--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月05日 (13:56)

同一性へ傾斜している人間の問題:同一性主義という悪の支配する現代世界と差異大進化

先に思考実験的に「わたし」とは何か等に関して考察したが、自然一般において、同一性と差異が同時生起することが了解された。しかしながら、人間においては、明らかに、同一性へと傾斜していると考えられる。もっとも、(父権的)文明を形成し始めた人類が、急激に同一性へと傾斜したということが事実かもしれない。とまれ、今日見られる人類の同一性傾斜が自明であると思われるので、その事態に基づいて検討したい。
 同一性傾斜とは、明らかに、暴力が主導的になるということである。他者を排除して、自己同一性=自我を中心化するということである。この同一性傾斜が、今日の物質文明を生んだと言えよう。宗教的には、これまで述べたように、ユダヤ・キリスト教的一神教がこの原動力であると考えられる。もっとも、それに類するものは、父権主義一般であると思われる。
 同一性傾斜は近代合理主義・近代的自我を生んだ。問題は、差異への回帰である。もともと、自然は、一般には、同一性と差異との均衡があると思う。それが、本能と呼ばれるものではないだろうか。動物が、本能から子供を育てるのは、差異(差異共振性)からであろう。人間は、同一性傾斜のために、差異の志向が排除・抑圧されるので、子供に対して、暴力的になるのである。
 今日、一番の問題の一つは、同一性傾斜が資本主義の交換価値=貨幣価値の増加と結びついていることである。それは、差異=他者を排除して、破壊的に邁進するのである。有り体に言えば、同一性傾斜とは、悪である。悪への傾斜である。エゴイズムである。
 結局、精神的には、排除・抑圧されている差異を取り戻すことが、健全な秩序のある自然・社会のために必要である。しかしながら、今日の人間は、一般に、近代合理主義・近代的自我という同一性傾斜に浸透されているので、差異を明確に認識できないのである。
 近代合理主義は、唯物論と結びつき、物質科学・技術となり、資本主義を駆動させる要因の一つである。
 端的に言えば、いかにして、差異を意識に、家庭に、社会に、経済に、自然に、等々、取り戻すことができるのかが、一番の問題である。
 そう、悪人とは、同一性主義の人間であり、差異の欠落しているような人間である。普通人間は、同一性傾斜によって、差異が抑圧されているのであるが、まったく差異を否定しているわけではない。もし、完全に同一性だけとなれば、悪人だけの社会となり、それは、自滅するだろう。
 問題は、同一性中心主義の人間が支配的な位置、即ち、権力的な位置に存することである。権力とは、公的な、社会的な暴力装置である。ホッブズ的に言えば、個々の人間の暴力を、権力の暴力で制御するということである。しかし、これは、自明ながら、根本的な解決にはならない。暴力が中心化して、暴力が支配することになるからである。そして、自滅することになるだろう。
 端的に、どうやって、差異を社会に取り戻すのか。ポスト・モダンは、挫折・頓挫してしまったが、問題は、トランス・モダンとして、トランス同一性・脱同一性の志向として、継続・進展しているのである。
 いわば、差異革命が必要である。国家の差異化、経済の差異化、政治の差異化、教育の差異化、等々である。
 そう、価値観の転換が必要である。これまで、同一性的価値を重視してきたのである。それは、利己主義であり、国家主義であり、量価値主義である。父権主義である。これは、端的に、二項対立であり、差別の体系である。同一性とは差別なのであり、差異こそ、「平等」である。
 不連続的差異論が明らかにしたように、一般に、同一性傾斜のもつ連続性(連続的同一性)のために、純粋差異が認識できないのである。同一性が差異と連続化して、差異自体が反動となるのである(参照:アイロニカルな没入)。
 そう、差異進化、差異大進化、difference evolutionが必要である。私見では、差異がコスモス的に賦活されていて、そのために、大反動が今日起きているのである。活性化した差異を同一性は反動的に排除・抑圧・隠蔽して、結果、同一性は、ますます狂気・邪悪・暴力化するのである。
 このように見ると、哲学・理論的には、問題は明確・明瞭・明快である。実践の問題である。プラクティスの問題である。差異へと覚醒するようにはたらきかけること、そして、同一性主義の邪悪さを認識し、批判すること。同一性主義の実践的解体。同一性主義を乗り越えること、これが、今日の根本的な課題である。
 さて、最後に、自由主義と民主主義について、以上の点をふまえて、再確認したい。
 自由主義とは何か。それは、根本的には、イタリア・ルネサンスの個の発動が原動力であると思う。だから、差異が原点である。しかるに、近代主義化によって、同一性が主導的になり、近代的自我に基づいて、自由が唱えられる。ここには、倒錯があるのである。
 自由は差異を源泉とすることを確認すべきである。だから、自由主義は、差異自由主義と考えなくてはならない。今日は、同一性自由主義になっているのである。また、民主主義であるが、同一性が差別であり、差異が「平等」であると考えられるのであり、民主主義は差異化が必須であるということである。今日の民主主義は、同一性民主主義であり、いわば、形骸化しているのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/921-e146b537
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。