--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月13日 (00:19)

検討問題:差異と同一性の問題&重力、ダークマター、ダークエネルギー他の問題

1)⇒+1の+1は本当に同一性なのか。差異ではないのか。

2)例えば、つる巻き植物が、軸をらせん状に、上昇するが、これは明らかに、重力とは正反対の方向である。この上昇力は何か。また+1を重力の方向と見ていいのか。
 しかしながら、+1はいわば生長力であるから、それは、天の方向であり、重力は逆に、-1の方向ではないだろうか。というか、→+1が天への上昇力であり、←+1が下降力、すなわち、重力ではないだろうか。
 とまれ、以前述べたように、作業仮説として、+1を天の方向、-1を地の方向(重力)としよう。
 その線で考えると、ブラックホールとは、-1の地の方向が過剰になった場合と考えられよう。いわば、宇宙の同一性主義ではないだろうか。闇である。【P.S.  また、ダークマターやダークエネルギーであるが、以前は超越エネルギーの方向で考えたが、この-1←+1で考えられないだろうか。もしそうならば、宇宙は、⇒+1の光の宇宙よりも、-1←+1の闇の宇宙の方が巨大であるということになる。もっとも、そうだとしても、虚軸の超越エネルギー=超光があるのであり、この超越次元を考察する必要がある。P.P.S. ダークエネルギーは重力とは反対方向と考えられているので、以上の説は不適切である。改めて考察を行いたい。P.P.S.  これも思考実験であるが、⇒+1を膨張する宇宙の方向とすると、←+1が重力の方向と考えられないか。Media Pointからエネルギーが放出されて⇒+1ということではないのか。しかし、+1は光である。すると、やはり、Media Pointにおける超越エネルギーをダークエネルギーと見ることが今の段階では適切ではないだろうか。つまり、+1が光で、-1が物質で、(+i)*(- i)⇒が超越エネルギー=ダークエネルギーという作業仮説である。では、ダークマターはどうなるのか。変更して、⇒+1を光として、+1を物質として、- 1をダークマターとしたらどうだろうか。そして、重力はやはり、←+1の方向である。そして、思うに、銀河とは、Media Pointを核とした宇宙(典型的なのは、渦巻銀河である)ではないだろうか。⇒+1が渦巻を作り、また、宇宙を膨張させているのではないだろうか。そして、重力は←+1であり、-1がダークマターであり(おそらく、ブラックホールと関係するのではないだろうか)、Media Pointにおいて、ダークエネルギー(超越エネルギー)が高次元超越界から、自発的な対称性の破れによって、放出されるということではないだろうか。妄説はここで留める。】
 とは言え、本当の天は、+iの方向であり、本当の地は-iの方向であるということになるのではないだろうか。今はここでとどめる。

3)身体とMedia Point:カントの物自体は、意外に、+1なのかもしれない。あるいは、⇒+1である。自我の目は-1であり、+1を捉えそこなっているのではないだろうか。+1ないしは⇒+1は、即非的同一性ではないのか。
 とまれ、身体とは何だろうか。物質的身体は-1ではないだろうか。そして、「魂」のある身体とは、+1ではないだろうか。
 ならば、身体とMedia Pointはどう関係するのか。Media Pointは「魂」であり、且つ、身体であるという即非態ではないだろうか。今はここで留めたい。


2)の参考:
見えない物質の存在

 実は宇宙にある物質の85%が、私たちが未だ観測できていない物質「ダークマター」だという。宇宙には見えない物質がたくさんあるはず。その事実を最初に証明したのは1970年代初頭、アンドロメダ銀河を観測していたアメリカの天文学者ヴェラ・ルービンだった。

 アンドロメダ銀河は、渦巻銀河の一つで、星が集まり平たい円盤のような形をしている。星は銀河の中心を軸に回転し、星の数は円盤の内側ほど多い。そのため、見えている星が銀河にある全ての物質だとすれば、星が多く集まる銀河の内側ほど星を内側に引っ張る引力が強くなる。強い引力と釣り合うためには強い遠心力が必要で、内側の星ほど回転運動における移動速度(以下、回転速度)は速くなるはずだ。

http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discovery/light/chap01/sec02.htm

「生涯最大の過ち」から最先端へ
 デカルトらが用いた「エーテル」の存在は、アルバート・アインシュタインによって完全に否定された。光はエーテルではなく真空中を伝播することが示されたのだ。しかし物理学者たちはエーテルとは別に宇宙を満たす存在について思いを馳せていった。

 宇宙の大きさは不変のはず。アインシュタインは直感からそう仮説を立てた。そして宇宙が自らの重力によってつぶれることなく形を保つためには、宇宙が重力にさからって外側に向かう力が必要だと考えた。こうして、アインシュタインは重力場方程式の最後に「宇宙項」と呼ばれるエネルギーを足したのだ。

 しかしその後、エドウィン・ハッブルの観測結果*1によって宇宙は膨張していることを知ったアインシュタインは、宇宙の大きさを不変と考えて宇宙項を足したことを「生涯最大の過ち」だと認めたという。当時、反証されたアインシュタインの仮説は皮肉なことに、今また注目を集めている。この宇宙項というエネルギーが実は、宇宙が生まれた間もないころに宇宙が大膨張するのに必要だった「真空のエネルギー」に相当し、さらには、現代の物理学者たちを興奮の渦に巻き込んでいる未知なるエネルギー(=ダークエネルギー)である可能性もでてきたのだ。
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discovery/light/chap01/sec03.htm

横山広美
博士(理学)。東京大学大学院理学系研究科准教授。
素粒子ニュートリノの研究で学位を得た後、研究者が科学をどのように社会に伝えていくのかといった科学コミュニケーションの研究に携わる。
同時に、サイエンスライターとして活動し、様々な雑誌で執筆を行っている。
「光と人の物語」での執筆活動が評価され、2007年の科学ジャーナリスト賞を受賞。

* 横山広美,Ph.D:(hiromiyokoyama.com)


株式会社ニコン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/984-a9694ad9
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。