--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月04日 (01:04)

思考実験:光とは何か:2:光の粒子は質量ゼロ:非物質・即非・物質としての光:複素数としての光?

先に、光は粒子ではなく、Media Pointではないかと考えたが、問題は質量がないことをどう捉えるのかということにある。
 先には、質量がないことから、粒子ではないと考えたが、質量がないということではなくて、質量がゼロであると捉えるべきではないかと考え直したのである。無いというと存在が無くなるように思えてしまうが、ゼロならば、有であり、質量ゼロと捉えることができる。
 そうすると、光は、やはり、粒子性をもつのである。質量ゼロの粒子である。これならば、問題はない。
 では、残った問題は、同一性=物質の公式から見ると、光は物質になるが、それでいいのだろうか。言い換えると、粒子は物質なのか、という問題である。
 今、暫定的に述べると、光は非物質であり、且つ、物質であるとしよう。非物質とは、超越性、イデア性である。虚数性である。
 そうすると、光は、複素数になるだろう。虚数が超越性であり、実数が物質性である。
 次の問題は、波動性である。結局、超越波動が根源にあり、それが、Media Pointを介して、同一性=物質面において、波動形態として発現するということではないだろうか。
 思うに波動こそが、Media Pointの変換性を明示するものではないだろうか。端的に、波動とは、超越波動の物質面における痕跡ではないだろうか。それに対して、粒子とは、超越波動が同一性化したものである。
 結局、光とは、二重様態をもつということである。いわゆる、粒子と波動の相補性と呼ばれるものであるが、それは、粒子と波動の二重様態性と言えるだろう。
 だから、有名な二重スリットの実験であるが、それは、光の二重様態が作用しているのであり、思うに、粒子は、両方のスリットを通過しているのではないだろうか。つまり、光は単に粒子ではなくて、粒子・且つ・波動なのであるから、そのような二重スリットの通過が考えられるのではないだろうか。
 言い換えると、光の粒子は、波動的粒子であり、分散すると言えるのではないだろうか。言い換えると、分散的粒子、分散多重粒子である。
 このように考えると、問題の非局所的長距離相関も解明されるのではないだろうか。正反対の方向に分化した2つの粒子、2つの分散粒子であるが、それらは、Media Pointによって、2つの粒子は共振・共鳴していると考えられるので、一方の粒子の収束は、Media Resonance(メディア共鳴)によって、他方の粒子の収束を意味するのである。Media Pointにおける共振・共鳴とは、物質的次元を超えて生起するのであり、非局所的に見えるのであるが、実相は、高次元の事象と考えられる。つまり、高次界で起っていることが、非局所的長距離相関に見えるのである。光ではなく、超越光=イデアが問題になっていると考えられるのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/994-06c449f4
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。