--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月09日 (11:05)

西洋文明の終焉とオバマ新大統領:同一性主義の崩壊と差異共振主義の台頭・勃興

私は、同一性主義金融資本主義の崩壊(ウォール・ストリートの金融崩壊)は、西洋文明の終焉であると述べてきた。
 しかし、オバマ新大統領が誕生した米国は底力があり、西洋文明はだいじょうぶではないかと考えられるかもしれない。
 しかしながら、これまで述べたオバマ氏自身の文化・社会的背景は、アジア・アフリカ的なものが目立つのである。あるいは、多文化多民族共振性があるのである。
 ということは、オバマ新大統領の誕生とは、やはり、ポスト西洋文明、新東洋文明(アフリカを含めて)の誕生と考えられるだろう。
 思うに、同一性主義こそ、西洋文明の哲学的核心であったのであり、これが、崩壊したのである。差異共振主義が台頭し、勃興しつつあるのである。

P.S. 民主主義は、西洋文明的なものではないかと反論されるだろう。しかし、オバマ氏の民主主義は、ブッシュの民主主義とは正反対である。後者は同一性主義であったし、前者は差異共振主義である。
 だから、単純に民主主義が西洋文明的であるとは言えないのである。アメリカ民主主義はキリスト教の影響が大である。それは、「イエス教」(一神教性を除いたイエスの教え)の差異共振主義が根幹にあると考えられるのである。
 そして、キリスト教ではなく、「イエス教」は、東洋の宗教なのである。

参考:
「オバマ氏のハワイ的アジア・アフリカ差異共振文化・社会的背景」
http://ameblo.jp/renshi/entry-10161595920.html
「検討問題:オバマ新大統領と差異共振経済」http://ameblo.jp/renshi/entry-10161539142.html

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

参照:

西洋と東洋の逆転が始まる
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

文明は800年周期で西洋と東洋が栄枯盛衰を繰り返し、西洋から
東洋に文明の隆盛が移行する時期になっている。  Fより

村田節先生が発見した歴史法則がある。800年周期で西洋と東洋
の文明が勢力を逆転させているという。

詳しくは、下記のサイトを見れば、詳しく説明されているので、そ
ちらに譲るが、この説の概要は、
800年毎に、東西文明は興亡を繰り返し、クロス期には大激動が
起こるという。今までの800年は欧米文明期であった。
http://archive.mag2.com/0000018239/20081109100000000.html
国際戦略コラム
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

たまに遊びに来ます。いつも更新感服します。僕も頑張ります。もう寒いので体に気をつけて下さい。また覗きに来ます。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://sophio.blog19.fc2.com/tb.php/995-11588980
プロフィール

sophio・scorpio

  • Author:sophio・scorpio
  • 以下が、宇宙母船です。
    http://ameblo.jp/neomanichaeism
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

Appendix


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。