもしれない。



         国立人類学博物館のアステカ室の正面に飾られた「大陽の暦石」。
古代アステカの人々の間で伝承されてきた物語に、「五つの大陽の伝説」がある。この伝説は、過去に4つの大陽(世界)が滅び、その後に5番目の現代の大陽の時代がやってきたことを伝えている。メキシコシティーの国立人類学博物館の代表的な展示物である、アステカのカレンダーストーン(大陽の暦石)には、4つの大陽と、中央に5番目の大陽の姿が刻まれており、「五つの大陽の伝説」を伝えている。

http://www.y-asakawa.com/message/report-mexico3.htm
ホピ族の神話

 浅川嘉富の「ホーム ページ」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/907-3d50bd28
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。